【安心できる明るさ】大人気のH4LEDライトおすすめランキング10選

車のヘッドライトをLEDライトに変えたいけど、どれにするか悩んませんか?自動車関係の部品はまず安全であることが一番大事ですが、そのほかにも選び方のポイントがあります。おすすめのH4のLEDライト10選をランキングにして紹介します。

暗い道でも安心できる光を!愛車にH4LEDライト

最近は、普通車でも純正採用されているLEDライトです。LEDとは「発光ダイオード(Light Emitting Diode)」の略で、近年、照明も含め様々な分野で展開しています。そのLEDライトを車のヘッドライトに採用するのメリットは、他のハロゲンライトやHIDライトに比べ、省電力と高寿命において圧倒的な差があるからです。

 

H4の「H」は、ハロゲンガスを用いられたバルブとして「H」を表記されたものです。その後ろの数字は、形や大きさを区別するためです。「H4」は2灯式のヘッドライトに幅広く使用されています。1つのバルブ内に2つのフィラメント(電熱線)があるので、ロービーム・ハイビーム両方の光を照射できるのが特徴です。「H1」や「H3」といったタイプと違いH4LEDは、現行車種に多く採用されています。

 

安全に走行するためには、ヘッドライトは自動車にとって必要不可欠な部品です。車検でも厳しい基準が設けられています。最優先な部分は明るいことです。きとんと照らすことができなければ、夜など暗い道での走行が危なくなります。車検に対応した自分の車にあうH4LEDヘッドライトを見つけましょう。

H4LEDの選び方

H4LEDを選ぶときに明るさだけで選考基準になりがちですが、その他にも角度の選び方、車検への影響など、交換前に確認しておかなければならないポイントがあります。間違った選び方で交換してしまわないようにポイントごと説明します。

 

配光機能で選ぶ

安全に運転するためには、運転するドライバー側からは明るく、反対車線のドライバーからは眩しくないヘッドライトでなければなりません。配光が正しく出るH4LEDライトがおすすめです。

配光がしっかり出るバルブを選ぶ

ヘッドライトの交換、で一番気になるポイントは明るさでしょう。LEDヘッドライトのパッケージには「ルーメン」表記が目立ちます。ルーメンの数値が高ければ光源が高いのですが、バルブの明るさは、ルーメン値の明るさに必ず比例はしません。

 

ルーメン値の高いヘッドライトに交換したら元のヘッドライトより暗くなったという例があります。バルブを実際に車のヘッドライトに付けると、リフレクターで反射させたり、プロジェクターで集光させたりして配光を出します

 

車検はルーメン値ではなく、カンデラ(光度)を用いります。カンデラは、バルブを取り付けた車種により数値が変わるので、明るさはルーメン表記だけで選ばず、配光のしっかりしたものを選ぶ方が良いです。

カットラインがきちんと出るバルブを選ぶ

カットオフラインを省略したものを、カットラインといいます。車のロービーム(前照灯)は、光が上の方に飛ばせないようにする機能です。カットラインが出ていないと様々な弊害を生じさせます。

 

日本は左側通行なため、ロービームにした際に、歩道側の左が見やすく対向車側の右側が眩しくないようにしています。バルブを交換すると、純正用に設定されていたリフレクターの光源位置がずれてしまい、カットラインが出なくなる場合もあります。

 

ハロゲンとは違い、LEDは指向性なため全方向性に照射しないのでカットラインが出にくいとう問題があります。ですので、表と裏にLEDチップを搭載された、純正の電球と同じように揃えているバルブタイプだときちんとカットラインは出ます

LEDライトのバルブの冷却方法

LEDライトは発熱がハロゲンライトよりも少ないです。しかしバルブの部分はLEDライトの方が樹脂や接着剤が使われているので、ハロゲンより冷却が必要な場合があります。販売されているH4LEDライトには3種類の冷却方法があります。

 

ファンレスタイプ(放熱タイプ)は、ボディにたくさん切れ目を入れ、冷却用のフィンとして作用させます。シンブルでサイズも小さいですが停車時は、温度は上昇しやすいです。

 

冷却ファンタイプは、冷却用のファンで空気を循環させます。ファンレスタイプより停車時でも冷却機能が作動しているので発熱を抑えることができます。ファンが付いているので大きくなります。放熱フィンと冷却ファンを備えたハイブリッドタイプもあります。

適合性を確認してLEDライトを選ぶ

H4LEDのヘッドライトを選ぶときは必ず自分の車と適合しているか、事前に確認しましょう。適合していないヘッドライトは交換できません。

H4LEDライトと自分の車の適合を事前に調べる

H1からH16までライトの規格は10種あります。交換するヘッドライトの規格を、自分の車に適合するか確認しておきましょう。基本的に、適合していないバルブは交換ができません。間違った規格のLEDライトを買ってしまうと、自分の車に取り付けられません。

 

LEDライトメーカーはホームページで車種ごとの適合表を掲載していますので気軽に確認できます。カー用品店では各メーカーの適合表本を備えていますし、店員に確認して教えてもらうこともできます。

