【2019年最新版】iPhoneX保護フィルムおすすめ人気ランキング10選

スマートフォンの王道であるiPhone。普段何気なく利用していますが、手を滑らせて落としてしまったら、大変悲しいことになってしまいますね。そこで今回は、そんなiPhoneXの保護フィルムのおすすめランキング10選をご紹介します。

大切なiPhoneXには保護フィルムを貼ろう

普段の生活の中でも、特になくてはならない生活必需品となりつつあるスマートフォン。特にiPhoneの人気は今だに高いですね。本体価格は決してお安くありませんが、どうしてもiPhoneが欲しい、今後機種変更をしてもiPhoneシリーズを使い続ける、あるいはiPhoneに乗り換える、という方も少なくはありません。

しかしスマートフォンの弱点は、落とした時に運が悪いと画面が割れてしまうこと。これは残念ながらiPhoneも同じです。割れてしまったものの、高価な品物のため買い替えが出来ず、画面がばりばりのまま使っている方を見たことがある、という方も多いでしょう。

そのため、iPhoneには保護フィルムが必須といっても過言ではありません。ここでは、最新シリーズであるiPhoneXの保護フィルムについて、種類や選び方のポイントをわかりやすくまとめています。是非ともご自分のiPhoneXの保護にお役立てください。

iPhoneXの保護フィルムの選び方

iPhoneXの保護フィルムを選ぼうと思った時に、種類の多さに驚かれることになるかと思います。ここではどんな機能があり何を選んだらいいのか、ポイントをわかりやすくまとめてご紹介しています。

フィルムの材質で選ぶ

iPhoneXの保護フィルムを選ぶ時、「フィルム」と「ガラスフィルム」などの種類を見たことのある方もいるでしょう。その違いについて、ここでご紹介していきます。

PETフィルムタイプ

昔の携帯電話の時代からある画面の保護フィルムといえばこちらです。ペラペラで曲げやすく、一枚透明のシールを張るようなイメージですね。100円ショップなどでも安価に手に入りますが、最近多い「ガラスフィルム」に比べて欠点も多くなっています。

まず、強度の面ですが、割れを防ぐというよりも傷を防ぐものだと思っていいでしょう。iPhoneXは強化ガラスで出来ていますが、使い方によっては表面に薄い擦り傷のようなものがついてしまうこともあります。保護フィルムではそれを防ぐことが出来ます。

しかし、ガラスフィルムに比べ落とした時の保護では不安があり、またペラペラで材質的に曲がりやすいので、気泡が入りやすいという欠点もあります。簡単に綺麗にフィルムを貼りたい場合も、ガラスフィルムの方がおすすめできます。

ガラスタイプ

その名の通り、ガラスでできた「ガラスフィルム」となります。強化ガラス出てきており、滅多なことでは割れませんし、万が一手元からiPhoneを落とした時には、画面より先に砕け散ることで、その役割をしっかりと果たしてくれます。今の主流のフィルムはこちらですね。

値段もガラスフィルムが主流になるにつれ安いタイプが出てきており、今はほとんど2000円以下で買えてしまいます。そのためフィルムタイプを選ぶ必要は今となってはほとんどなく、発売している種類もガラスフィルムの方が圧倒的に多いです。

しかし、ガラス素材のため厚みがあり、ケースとの兼ね合いでどうしてもつけたくない、という場合もあるかもしれません。あるいは、ガラスのつるつるした素材では困るという場合は、ノングレアのフィルムを探す必要が出てきます。

画面の光沢で選ぶ

グレア・ノングレアといった言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。画面の光沢はどんな使い方によって求めるものが変わってくるのか、ポイントをご紹介します。

グレアタイプ

グレアタイプとは「光沢のある画面」のことを言います。通常のガラスフィルムはこちらになり、つるつるしていて見た目も綺麗で高級感があります。グレアタイプを好む方は多く、主流もこのグレアタイプとなっています。

ノングレアとの違いはまさしく、画面の見え方の一言につきまして、画質は圧倒的に綺麗です。鮮やかなiPhoneXの液晶ディスプレイの色合いをそのまま邪魔することなく保護してくれるのが、グレアタイプが支持される理由です。

