ブレインスリープマットレスの口コミ・評判を調査!エアウィーブとの違いは?

ブレインスリープマットレスは睡眠医学をもとに開発されたメディカルマットレスです。良い口コミが多くみられますが、具体的にどこがおすすめなのでしょうか?今回はブレインスリープマットレスの口コミについて調査しました。他の製品との比較や特徴についてお伝えしますので参考にしてください。

2022/05/14 更新

快適な睡眠が得られると話題のブレインスリープマットレスは、最先端の睡眠医療・睡眠医学をもとに開発されたメディカルマットレスとして人気です。ブレインスリープピローを併用することで、より質の高い睡眠を得る効果が期待できます。

 

なんとなく良さそうではあるけど、他と比べてどこが良いのか分からない方も多いのではないでしょうか?マットレスは一旦購入すると買い替えが難しいため、なかなか購入に踏み切れず迷ってしまいますよね。

 

そこで今回は、ブレインスリープマットレスの口コミを調査しました。良い口コミ・悪い口コミどちらもありますが実際はどうなのでしょうか?ブレインスリープマットレスの特徴や、どんな人におすすめなのかも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

購入を迷っている方は、実際にブレインスリープマットレスを購入した人の感想を参考にするのがおすすめです。ブレインスリープマットレスの良い口コミを調べたところ、主な意見は3つありました。

  1. よく眠れる。快眠できる。
  2. 脚のむくみがとれる。
  3. 洗えるので清潔に保てる。

全体的に良い口コミが多かったブレインスリープマットレスですが、具体的にどういうところが良いのか一つずつ詳しく見ていきましょう。購入を迷われている方はぜひ参考にしてください。

良い口コミ・評判①よく眠れる・快眠できる

普段の私はとても寝つきが悪く、寝ても直ぐに起きてしまう様な眠りの浅い人間でした。ですが、ブレインスリープで寝るととても寝つきがよく、ほぼ目覚ましが鳴るまで起きなくなりました!しかも目覚めもかなりスッキリでとても気に入りました。

出典:https://www.zzz-land.com

ブレインスリープマットレスを使うとよく眠れる・寝心地がいいという口コミが多く見られました。ブレインスリープマットレスは独自の「フロートテクノロジー」を採用し、眠るときに体に負担がない姿勢をとれるよう設計されています。そのため、起きた時の疲労感がなくスッキリしたと感じる方が多いようでした。

 

通気性が良い素材でできているので、熱がこもらず快適に眠れるという意見も多いです。睡眠時の気温や湿度は睡眠の質に大きく影響するもの。快適な温度で熟睡できるおかげで、疲れが取れるようになったと感じられる方もいました。

マットレスと枕をセットで購入させて頂きました。寝つきも良くなり、熟睡するのと、疲れがとれます。毎日良質な睡眠です。

出典:https://www.zzz-land.com

同じシリーズの枕「ブレインスリープピロー」とセットで使うと快適な睡眠を得られるとの声も多くありました。ブレインスリープピローはマットレスより前から販売されており、高い評価を得ている商品です。マットレスとセットで使うことで究極のリラックス姿勢をとることができ、より質の高い睡眠が期待できます

良い口コミ・評判②脚がすっきりと感じられる

まるで無重力の空間にいるみたいで心地よい経験ができました。ちょうどいい固さで身体が沈み、脚が浮くので下半身の浮腫みの心配がなくなりました。

出典:https://www.zzz-land.com

ブレインスリープマットレスは脚の部分が高く設計されており、自然と脚を高くして寝られる仕様になっています。そのため朝起きると脚がすっきりと感じられる」という口コミが多く見られました。脚部分が高く作られているマットレスは珍しいため、脚のむくみが気になる方に好評のようです。

 

脚部分が高くなっているので、腰に負担がかからず心地よく寝られるという口コミもありました。マットが柔らかくて気持ちいいという意見も見られ、ブレインスリープマットレスは体の場所別にマットレスの柔らかさを変えているため快適と感じる人が多いです。

良い口コミ・評判③洗えるので清潔に保てる

水で丸洗いできるのが、とても衛生的でいいなと思います!

