コールマンの封筒型寝袋おすすめ5選!ファミリーキャンプにもおすすめ!

ファミリーキャンプに最適なコールマンの封筒型寝袋。この記事では大人気アウトドアメーカー、コールマンの封筒型寝袋の特徴とおすすめ商品5選をご紹介します。工夫次第で4シーズン使えたり、連結しても使える便利な寝袋をぜひチェックしてください!

2022/04/06 更新

編集部おすすめの記事

暖かい季節には気分もワクワクしてアウトドアやキャンプに出かけたくなりますよね。大自然の中で、開放的な大空の下で眠れるのがアウトドアキャンプの一つの醍醐味です。

 

一般的に5月から10月ごろまでがキャンプシーズンと言われていますが、キャンプをする地域や標高によっては日中は天気が良く暖かくても、明け方には最低気温が5℃を下回ることもあります。そんな時に私たちを寒さから救ってくれるのが寝袋です。

 

作りがしっかりしているコールマンの寝袋なら、初心者の方でも安心して使えるのでキャンプデビューにもおすすめです!サイズ調整も可能な便利機能もありますのでぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

コールマンからは封筒型とマミー型2種類の寝袋が発売されています。それぞれどのような特徴があるのか、またどのようなシチュエーションに適しているのかをまず見ていきましょう。

 

マミー型寝袋は封筒型に比べて体にフィットする作りになっているため保温性が高く寒い時期の利用に適しています。またタイトな形状のため封筒型に比べてコンパクトに収納できます。

 

一方封筒型寝袋は自宅の布団のような感覚で使えて寝心地がいいのが特徴です。暑い時は上下2枚に分離して使用したり、肌寒い時は封筒型にして熱を逃がさないように使用したりもできます。封筒型寝袋は春から夏にかけての暖かい時期に適しており、温度調節もしやすいので子供からお年寄りまで家族でのキャンプに使い勝手が良くおすすめです。

世界中で愛されているアウトドアメーカーのコールマン。さまざまなアウトドア用品を取り扱っているメーカーですが、寝袋にも定評があるのには理由があります。ここからは、数ある寝袋の中でもコールマンの封筒型寝袋がおすすめな理についてご紹介します。

コールマン封筒型寝袋の最大のメリットは、商品によって同じ型の寝袋同士を連結して使えることです。例えばファミリー2in1を2つ持っていれば、それぞれを敷布団と掛け布団のように使えたり、もしくは2枚の寝袋の左右の端をジッパーで連結することによって一つの大きな封筒型寝袋にして家族で川の字になって寝られます

 

連結せずに使用する場合も、比較的サイズが大きいため暖かい時期であれば上下パーツを分離して掛け布団として家族みんなでシェアして使えます。いずれの場合もサイズにゆとりがあり寝返りも打てるので、キャンプ先でも快適に眠れます。

 

ファミリーキャンプを予定しているご家族にはぜひ一家に1枚(もしくは2枚!)持っておきたいおすすめの寝袋です。

ファミリーキャンプでの利用にとても使い勝手のいいコールマン封筒寝袋ですが、ちょっとしたデメリットもあります。封筒型寝袋のデメリットを知り、適したシチュエーションで使用しましょう。

 

まずコールマンの封筒型寝袋は暖かい時期の温度調節に優れている一方、寒い時期に使用できるような保温性はありません。寒い時期のキャンプには保温性の高いマミー型の寝袋を使用することをおすすめします。

 

また、ゆったりとしたサイズで自宅の布団のように快適に使用できる分、マミー型寝袋などと比べてコンパクトになりにくいデメリットもあります。車で荷物を運べるオートキャンプで使う場合は問題なく運べるサイズなので安心して使用していただけます。

現在発売中のコールマン封筒型寝袋にはいくつかの種類があります。悩んでしまいそうですが、各商品の快適温度と限界温度、価格帯、手入れの方法をチェックすることで寝袋選びがスムーズになります。ぜひ下記を参考に皆さんにぴったりな封筒型寝袋を見つけてみてください。

寝袋の快適温度とは、「この温度までは快適に眠れます」を目安に温度設定されています。コールマンの寝袋の場合、商品名に入っている数字とアルファベットが快適温度を表しています。例えば「ファミリー2in1/C10」の場合、快適温度は10℃以上の設定になっています。

 

寝袋を使用する場所の気温を事前に確認しておき、それに合わせた快適温度のものを選ぶようにすれば選ぶのが簡単ですね。寒がりな方は快適温度が使用場所の気温よりもやや低めのものを選んでみると寒さを感じずに使用できます。

 

限界温度は「この温度まではギリギリ使用できますよ」を目安に温度設定されています。せっかくのキャンプで凍えてしまうことがないように、限界温度も合わせてチェックしておきましょう。