車検対応

以前はカットラインを調べず光量だけの確認でしたので、悪い品質のLEDライトでも車検に通っていましたが、2015年から車検時の光軸検査がロービームにて行われるように変更となりました。

 

色は「白色」であること(平成17年12月31日以前の車は「白色もしくは黄色」)が条件ですので、色は重要です。最近は青白色が人気ですが、白の範囲を超えてしまうと車検に通れなくなります。青白色でしたら、6500ケルビン(色温度)以下をおすすめします。

 

希望するH4LEDライトが、ものすごく良い性能だとしても、車検に通らない製品であれば交換することをおすすめできません。車検に通らないので純正ハロゲンに戻すようなことがないように、車検に対応したH4LEDライトを選びましょう。

メーカーの対応で選ぶ

H4LEDライトは数多くの製品が販売されています。性能のみで選ぶのも良いですが、故障や安全性を考慮して選ぶことも大事です。

メーカーに注意して選ぶ

H4LEDライトメーカーは、国内メーカーと、海外メーカーにわかれます。国内メーカーは、日本の車検を通るように設計されています。国産車を使ったLEDライトのテストをするので、安心して使うのなら国産メーカーをおすすめします。

 

海外メーカーは、コストパフォーマンスが高いです。最近だと海外メーカーも日本に代理店を置き、対応もしっかりしているので安心して購入できます。中国産のH4LEDライトでも性能が良い商品は、人気が高いです。

 

海外メーカーのLEDライト購入時に注意が必要なことは、右側通行用に作られた製品に手を出さないことです。安価でも、アメリカや中国に対応した右側通行用の製品は、日本では車検に通らない可能性や、対向車に迷惑をかけるトラブルにも繋がります。

保障期間で選ぶ

LEDライトは、HIDライトより簡単にハロゲンライトから交換ができるのが魅力です。自分で交換をせず、プロに頼んでも安い工賃で行えます。バルブの交換をするだけなので、もちろん自分でも交換できます。

 

簡単に交換できますが、問題は故障した場合です。LEDライトは製品ですのでどんなに安心できるという評判のメーカー製でも初期不良があったり、取り付け後にすぐ壊れてしまう場合もあります。

 

保障期間があるLEDライトなら、保証期間中の故障であれば返品してくれることが可能です。最低でも1年保証のLEDライトを購入したほうが良いです。3年以上の保証が付いている商品であれば多少価格が高くでも、安心して交換ができるのでおすすめします。

おすすめH4LEDランキング10選

第10位AutoGo

LED H4 ヘッドライト 車検対応

価格:1,890円(税込)

超高輝度の広範囲照射

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独特の集光結晶体を使っているので発光率が高いので、白く、より遠く見える設計です。4面発光デザイン最新高品質COBチップを搭載しています。コストパフォーマンスが高いのでおすすめです。

 

工場集荷前に2段階での点灯チェックを行っているメーカーですので安心して使えます。最新の放熱システムとして冷却ファンが内蔵されているのでより早く冷却し、長寿命(5万時間利用可能)を確保します。

ルーメン値8000色温度6500K
保障年数1年
第9位Philips(フィリップス)

LED H4 ヘッドライト 国産車専用

価格:11,776円(税込)

くっきりとしたカットオフラインを形成した国産車専用デザイン

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Philipsが厳選した自社製Lumileds LUXION LEDを採用しています。冷却方法はファンレスですが、頼と実績のある「エアフラックス テクノロジー」を搭載しています。自動車メーカーに純正バルブを供給できるほど品質の高さに定評があります。

 

配光パターンはハロゲン球を再現しているので、くっきりしたカットオフラインを形成しています。しっかりしたメーカーですので、間違いがないH4LEDライトをお探しの方におすすめします。

ルーメン値2000(ハイ)/1800(ロー)色温度6000K
保障年数2年
第8位SUNPIE-JP

LED H4 ヘッドライト 角度調整機能付

価格:3,199円(税込)

360°角度調整機能付きのヘッドライトバルブ

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最新Lumileds社製CSP LEDチップの採用でハロゲンライトより明るく、HIDライトと同等な明るさ。リフレクターでLEDの角度調整が可能ですので、色々な車種でも最高の配光を出します。もちろん車検対応しています。

 

10000rpmの超高回転速ダブルボールベアリングファンが搭載されているのでライトをいつでも冷却します。簡単に取り付けられるコンパクトな設計ですので、幅広い車種に対応できます。

ルーメン値6000色温度6500K
保障年数3年
第7位BORDAN

LED H4 ヘッドライト 静音冷却ファン付

価格:4,180円(税込)

スリムサイズでH4の99%車種対応

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高品質大手会社LUMILEDS 社製高品質ZESチップ(第2世代)を搭載しています。ハロゲンより半分の消費電力で400%アップの明るさがあります。スリムタイプ化しているので、従来のヘッドライトのサイズが大きくて、装着できない車種にも対応しています。

 