出典:https://www.zzz-land.com

マットレスを選ぶうえで、お手入れが簡単にできるかどうかは重要なポイントです。マットレスは汗や皮脂を吸収してダニやカビが発生しやすくなっています。定期的にお手入れをしないと衛生状態が悪化し、健康を損ねる可能性があることを覚えておきましょう。

 

その点ブレインスリープマットレスはシャワーで丸洗いができるので便利です。手軽に洗え、簡単にマットレスを清潔に保てるとの口コミが多く好評でした。

 

マットレスの掃除というとかなり大がかりで大変なイメージがありますが、乾燥も浴室に立てかけておくだけでOKなので、思い立ったときに気軽に洗えるのは嬉しいですね。

良い口コミが多いブレインスリープマットレスですが、悪い口コミもありました。合う・合わないは個人によって違うので、口コミを参考に自分に合いそうかどうかを検討してみるといいでしょう。

 

悪い口コミの主なものは下記の通りです。

  1. 横向きで寝るときに違和感を感じる
  2. マットレス1枚では薄い

一つずつ詳しく見ていきましょう。

悪い口コミ・評判①横向き時に違和感を感じる

普段横向きで寝るので、体を横にすると膝あたりが浮いて、足の置き場所に困りました。 せっかくの寝心地でしたが、少し残念でした。 横向きになる人はオススメできないです

出典:https://www.zzz-land.com

ブレインスリープマットレスは脚の部分が高く設計されているため、腰部分との間に段差があります。上向きで寝るときは問題ないのですが、横向きの場合は脚の置き場が落ち着かず寝づらいという口コミが見られました。

 

マットレスに段差があるのは脚がすっきりしたと感じられる」との口コミも多かったため、特に悪い口コミというわけではありません。横向き寝が多い方はマットレスに段差があることをあらかじめ把握しておくと、購入した後に失敗したと思わずに済みます。

 

脚を曲げて寝ると横向きでも特に問題ないという意見もありました。使う人の工夫次第で違和感を減らせるので試してみてください。

悪い口コミ・評判①マットレス1枚では薄い

冬場は付属のシーツだと底冷えが酷く、以前から冬に使っていた起毛のシーツを引っ張り出すことになりました。夏場は涼しくて快適そうだと思うので、冬用のシーツを販売して貰えると助かります。

出典:https://www.zzz-land.com

悪い口コミで多かったのはマットレスが薄いという意見です。サイズ表によるとマットレスの厚みは頭部~腰部が5㎝、脚部が9㎝となっていますマットレスの標準的な厚みは10㎝程度なので、マットレスとしては薄い部類です。厚みのあるマットレスがお好みの方は合わないと感じる印象でした。

 

1枚では寒いと感じられる方もいますので、気になる方は敷布団との併用をおすすめします。敷布団の上にマットレスを敷いて使うという人も見受けられました。

 

冬は寒いと感じる人がいる一方で、夏は通気性が良く涼しいという意見も見られます。熱がこもらないので不快にならないというメリットもあるようです。

マットレスの購入を検討する際は、それぞれの製品の特徴を詳しく理解する必要があります。ブレインスリープマットレスはどんな特徴があるのでしょうか。どんなこだわりかあるのか、開発の背景についてもお伝えしますので参考にしてください。

腰・肩の痛みを軽減するフロートテクノロジー

ブレインスリープマットレスは、人が無重力空間で自然にとる中立姿勢から発想された独自の技術「フロートテクノロジー」を搭載しています。中立姿勢とは肩が内側に入り脚が上がった体に最も負担が少ないとされる姿勢で、フロートテクノロジーはこの姿勢を再現しています。

 

高い弾力性を保つ独自の三次元構造体が、さまざまな方向に絡み合って体を支えています。体の凸凹に合わせて身体を支えているので、寝返りもスムーズです。

 

また、ブレインスリープマットレスは寝ている間に呼吸がしやすいようマットレスの柔らかさにもこだわっています。真ん中を柔らかく、横にいくほど徐々に弾力を上げた5グラデーション構造にしていて、肩と胸を呼吸がしやすいベストな状態に保ちリラックス状態へと導きます。

脚部を高く設定して血液の循環力を高める

ブレインスリープマットレス最大の特徴は、脚の部分が肩や腰の部分よりも4㎝高い作りになっていることです。人間は起きている間のほとんどを立ったり座ったりして過ごすので、脚に老廃物や疲れが溜まってしまいます。

 