ただし、外光の写り込みという欠点もあり、動画を閲覧する際やゲームをする際に、その光がちらついて気になってしまう、という意見もあります。画面に集中するような使い方がありそうな場合は、ノングレアとどちらがいいかしっかりと考えましょう。

ノングレア(アンチグレア)タイプ

ノングレアとは「光沢を打ち消している画面」のことを言います。通常のガラスフィルムの光沢はなくマットな質感ですが、外光の写り込みが少なく、長時間画面を見ていても、目が疲れにくいのが利点です。パソコン画面などでも、教育現場では圧倒的にノングレアが使われています。

そのため、ゲーム用として発売されているフィルムには、ガラスフィルムであってもノングレアタイプも出てきています。また指紋もつきにくいので、常に綺麗な状態でiPhoneXを保ちたいという場合もノングレアを探されるといいでしょう。

デメリットは光沢がないため画面が白っぽく見え、画質が落ちるという点にあります。iPhoneシリーズはディスプレイが素晴らしく美しいですが、その綺麗な見え方をフィルムをすることによって多少落としてしまう、というのはノングレアタイプの最大の弱点です。

その他機能で選ぶ

保護フィルムというからには、しっかりとiPhoneXを保護する機能が色々とあります。それぞれどういった機能があるのかをご紹介します。

覗き見防止

通勤や通学で満員電車に乗るという方に特におすすめしたいのが、この覗き見防止機能のついた保護フィルムです。電車に揺られながら、ふと目をやると隣の人のスマートフォンの画面が視界に入ってきてしまった、内容まで読めたという経験をしたことがある方もいるでしょう。

同じことがご自身の身にも起こると言えますので、通勤通学時のプライバシー保護のためにも、この機能は必須と思った方がいいです。隣から覗き込んだだけで、スマートフォンの内容が丸見えになってしまうなんて、考えただけで嫌ですよね。

また、iPhoneXで機密情報を取り扱う方も念のためにこの機能のフィルムをつけた方がいいです。インターネットバンクなどを利用する方も、このフィルムでしっかりと覗き見対策をしてから操作してくださいね。

ブルーライトカット

ブルーライトとは波長が380nm~500nmの領域にある青色の光のことで、目に見えなくても角膜や水晶体の奥まで届いてしまう光のことを言います。それが目の疲労やピントずれに繋がりますので、ブルーライトカットは重要です。

こちらはiPhoneXをお子さんや学生さんが使うという場合には、特におすすめしたい機能と言えます。学生さんですとSNSや話題の動画を閲覧したりと、ご家族の中でパケットも一番使用しているという状態が多いですが、比例して画面を見ている時間も長いということになります。

すると、疲労というだけではなく、例えば夜中の就寝前などにiPhoneXを利用していたりすると、脳が活性化し睡眠の質が落ちるという事態にも繋がってきます。長時間iPhoneを使いがちなお子さんや学生さんは、ぜひブルーライトカット機能付きフィルムをおすすめします。

衝撃吸収

液晶画面への衝撃耐性を重視したフィルムも発売されています。フィルム自体が衝撃を吸収し、ディスプレイを守ってくれるフィルムです。これで落としても絶対に割れなくなるというわけではありませんが、衝撃には圧倒的に強くなります。

ただ一つの弱点は、これの衝撃吸収フィルムは正面からの衝撃からは守ってくれますが、水平方向である横からの衝撃には弱いということです。横から鋭角に加わる衝撃にはなすすべもなく割れてしまうので、ケースを使う必要があります。

ですので、よくiPhoneを落としてしまうという方は、衝撃吸収フィルムを貼り、横からの衝撃を吸収してくれるシリコンケースを併用して使えば安心できますね。

貼りやすさで選ぶ

保護フィルムを貼るのが苦手で、毎回携帯ショップで貼ってもらうという方もいますね。今そんな保護フィルムの貼りにくさも対策されて、かなり扱いやすくなっています。

貼り付けキット付きなら簡単

保護フィルムを貼る時に、どんなに気をつけてしまっても場所がずれてしまった、または気に入らなくて貼り直した経験がある、という方もいますね。今は簡単にフィルムを貼れるキット付きが発売されています。

