【2022年】マントルランタンのおすすめ3選!使い方や放射線の安全性についても紹介

キャンドルランタンやオイルランタンなど、ランタンにはさまざまな種類があります。中でもキャンパーからは絶大な人気を誇るのがマントルランタンです。この記事ではキャンプ用品を数多く取り扱っているコールマンのマントルランタンやそれ以外のメーカーのマントルランタンもご紹介します。 あなたのランタン選びにもぜひ役立てて下さいね。

2022/07/31 更新

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

ランタンにはさまざまな種類がありますが、どれを購入すれば良いのかお困りではありませんか?意外と迷ってしまうのが、ランタンの購入なんです。実は、キャンパーからは絶大な人気を誇るのがマントルランタンです。

 

マントルランタンって?聞きなれない言葉だと感じた方もいらっしゃいますよね。では、一緒にマントルランタンについていろいろな情報をみていきましょう。実際に購入する前に知っておくと更にマントルランタンを活用できます。

 

この記事ではキャンプ用品を数多く取り扱っているコールマンのマントルランタンやそれ以外のメーカーのマントルランタンもご紹介します。マントルランタンの魅力や選び方など、この記事を参考にしてより楽しいキャンプライフのためのマントルランタンを手に入れてくださいね。

マントルランタンって言葉はあまり聞き慣れないですよね。そもそも、このマントルとは何なのでしょうか?簡単にいうと、ランタンの光源部分をマントルといいます。マントルランタンの発光体になる部分がマントルです。

 

マントルとは、燃料系のランタンを使う際に必ず必要です。灰になって溜まったマントルがガスによって着火し、熱を得ます。これによってマントルが発光してキャンドルとして明かりを灯してくれるのです。燃料系のランタンには必ずマントルが必要です。
 

マントルランタンは燃料系のランタンだと分かりましたね。では実際にマントルランタンを購入する時には何を考慮する必要があるのか確認しましょう。あなたがキャンドルに一番何を求めているのか明確になっているとより分かりやすいです。

ランタンなので夜間にある程度の範囲を照らせるレベルの明るさが必要です。2000ルーメンとは明るさの単位で、4畳程度の広さの部屋を照らせるほどの明るさを言います。4畳もの部屋を照らせる明るさがあれば、野外の夜間にも活躍してくれそうですね。

 

ゆらゆら揺れる、暖かい灯火もマントルランタンの魅力ですがアウトドアシーンで活躍を考えると、やはり2000ルーメンくらいは必要です。

マントルランタンのタンク部分の容量は、商品によって様々です。あまりに大きいと持ち運ぶ際に面倒だったり人手を必要とするので600ml程度のタンク容量のものがちょうどいいかと思います。タンク容量はどの商品もわかりやすく記載してあるので確認しましょう。

 

さらに、購入時にはぜひ確認していただきたいのが光の持続時間です。見た目が可愛かったりデザインだけで選んでしまうと、持続時間の確認を忘れがちです。燃費の良いものを選べばコストも抑えられます

マルチフューエルタイプとは様々な燃料に対応できるもののことです。ガスだけでなく灯油、軽油、無鉛ガソリン、ジェット燃料などガス以外のものでも燃料として稼働できるランタンがマルチフューエルタイプのランタンです。

 

このタイプのランタンが一つ家にあれば、震災などの非常時に電気が使えなくなり、ガスがない状態でも灯油などで使えるので安心かもしれません。もしもの場合に事前に備えておく時代なので、ぴったりですね。

ランタンも種類によっては着火に相当な時間がかかり、その分使う体力もかなりのものになります。今回紹介しているのは、自動着火機能が搭載されたランタンです。

 

よくあるカセットコンロのように、スイッチを押したりつまみを回せば自動で着火してくれるので便利ですね。日が暮れるのは一瞬なので、時間を争う場合にも有難い機能です。

更に用件を加えるとしたら、専用ケースが付属しているものを選びたいですね。このケースがついていると持ち運びにとても便利です。移動中の破損も防げますし、長く大事に使うことができます。ケースのデザインもメーカーで様々なのでそれで選ぶのも良いかもしれません。

それでは、いろいろなメーカのマントルランタンを見て行きましょう。各メーカーで特徴はさまざまなので、見ているだけで面白いですよ。ぜひ参考にしてください。

ランタンといえばのペトロマックスはランタンらしいデザインがあります。シルバーやゴールドのランタンはなぜか海外に来たような気分にさせてくれます。さすがは老舗メーカー、揺らがないそのデザインには懐かしさも感じられます。いつまでも人気の理由は機能だけでなく、変わらないデザインの安心感も大きそうですね。

やはり王道なのは、アウトドアといえば、キャンプといえばのコールマンです。赤に白枠のボックスロゴはシンプルなのにおしゃれで人気の理由の一つです。コールマンからはいろいろなタイプのランタンが出版されています。

 

人気の赤だけでなく、緑のものや黒が基調のもの、機能性でいうとハンギングできるシーリングライトのような形のものもあります。マントルランタンとしてはデザインは偏りますが、色で選べるのも特徴です。

1位
Dietz

デイツ社(DIETZ) ハリケーンランタン-デイツ78黒金

価格:4,351円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2位
UCO(ユーコ)

UCO(ユーコ) キャンドルランタン ブラス 24350

価格:5,940円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3位
コールマン(Coleman)

コールマン(Coleman) シーズンズランタン2020 2000035439

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

このような不安の声が意外と多いようですが…結果からいうと、マントルランタンによって人体に被害が出ることは考えづらく、安全のようです!ランタンで使用されるマントルには、光る為の「トリウム」が含まれていてこの「トリウム」が、放射線物質の1つであることは事実です。

 

しかしこ、の物質は地球上にはトリウムが豊富に存在しています。このトリウムは、健康飲料として飲まれていた事もあったんです。被曝という言葉に敏感な世の中ですが、簡単にいえばそれには値しないということでした。

ランタンのマントルはそう簡単に劣化しません。使用期限の多くは2〜30年となっています。随分幅広く大まかな期限だと思われたあもしれませんが、実際には保管状況によって30年以上持つ可能性もあります。高温多湿を避けて、正しく保管しておけばずっと使い続けることも可能です。

大きく分けてガス、ガソリン、灯油が燃料としてマントルランタンに使用できます。シーンや用途に合わせて燃料を選ぶことができますね。また、世の中の物価の変動やもしもの緊急事態にも柔軟に対応可能です。

マントルランタンの使い方は難しくありません。まずは用意した燃料が十分にあるかどうか確認しておきましょう。それから、マントルの空焼き作業が必要です。マントルの空焼きとは、マントルに光ってもらうための大切な作業です。

 

取り付けたマントルに、チャッカマンなどで火を付けるだけですので簡単にできます。その後は、手順に沿って着火して仕舞えば終了です。簡単ですよね、マントルの空焼きの際に、マントルにチャッカマンなどの先をぶつけてしまうと壊れてしまうので注意して下さい。

室内ではマントルランタンの使用はしないでください。屋内の何かに引火してしまっては大火事になる可能性があります。十分に照らしてくれる明るさやパワーがあるので、使用する際は必ず屋外にして下さい。

マントルランタンには色々な燃料の種類やメーカーによってデザインにも違いがあることが分かりましたね。特にマルチフューエルタイプは非常時にも役立つ安心アイテムでした。アウトドアシーンはもちろんそれ以外でも活躍してくれるマントルランタンをぜひ使ってみて下さいね。

マントルランタンの全商品一覧