体を休めたい、疲れをとりたいと寝ころんだときに何気なく脚を上げる動作を大事にして、寝ているときは楽に自然な眠り方で癒されてほしい。そんな想いを医学的知見で形にしたマットレスです。

 

横になったときに脚を心臓より高い位置にあげることで、重力によって溜まった重さやだるさを軽減できます。脚がすっきりしたと感じられるので、脚のむくみが気になる方におすすめです。

高弾力素材でフィットする寝心地

ブレインスリープマットレスの素材には独自の三次元構造体「グリーンファイバー」を使用しています。高弾力の繊維が立体的に絡み合うことで、体全体にフィットする寝心地を実現しました。マットレス内の素材が高い弾力性を保っているため、浮遊感のある寝心地で気持ちよく寝られます。

 

また、マットレスの柔らかさにもこだわりました。特に腰元部分は3層の高弾力性素材を使用しており、腰への負担を減らせる設計です。朝起きたときに体がスッキリしたと感じられるマットレスになっています。肩と胸の部分は徐々に柔らかさを変え、呼吸がしやすい状態で寝られるよう配慮しました。

 

さらに、マットレス内部は立体的に絡み合った繊維のおかげで90%以上が空気で構成されています。そのため通気性に優れており、睡眠時に発生する熱や湿気がこもらず快適な睡眠環境が実現できています。

ここからはブレインスリープマットレスについてのよくある疑問・質問にお答えします。決して安くはない買い物なので、疑問はスッキリさせておきたいものです。購入を迷われている方はぜひ参考にしてください。

ブレインスリープマットレスの素材は何?耐久性は?

ブレインスリープマットレスの素材には独自の三次元構造体である「グリーンファイバー」を採用しています。医療や介護用に使われる高弾力で通気性のいい素材で、弾力性に優れたチューブ状の繊維を立体的に組み合わせることで製品体積の90%以上を空気で構成しています。

 

「グリーンファイバー」は非常に優れた復元性を持っており、長期間使用してもへたりがほとんどありません。マットレスの耐久性試験はJIS規格の8万回、2倍の16万回、3倍の24万回と実施していますが、どの場合でも95%以上の復元率を誇っています

 

また、素材には独自の再生ポリエチレンを使用しているため再生が可能です。古いマットレスを回収して原料に戻し、また新しいマットレスに変えられる地球環境にも配慮したサスティナブルな素材です。

ブレインスリープマットレスのお手入れ方法は?

マットレスは1年を通じて汗や皮脂を吸収しているためダニやカビが発生しやすいです。放置しておくと不快になるだけではなく健康を害する原因となってしまいます。定期的にケアを行い、マットレスを清潔に保つことが大切です。

 

正しいお手入れ方法を確認し、汚れが蓄積しないように注意してください。そのためにも、お手入れのしやすさはマットレス購入を検討するうえで重要なポイントになります

 

ブレインスリープマットレスはそのままシャワーで丸洗いできるのでお手入れが簡単です。乾燥も風通しのいいところに15分ほど置いておけばOK。いつでも清潔に保てるので、ハウスダストやほこりが発生しづらい状態をキープできます

ブレインスリープマットレスの製造国はどこ?販売会社は?

ブレインスリープマットレスは日本製です。マットレスの中材は、大自然があふれる大分県玖珠町で作られており、ふるさと納税の返礼品としても人気です。職人さんが1個1個丁寧に作っているため高品質な製品です

 

株式会社ブレインスリープの創業者は、米国スタンフォード大学で長年睡眠の研究に携わってきた先生で、睡眠に関する著書も多数出版されています。朝の出勤時間に疲れきって電車の中で居眠りをするサラリーマンを見て、何とか解決したいという思いから会社を設立しました。

 

現在は睡眠に特化した企業へのコンサルティングやITを活用したサービス、睡眠情報の発信などを行っています。株式会社ブレインスリープが運営するzzzLandという公式サイトでは、睡眠に関する特集やおすすめ商品の紹介などを積極的に発信しているのでぜひチェックしてください。

ブレインスリープマットレスの店舗販売はある?お試しは可能?