ガイド線をはめるタイプであったり、フィルムパッケージがそのまま貼り付けキットになっていたりと、様々なタイプがありますが、総じて価格が高いということもなくお手頃です。また、ガラスフィルムはもともと気泡は入りにくいので、埃にさえ気をつければ綺麗に完成します。

iPhoneXの保護フィルム人気ランキング10選

第10位アスデック

iPhone XS/iPhone X フィルム

価格:680円(税込)

マット保護フィルムのノングレアタイプ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらはガラス素材のフィルムではなく、ぺらぺらのPET素材の保護フィルムになります。表の全面の保護シートとカメラの保護フィルムに、クリーニングミニクロスとほこり除去シートの一般的なフィルムセットです。

 

指紋防止機能付きかつハードコート加工済みなので、ガラスフィルムではありませんが傷は付きにくくなっています。なにより、ノングレアタイプなので外光の反射がなく画面が見やすく目が疲れにくいというのが一番いいところですね。

 

気泡が潰れやすい加工がしてあり、貼り直しも容易になるよう自己吸着機能付きとなるので、ほこりさえ気をつければ綺麗に貼ることができます。また、覗き見防止加工はされていないにも関わらず、ノングレアならではの覗き見防止効果もある、値段以上の優れものです。

材質PETブルーライトカット-
衝撃吸収-覗き見防止-
アンチグレア貼り付けキット-
第9位LESS is MORE

日本製ガラス 2枚セット TM-1017

価格:1,380円(税込)

安心の日本製極薄ガラスフィルム

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは業界最高強度を誇る強化ガラスを使用した保護フィルムです。iPhoneの画面割れを徹底的に防御してくれるだけでなく、擦り傷や指紋からも画面を保護してくれます。 たとえカッターを当てても傷をつけることは難しく、ポケットに入れても擦り切れることなく安心していられます。

 

薄さはなんと0.33mmで、ガラスフィルムの中ではかなり薄い部類に入ります。ガラスフィルムだとせっかくのiPhoneXが分厚くなってしまうという不満点も、これならば外見を損なうことなく美しいiPhoneXのデザインのこだわりもそのままで使うことが可能です。

 

また、貼り付けが簡単になるような加工が施されており、iPhoneの曲面に合わせた3Dラウンドエッジで、そっと乗せるだけで自動的に吸着する仕組みになっています。また、万が一気泡が入った場合でも貼り直しも簡単です。

材質強化ガラスブルーライトカット-
衝撃吸収-覗き見防止-
アンチグレア-貼り付けキット-
第8位ラスタバナナ

ブルーライトカット高光沢液晶保護フィルム

価格:842円(税込)

ブルーライトカットのPET保護フィルム

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは安心日本メーカーのブルーライトカット機能付きのフィルムになります。ガラスフィルムではなく、ぺらぺらのPETフィルムの商品ですので、ガラスフィルムを探されている方はご注意ください。

 

しかしこのPETフィルムはブルーライトカットがついても低価格というメリットがあります。さらに、ガラスフィルムよりも薄いのでスマートフォンケースに干渉しません。頻繁にケースを付け替える方でしたら、ガラスフィルムよりも扱いやすいと言えます。

 

とにかく安いブルーライトカットフィルムを探していて、ガラスフィルムがいいというこだわりがなければ、こちらの商品でも十分に満足できるでしょう。

材質PETフィルムブルーライトカット
衝撃吸収-覗き見防止-
アンチグレア-貼り付けキット-
第7位レイ・アウト

アクリルコート RT-P16FT/Q1

価格:649円(税込)

珍しいアクリル素材のフィルム

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PET素材の保護フィルムでは物足りないが、ガラスフィルムだとすぐに割れてしまいそうでいまいちだ、という方にはちょうどその中間のアクリルフィルムをご紹介します。アクリルで出来ているので、落とした表紙にガラスが飛散し危ないといったことがありません。

 

アクリル素材ですので、ガラスフィルムではないのにガラスさながらの透明感と高光沢をほこり、通常のフィルムの約2倍の硬度を持ちます。また、柔軟性のあるアクリル素材なので、衝撃吸収機能も備えています。なんと229gの鉄球を180cmから落としても割れないとか。

 

フッ素コートで表面は仕上げられているので、グレアフィルムにも関わらず指紋が付きにくくなっているのもいいポイントですね。保護フィルムでもガラスフィルムでもないものをお探しの方にはこちらをおすすめします。