純正フィラメントと同位置で発光するように設計されているので、面倒な光軸調整や、固定工具作業等が必要ない設計です。気軽にハロゲンライトより明るくしたい場合は、こちらの商品をおすすめします。

ルーメン値6000色温度6500K
保障年数3年
第6位SUPAREE

LED H4 ヘッドライト インバータ&ファン一体型

価格:5,980円(税込)

純正ハロゲンを再現した新型LEDヘッドライト

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハロゲンバルブの中心線に対して7.5度位の傾きを再現しているので、バルブでの光軸調整をしなくても、しっかりとしたカットラインが出ます。DC11-30Vまでのワイドレンジに対応する定電流回路を搭載しているので、ハイブリッド車・EV車にも対応しています。

 

数分で簡単に交換ができる設計になっています。3年保証も付いているので安心して交換できます。明るさ、カットラインも好評なH4LEDライトです。

ルーメン値8000色温度6500K
保障年数3年
第5位Sunpie

LED H4 ヘッドライト 高品質チップ搭載

価格:4,999円(税込)

0.1秒で快速起動する無音ファンレスタイプ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PHILIPS製のLumiledsLEDチップ採用しているので、ハロゲンより大幅に視認性を高めています。ファンレスですが、特製アルミ合金ボディーと放熱ヒートシンクの2ステップ共同放熱システムで効率よく冷却します。

 

0.1秒で快速起動するので夜のドライブも安心です。明るさのトータルバランスが良く、クオリティはかなり高いです。耐久性にも期待できて3年保証もついていますので、安心してハロゲンライトから交換できます。

ルーメン値4000色温度6500k
保障年数3年
第4位Autofeel

LED H4 ヘッドライト ファンレス

価格:3,199円(税込)

品質に自信あり5年保証のLEDヘッドライト

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新開発の安定した電圧をコントロールするドライバーユニットを内蔵しています。Lumileds社製のCSP LEDチップを搭載しているので、ハロゲンライトに比べて断然明るいです。カットラインも純正ハロゲンライトと同等のカットラインが出ます。

 

配光はきちんと右ハンドル用に設計されているので安心して国産車に交換できます。取り付けも、360度角度調節可能なソケットを採用しているので、数多くの車種に対応しています。安心の5年保証はメーカーの品質の自身の表れです。

ルーメン値4000色温度6500K
保障年数5年
第3位LIMEY

LED H4 ヘッドライト ハロゲンサイズ

価格:5,980円(税込)

驚異の純正ハロゲンサイズのH4LEDライト

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インバータ&ファン一体型でコンパクトな設計。純正ハロゲンライトと同等のサイズです。最高品質であるPhilipsのZESチップを採用しているので、明るさはもちろん保証できます。12V車専用ですが、26Vまでの対応してるのでハイブリッド車・EV車もOKです。

 

純正ハロゲンライトと同等のサイズなので、ハロゲンライトから違和感なく交換できます。メーカーのLIMEYは取り付けが心配な方へ「装着あんしん保証制度」を用意しているので、安心して購入することができます。

ルーメン値6000色温度6500K
保障年数1年
第2位IPF

LED H4 ヘッドライト バルブ 6500K

価格:14,545円(税込)

LEDヘッドライトバルブの定番ロングセラーモデル

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2015年に発売して以来、LEDライトの定番と言われています。純正ハロゲン球のフィラメント位置を再現することで配光、明るさ、視認性の向上を実現しています。ドライバーユニットが内蔵されているので取り付けも簡単です。

 

点灯直後から100%の明るさを発揮しています。ハイブリッド車、アイドリングストップ車など幅広い車種に対応しています。国産車でテストを行っているので車検対策もできています。H4LEDライトの購入に悩んだらこちらをおすすめします。

ルーメン値4200(ハイ)/2800(ロー)色温度6500k
保障年数3年
第1位NIGHTEYE AUTO LIGHTING(JP)

LED H4 ヘッドライト 高光束タイプ

価格:2,480円(税込)

8000ルーメンという高い光束量の大人気H4LEDライト

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超高輝度・高出力・高効率で照射範囲が広い、高性能のソールCSP製LEDチップを搭載しています。無音ファンレスタイプで、放熱対策もしっかりされています。大きなヒートシンクは放射熱を効率的に外部に拡散するので、冷却性を保ちます。

 

ハロゲンの照射原理を研究し、8000ルーメンという高い光束量を実現しました。カットラインもしっかり出ます。3年保証も付いている高品質のH4LEDライトとして人気のある商品です。

ルーメン値4000色温度6500K
保障年数3年

まとめ

ここまでH4LEDの選び方とおすすめランキング10選を紹介してきました。ヘッドライトは安全に走行するために不可欠な車両部品です。H4LEDライトに交換をすれば、知らない間にライトが切れてしまい整備不良の状態で走行するようなことは起きにくくなります。ハロゲンライトからH4LEDヘッドライトの交換は簡単で手間もかかりません。明るく、長寿命で省エネ設計のH4LEDライトに交換することを早めに検討してみましょう。