現在ブレインスリープでは「購入前に手に取って試したい」という声に応えるため、ブレインスリープマットレスの店舗での取り扱いを拡大しています。公式サイトにはマットレスのお試しが可能な店舗とポップアップストアの情報を掲載していますのでチェックしてください。

 

公式サイトまたは楽天・Amazonでのネット販売も行っていますお試し期間は特に設定されていませんが、公式サイトからの購入に限り、未開封・未使用の場合は返品が可能です。楽天やAmazonでの購入は対象外となりますので注意しましょう。

 

お近くに店舗がある場合は、購入前にぜひ現物を確認してください。公式サイトやTwitterで、マットレスの取り扱い店舗情報が随時更新されているのでチェックしておくのがおすすめです。

ブレインスリープマットレスの割引クーポンやキャンペーンはある?

ブレインスリープの公式サイトでは不定期にキャンペーンが行われています。枕との同時購入で10%~20%の割引になる場合が多いようです。お得に購入したい方はホームページをチェックしておきましょう。

 

Amazonや楽天での通販も行っていますが、公式サイトからの申し込みの場合は交換対象外であるほか、交換用カバーが購入できないなどの制限があるようです。全てのサービスを受けるためには公式サイトから購入するのがおすすめです

ブレインスリープマットレスは他のマットレスと比較してどうなのでしょうか?ブレインスリープマットレスと比較検討されることが多いエアウイーヴのマットレスと比較してみました。今回は「ブレインスリープマットレス(フロートタイプ)」と「エアウイーヴベッドマットレスS01」を比較してみます。

 

  ブレインスリープマットレス(フロートタイプ) エアウィーヴベッドマットレスS01

特徴

フロートテクノロジーを搭載

医療発想のメディカルマットレス

3分割できる厚手のマットレス

復元性が高く睡眠時の寝返りが楽に

サイズ(幅×長さ×厚み)

シングル:約100×約195×約5㎝、約9㎝(脚部)

セミダブル:約120×約195×約5㎝、約9㎝(脚部)

ダブル:約140×約195×約5㎝、約9㎝(脚部)

シングル:約100×約195×約18㎝

セミダブル:約120×約195×約18㎝

ダブル:約140×約195×約24㎝

重さ

シングル:約6.85㎏

ダブル:約9.45㎏

シングル:約17㎏

セミダブル:約20.5㎏

ダブル:約24㎏

素材

カバー:ポリエステル100%

中材(グリーンファイバー):ポリエチレン100%

パッド:ポリステル100%

中材(エアファイバー®):ポリエチレン100%

価格

シングル:88,000円(税込)

セミダブル:99,000円(税込)

ダブル:110,000円(税込)

クイーン:132,000円(税込)

シングル:99,000円(税込)

セミダブル:112,200円(税込)

ダブル:125,400円(税込)

クイーン:143,000円(税込)

 

 

ブレインスリープマットレスとエアウィーヴS01を比較すると、価格は若干ブレインスリープマットレスがお安くなっているものの、スペックには大差ありませんでした。どちらを選ぶかは寝心地の良さや使い方、お手入れの方法によって決めるのが良さそうです。

ここからは、ブレインスリープマットレスとエアウィーヴのマットレスがそれぞれどんな人におすすめなのか解説します。自分はどちらのタイプが合いそうか考えてみてください。

 

  • お手入れが簡単なマットレスが良い
  • フローリングや畳に直接敷いて使いたい
  • 省スペースなマットレスが欲しい
  • 枕とセットでマットレスを選びたい

 

このような場合はブレインスリープマットレスを購入するのがおすすめです。1つずつ確認していきます。

お手入れが簡単なマットレスがいい人はブレインスリープマットレスがおすすめ

ブレインスリープマットレスの一番のメリットはお手入れが簡単な点です。シャワーでマットレスを丸洗いできるのは他のマットレスではなかなか難しいため、マットレスを清潔に保ちたいと考える人に人気があります。

 

通気性が良い素材でできているおかげで乾燥しやすいのも大きなメリットです。シャワーで丸洗いした後は風通しの良い場所に立てかけておくと15分ほどで乾燥します。思い立ったときにすぐ洗えるので、いつもマットレスをきれいに保てます。

 

マットレスは眠っている間の汗や皮脂を毎日吸収しているため、思っている以上に不衛生です。そのため、定期的なお手入れが何よりも重要となります。クリーニングに出す手間や費用を考えると、自宅で手軽に洗えるブレインスリープマットレスがおすすめです。