コールマンの封筒型寝袋は3,000円台のものから10,000円台のものまで、さまざまな価格帯のものがあります。安価なものほど比較的薄手で快適温度が高めの商品となっています。

 

価格が高くなればなるほど利便性や保温性がアップするため、寝袋を使用するシチュエーションに合わせて必要な機能を備えているタイプを選びましょう。また高価格帯のものほど表面が起毛素材になっていたりと肌触りの良い素材になっているのでその点も考慮して選んでみるのがおすすめです。

コールマンの寝袋には表地と中綿素材に化繊が使われていて洗濯機で丸洗いできる商品が多いのも魅力の一つです。購入する際には洗濯表示もぜひチェックしてみましょう。キャンプでは汗をかいたり土がついて汚れたりすることが多いため、自宅で丸洗いができるものがおすすめです

 

中綿の劣化につながってしまうので頻繁に洗濯する必要はありませんが、何度か使用して寝袋が汚れてきたな、中綿が潰れてきたなと感じたら洗濯しましょう。通常時は水で薄めた中性洗剤を含ませたタオルで拭き取り、陰干しをしておけば十分です。

 

1位
コールマン

マルチレイヤースリーピングバッグ

価格:8,880円 (税込)

オールシーズン使えるシュラフ!丸洗いできて清潔感も持続◎

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【おすすめポイント】
4シーズン対応モデル!寝袋はこれ1つでOK!
3つのレイヤーが分割できて寝袋以外の使い方も可能
−5℃まで快適に寝られるから真冬のキャンプにも最適

横幅が90cmと封筒型のシュラフの中でも大きいサイズで、布団のような寝心地を実現寝心地を求めるキャンパーに大人気の商品です。レイヤーが3つに分割できるため、保温力が調整しやすく、どのシーズンにも対応可能です。軽くて温かいだけでなく、全て丸洗いが可能なので、常に清潔に使用できます!
タイプ
封筒型
中綿素材
ポリエステル
表地素材
ポリエステル
裏地素材
ポリエステル
想定使用温度
快適温度:-5℃〜使用下限温度:-11℃
使用人数
1人
洗濯可
使用時サイズ【cm】
90x200 cm
納時サイズ
約52×29×38cm
重量【kg】
4.9 kg
2位
コールマン

パフォーマーIII/C5

価格:3,904円 (税込)

オールラウンドに使える封筒型シュラフ!洗濯機で丸洗い可能でガンガン使える!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【おすすめポイント】
横幅80cmで大人でも広々快適
洗濯機で丸洗い可能だからガンガン使える◎
結合すればさらに家族用の大きな寝袋にも!

横幅80cmでゆったりと広く寝返りもうつことができるため、快適な寝心地です。ファスナーを開けばブランケットのような使い方もできます。さらに、洗濯機で丸洗い可能とお手入れが簡単なため、キャンプによく行かれるヘビーユーザーに最適です。コンパクトに収納できるため携帯しやすく、防災グッズとしてもおすすめの商品です。
タイプ
封筒型
中綿素材
ポリエステル
表地素材
ポリエステル
裏地素材
ポリエステル
想定使用温度
快適温度:5℃〜使用下限温度:0℃
使用人数
1人
洗濯可
使用時サイズ【cm】
80x190 cm
納時サイズ
約φ24×41cm
重量【kg】
1.4 kg
3位
コールマン

フリースイージーキャリースリーピングバッグ/C0 2000033802 [オリーブ リーフ]

価格:6,321円 (税込)

開閉可能で温度調節が簡単!夏の寝苦しさを軽減させるシュラフ

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【おすすめポイント】
フリース素材で肌触りが良く暖かい
専用のワイドな横型キャリーケース付きで収納が簡単
開閉可能で温度調節が簡単にできるので寝苦しさを軽減


寒冷地でも外気温から守り肌触りもいいフリース素材の寝袋。また専用のワイドな横型キャリーケースが付属しています。ワイドなので入れる時はすっぽり入り、収納後はコンパクトになるため持ち運びも便利です。更にサイドから足元にかけてある「L字のファスナー」が特徴。これにより、開閉によってこもった熱を逃がすことができ、温度調節が簡単にできます。よって暑がりな方にもピッタリです。寝苦しさや不快感も軽減します。
タイプ
封筒型
中綿素材
ポリエステル
表地素材
ポリエステル
裏地素材
フリース(ポリエステル)
想定使用温度
快適温度:0℃
使用人数
1人
洗濯可
使用時サイズ【cm】
84x190 cm
納時サイズ
約28×41cm
重量【kg】
2.7 kg
4位
コールマン

120th アニバーサリー スリーピングバッグ/C0 2000037326

価格:7,989円 (税込)

