容量で選ぶあなたにピッタリな冷蔵庫 | ライフスタイルに合った容量を紹介

冷蔵庫を選ぶ際に、容量で選ぶべき理由やその選び方を紹介しています。まず、容量の選び方の基準や、選び方の一覧を紹介します。次に、人数に応じたおすすめの容量を紹介し、選び方について紹介します。最後に、大きめの容量の冷蔵庫を選ぶ理由を紹介します。

迷ったら容量による冷蔵庫の選び方がおすすめ

「冷蔵庫を選ぶのに、どれくらいの容量が必要かわからない」そんなお悩みをお持ちではありませんか。確かに、冷蔵庫の容量と一概に言っても様々な大きさがあります。

 

実際、100Lから600Lまでの幅広い容量の冷蔵庫があり、選ぶのにも一苦労ですよね。そこで今回は、それぞれのライフスタイルに合わせた容量の冷蔵庫の選び方を、ご紹介していきます。「必要な容量が入る冷蔵庫を選びたい」という方は、ぜひ参考にしてください。

容量による冷蔵庫の選び方

ここでは、必要な冷蔵庫についてご紹介します。まずは前提として、「1人あたりに必要な容量は70L」だとを知っておきましょう。また、1人あたりの必要な容量に加えて「予備のスペースと調味料などの常備品は170L」必要です。では、具体的な容量と特徴についてご紹介します。

 

容量が600L以上の冷蔵庫

家族の人数が多い家庭には、600L以上の大容量冷蔵庫がおすすめです。

食材のまとめ買いや作り置きなどの量は人数の多さに比例するため、必要な冷蔵庫の容量は大きくなりますよね。

人数分のお弁当を作るために、まとめ買いや作り置きをしておくと手間が省けます。

特に、家族の人数が多く食材のまとめ買いや作り置きが増える場合は、600L以上の冷蔵庫を選びましょう。

容量が500L前後の冷蔵庫

まとめ買いや作り置きが増える4人家族の場合や、あまり自炊をしない大家族の場合には500L前後の容量の冷蔵庫がおすすめです。容量が大きくなるとサイズも大きくなるため、家庭での冷蔵庫を設置する予定のスペースに入らない場合があります。冷蔵庫のサイズ、設置予定のスペースは充分に確認して、500Lの容量が入る冷蔵庫を選びましょう。

容量500Lの冷蔵庫の選び方とおすすめはこちら

容量が400L前後の冷蔵庫

まとめ買いや作り置きが増える3人家族の場合や、あまり自炊をしない4人家族の場合には400L前後の容量の冷蔵庫がおすすめです。将来的に家族が増える場合は、2人暮らし・新婚の場合でも400L前後の冷蔵庫をおすすめします。

 

あとになって、「冷蔵庫の容量が足りず、ものが入らない」場合があります。3人家族や2人暮らしの方は、400L前後の容量が入る冷蔵庫を選びましょう。

容量400Lの冷蔵庫の選び方とおすすめはこちら

容量が300L前後の冷蔵庫

2人暮らしの方には、300L前後の冷蔵庫がおすすめです。容量が大きい冷蔵庫と比べて価格が安くなるため、自炊をあまりしない場合には300Lの冷蔵庫で充分でしょう。

 

ただし、省エネ性能やその他の機能は、容量の大きい冷蔵庫よりも劣ります。性能があまり気にならない2人暮らしの方には、300L前後の冷蔵庫がおすすめです。

容量300Lの冷蔵庫の選び方とおすすめはこちら

容量が150~200Lの冷蔵庫

1人暮らしの学生や、新社会人の方には200L前後の冷蔵庫がおすすめです。本来であれば、1人暮らしの方に必要な冷蔵庫の容量は240Lが目安になります。そのため、自炊をする場合は200L以上の容量の冷蔵庫を選びましょう。

 

自炊をしない場合は、200L以下の容量の冷蔵庫で充分でしょう。また、2つ目の冷蔵庫やベッドルーム用の冷蔵庫として、150L前後の冷蔵庫を選ぶのも良いでしょう。

容量200Lの冷蔵庫の選び方とおすすめはこちら

冷蔵庫の容量をライフスタイルに合わせて選ぶ

容量による選び方は理解して頂けたと思います。次に、それぞれのライフスタイルに合わせた冷蔵庫の容量を紹介します。

1人暮らしには容量が200L程度の冷蔵庫がおすすめ

1人暮らしの場合、自炊の頻度に関わらず容量が200Lの冷蔵庫をおすすめします。飲み物やでき合わせの料理を保存するには、ある程度の容量が必要です。友人と家でパーティーをする場合に、冷蔵庫が小さいと不便なときもあるでしょう。料理をせずとも、簡単な調理で食べられるものを冷蔵庫に入れておきたいとき、容量が大きいと便利ですよね。