フローリングや畳に敷いても使いたい方はブレインスリーブマットレスがおすすめ

部屋にベッドを置くスペースがない人や、子供やペットの落下防止のため、ベッドフレームは置かずにマットレスを使いたい人もいます。マットレスをフローリングや畳に直接敷いて使いたい方はブレインスリープマットレスがおすすめです。

 

マットレスを直に敷いて使用する場合、ベッドに敷いたときと比べて湿気がこもりやすくカビが発生しやすい状態になります。その点ブレインスリープマットレスは通気性が良いため、他のマットレスよりも湿気を逃がしやすいです。床を傷める可能性も減らせます。

 

また、水洗いができるため、汚れが気になったらすぐにシャワーで丸洗いできます。乾燥もしやすいので、衛生状態に合わせた頻度でのお手入れが可能です。

ブレインスリープマットレスは3つ折りできて省スペース

コンパクトで場所を取らないマットレスを選ぶならブレインスリープマットレスがおすすめです。3つ折りできるので収納も省スペースになり、お部屋が狭い人でも収納場所に困らない大きさになっています。

 

使わないときは押し入れに収納しておけるので、急な来客用の寝具としても活躍します。1枚で使うと冬場は寒く感じるかもしれませんが、敷布団や毛布を併用すれば十分使えます。

枕とセットでマットレスを選びたい人はブレインスリープがおすすめ

ブレインスリープは同じシリーズの枕「ブレインスリープピロー」との併用がおすすめです。枕も含めて睡眠の環境を整えたい方はブレインスリープを選ぶと、体にとってベストな姿勢で眠れます。

 

ブレインスリープピローは独自の3層構造で、1週間ほど時間をかけて頭になじんでいくよう作られています。オーダーメイドのようなフィット感で首や肩が痛くならない設計で、マットレスと枕を併用することでさらに放熱量を増やすことができます。一緒に使うと睡眠の質を高められるのでおすすめです。

 

また、枕とマットレスの同時購入で最大10%オフになるキャンペーンも実施しています。同時購入限定でぐっすりギフトがもらえる特典もついてくるので、ぜひ枕と一緒に購入を検討してください。

一方、ブレインスリープマットレスをおすすめできない人もいます。具体的には下記のとおりです。

 

  • 横向きで寝ることが多い・寝返りをうつ回数が多い
  • 厚めのマットレスを好む

 

このような方はブレインスリープマットレスよりもエアウィーヴのほうがおすすめできます。自分に照らし合わせて、どちらが合うかよく検討してください。

横向きで寝る人、寝返りをうつ回数が多い人

ブレインスリープマットレスは頭~腰の部分と脚部分では高さが違います。脚の部分が4㎝ほど高く設計されているので横向き寝しづらいのが難点です。常に横向きで寝る人には脚の置き場が定まらず、寝にくいと感じる可能性があります。

 

段差が気になる場合はエアウィーブマットレスのほうが向いています。弾力もあり、マットレス全体が均一の固さを保っているので、何度寝返りをうっても体が痛くなりにくく快適に眠れます

 

とはいえ、睡眠時に脚を心臓より高い位置で休めるのは血流を整えるのに効果的です。横向き寝が多い人もたまには上を向いて脚をあげ、浮遊感を感じながら睡眠をとってみるのもいいのではないでしょうか。

厚めのマットレスを好む人

ブレインスリープマットレスは厚さが約5㎝(脚部は9㎝)と、一般的なマットレスよりは薄い作りになっています。フローリングや畳の上で1枚で使用する場合、季節によっては寒さを感じるかもしれません。敷布団の上に乗せて使ったり、パッドや毛布を使って防寒対策したりする必要があります。

 

薄いマットレスだと寝心地が悪いと感じる方は、エアウィーヴマットレスのほうがおすすめです。厚さが約18㎝あるため、1枚でも十分ベッドで眠るような感覚を味わえます。重厚感があるマットレスを好む方はエアウィーヴを検討するといいでしょう。

質の良い睡眠には自分に合ったマットレス選びが重要です。疲れが取れない、熟睡できないなど毎日の睡眠に不快さを感じているならブレインスリープマットレスを検討してみましょう。同じシリーズのブレインスリープピローを併用すれば、より効果的です。

 

良い口コミ・悪い口コミを参考に、自分に合ったマットレスを選んで快適な睡眠を手に入れてくださいね。