畳の上でも違和感なし!和風な柄のスリーピングバッグ

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本製品は、横幅100×長さ200㎝のゆったり使えるスリーピングバッグです。アウターとインナー両方に「コットン素材」を使うことで、天然素材らしい暖かさを実現。内側にはスマートフォンや貴重品などを入れられるポケットも付いていますよ。丸めて収納できる専用のケース付きなのも嬉しいポイントです。

そのため、押入れにもしまいやすく、布団の代わりに使いたい方にピッタリ。本体デザインも可愛い和風柄なので、畳のお部屋に最適ですね。また、身長180㎝以上の大柄な方でも問題なく使え、急な来客時にも安心です。デザイン性と機能面のどちらも重視する方におすすめです。
タイプ
封筒型
中綿素材
ポリエステル
表地素材
コットン
裏地素材
コットン
想定使用温度
快適温度:0℃
使用人数
1人
使用時サイズ【cm】
100x200 cm
納時サイズ
約φ30×50cm
重量【kg】
4.1 kg
5位
コールマン

ファミリー2 in1/C5 2000027257

価格:8,740円 (税込)

家族一緒に暖かく寝られるビッグサイズ!洗濯機で丸洗い可能でお手入れ簡単!

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【おすすめポイント】
洗濯機で丸洗いできる
冷気を遮断し温まった空気をキープしてくれるため暖かい
手が出しやすい価格

「キャンプは好きだけど使った後の道具のケアが苦手」という方におすすめ!洗濯機で丸洗いできるため、常に清潔に使用できてお手入れも簡単です。冷気を遮断し温まった空気をキープするのが魅力的。家族皆で寝られるほどビッグサイズですが、独立したサーマルカラーのおかげで肩周りが覆われ皆が暖かく寝られます。さらに裏地を表に出して襟元をサポートする機能など、高機能なのに1万円以下と手が出しやすい価格なため、予算を抑えたい方やキャンプ初心者の方にもおすすめです。
タイプ
封筒型
中綿素材
ポリエステル
表地素材
ポリエステル(起毛仕上げ)
裏地素材
ポリエステル(起毛仕上げ)
想定使用温度
快適温度:5℃〜使用下限温度:0℃
使用人数
大人2人・子供1人
洗濯可
使用時サイズ【cm】
168x190 cm
納時サイズ
約φ35×42cm
重量【kg】
3.7 kg

コールマンの封筒型寝袋おすすめ5選|比較一覧表

商品画像
メーカー
コールマン
コールマン
コールマン
コールマン
コールマン
商品名
マルチレイヤースリーピングバッグ
パフォーマーIII/C5
フリースイージーキャリースリーピングバッグ/C0 2000033802 [オリーブ リーフ]
120th アニバーサリー スリーピングバッグ/C0 2000037326
ファミリー2 in1/C5 2000027257
説明
オールシーズン使えるシュラフ!丸洗いできて清潔感も持続◎
オールラウンドに使える封筒型シュラフ!洗濯機で丸洗い可能でガンガン使える!
開閉可能で温度調節が簡単!夏の寝苦しさを軽減させるシュラフ
畳の上でも違和感なし!和風な柄のスリーピングバッグ
家族一緒に暖かく寝られるビッグサイズ!洗濯機で丸洗い可能でお手入れ簡単!
価格 8,880円 (税込) 3,904円 (税込) 6,321円 (税込) 7,989円 (税込) 8,740円 (税込)
リンク
タイプ
封筒型
封筒型
封筒型
封筒型
封筒型
中綿素材
ポリエステル
ポリエステル
ポリエステル
ポリエステル
ポリエステル
表地素材
ポリエステル
ポリエステル
ポリエステル
コットン
ポリエステル(起毛仕上げ)
裏地素材
ポリエステル
ポリエステル
フリース(ポリエステル)
コットン
ポリエステル(起毛仕上げ)
想定使用温度
快適温度:-5℃〜使用下限温度:-11℃
快適温度:5℃〜使用下限温度:0℃
快適温度:0℃
快適温度:0℃
快適温度:5℃〜使用下限温度:0℃
使用人数
1人
1人
1人
1人
大人2人・子供1人
洗濯可
使用時サイズ【cm】
90x200 cm
80x190 cm
84x190 cm
100x200 cm
168x190 cm
納時サイズ
約52×29×38cm
約φ24×41cm
約28×41cm
約φ30×50cm
約φ35×42cm
重量【kg】
4.9 kg
1.4 kg
2.7 kg
4.1 kg
3.7 kg

コールマン封筒型寝袋の魅力についてたくさんご紹介してきましたが、いかがでしたか?キャンプデビューをしたいと考えているご家族にもぴったりの寝袋ですので、ぜひ手に入れてファミリーキャンプへ出かけましょう!

封筒型寝袋 コールマンの全商品一覧