 

迷ったら、大きめの容量の冷蔵庫を買っておきましょう。

一人暮らしの冷蔵庫のおすすめと選び方はこちら

2人暮らし・新婚には容量が300L程度の冷蔵庫がおすすめ

2人暮らし・新婚の場合、料理をする機会が多いです。食材をまとめ買いしたり、弁当用の作り置きをしたりするとなれば、容量が大きい方が便利ですよね。

 

特に新婚の場合、将来的に家族が増えることがあります。思い切って、大きい300L以上の大きい冷蔵庫を買うのも良いでしょう。

【満足度重視】二人暮らしに人気の冷蔵庫ランキングおすすめ10選

3人家族には容量が400L程度の冷蔵庫がおすすめ

3人家族には、容量が400L程度の冷蔵庫をおすすめします。弁当用の作り置きをしたいときや食材をまとめて買ったとき、保存するとなれば大きめの容量の冷蔵庫があると安心です。容量が300Lの冷蔵庫を買うより、余裕をもって400L以上の冷蔵庫を買うのをおすすめします。

3人家族向け選び方のポイントは? | おすすめと人気の冷蔵庫は?

4人家族には容量が500L程度の冷蔵庫がおすすめ

4人家族になると、容量が大きい方が良いです。特に食べ盛りのお子さまがいると、食材のまとめ買いや作り置きの量が増えます。そうなったときに、容量が小さい冷蔵庫だと、不安ですよね。

 

思い切って、容量が500L程度の大きめな冷蔵庫を買うことをおすすめします。

5人以上の家族には容量が600L前後の冷蔵庫がおすすめ

5人以上の家族の場合、600L前後の冷蔵庫を買うことをおすすめします。他の容量の冷蔵庫と比べて価格が高くなってしまうのがデメリットですが、性能が良く便利な要素が増えることは間違いありません。

 

下手に小さい容量の冷蔵庫を複数買うより、大きめの冷蔵庫を1つ買ってしまった方が良いです。5人以上の家族は、少なくとも600L前後の冷蔵庫を買うと良いでしょう。

自炊が少ない場合、人数に100Lをかけ合わせた容量の冷蔵庫がおすすめ

自炊が少ない方におすすめの容量の冷蔵庫

自炊が少ない場合は、「人数に100Lをかけ合わせた容量」の冷蔵庫をおすすめします。容量が小さく安い冷蔵庫を買ってしまうと、あると便利な機能や電気代が余計にかかってしまう場合があります。

 

容量が小さい冷蔵庫よりも、容量が大きい冷蔵庫の方が省エネ性能が高いため年間の電気代がかかりません。目安として、「人数に100Lをかけ合わせた容量」の冷蔵庫を選ぶと良いでしょう。

迷ったら大きめの容量の冷蔵庫を買おう

冷蔵庫選びに迷ったら、大きめの容量の冷蔵庫を買いましょう。大きめの冷蔵庫の方が、まとめ買いや作り置きを不安なくでき、保存することができます。また、大きめの冷蔵庫の方が性能が高く、特に省エネ性能が高いと電気代が節約できるのです。

 

基準としては、「人数に100をかけ合わせた容量プラス100L」と覚えておきましょう。ただし、容量が大きいと、冷蔵庫本体も大きくなることは頭に入れておいてください。冷蔵庫は「大は小を兼ねる」家電ですので、迷ったら大きめの容量の冷蔵庫を選ぶのをおすすめします。

 

大型の冷蔵庫が欲しいと思った方はこちらの記事もごらんください。

大人気おすすめ大型冷蔵庫を一挙紹介 | 気になる選び方やメリットも徹底解明!

まとめ

冷蔵庫は、それぞれのライフスタイルに合わせて「容量」で選びましょう。容量の選び方は、を踏まえて、できるだけ大きめの容量を選ぶべきです。見た目の選び方に失敗しても大きな損はないですが、容量選びで失敗すると取り返しがつきません。

 

冷蔵庫は、生活の中で必要な「食」に関する家電製品です。大きなお金も動くわけですから、失敗のないように選びましょう。