材質アクリルブルーライトカット-
衝撃吸収覗き見防止-
アンチグレア-貼り付けキット-
第6位OAproda

全面保護フィルム 液晶強化ガラス

価格:1,099円(税込)

ケースとの相性バッチリな保護フィルム

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらのメーカーは、ガラスの透明度がとても高く、フェイスIDのインカメラに影響を全く与えないガラスフィルムというのを実現しています。また、iPhoneXシリーズのケースのはめ込みラインより1mmほど内側のサイズで製造されており、ケースへの干渉がありません。

なんと99%以上のケースに干渉しないというデータが出ているので、ケースとの相性が不安な場合はこちらの保護フィルムを選ばれるといいかと思います。もちろん薄型でありながら高硬度の強化ガラスを使用しているため擦り傷などとも無縁です。

さらに、指紋や水分の付きにくいコーティングがされているので、長期間の指紋防止効果や、水分や汗、化粧品なども弾いてくれるので簡単に拭き取ることができるようになっています。女性にもおすすめできる保護フィルムですね。

材質強化ガラスブルーライトカット-
衝撃吸収-覗き見防止-
アンチグレア-貼り付けキット
第5位Nimaso

液晶保護ガラスフィルム 2枚セット

価格:999円(税込)

高コストパフォーマンスなガラスフィルム

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは『家電批評』という雑誌で2018年に一番売れた保護フィルムです。まず特筆すべきはこの値段で2枚セットかつ36ヶ月保証付というところですね。品質に問題が起きたら、全額返金あるいは新品との交換が受けられます。一つの機種を使うのに3年保証があれば十分です。

素材は強化ガラスを使用しており、業界最高高度9Hを誇ります。ポケットに入れた時などにつきやすい擦り傷も、気にせずに使うことが出来るのが嬉しいですね。いつまでも画面を綺麗なままで保ってくれます。

厚みはなんと極薄の0.26mmでラウンドエッジ加工もほどこされており、サイドからの衝撃も緩和してくれるのに、まるで何も貼っていないかのような滑らかな画面を実現しています。さらに防指紋効果と飛散防止効果もしっかりとあります。

貼り付ける際は、付属のガイド枠がセットになっているので、誰でも簡単に綺麗にフィルムを貼ることが出来そうです。ガイド枠を合わせて、その上からフィルムを軽く置くだけで自動的に吸着し、気泡も入らずに綺麗にくっついてくれますよ。

材質強化ガラスブルーライトカット-
衝撃吸収-覗き見防止-
アンチグレア-貼り付けキット
第4位IMAFU

ブルーライトカット強化ガラスフィルム 2枚入り

価格:1,389円(税込)

目の疲れ対策にブルーライトカットフィルム

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらはブルーライトカット率90%を誇る目に優しいフィルムです。どうしても長時間スマートフォンを使ってしまうため、目が疲れる。痛い。そんな方に特におすすめします。眼精疲労は目の疲れだけでなく、やがて頭痛や肩こりにまでつながりかねません。

素材も最高硬度9Hを誇る強化ガラスで、たとえカッターが当たったとしても、傷がつきません。また、万が一落としてしまってiPhoneの代わりにガラスフィルムが割れてしまった、という時も、『炭素線維フレーム』が使われているので、ガラスは飛散することなく張り付いたままです。

さらに、超極薄0.25mmという薄さなので、まるで何も貼っていないかのような美しいiPhoneXの形とディスプレイをそのままお楽しみいただけます。画面の操作も違和感なくできるのも嬉しいですね。

材質強化ガラス+炭素線維フレームブルーライトカット
衝撃吸収-覗き見防止-
アンチグレア-貼り付けキット-
第3位吉川優品

覗き見防止ガラスフィルム

価格:1,380円(税込)

覗き見防止機能のついたコストパフォーマンスに優れる商品

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの商品は覗き見防止機能付きのガラスフィルムとなっています。画面を横から覗かれても見えないように180度ブラインド仕様のプライバシー保護に優れた保護フィルムです。これなら満員電車の中でも、一眼を気にせずにLINEやSNS投稿ができますね。

ガラスも高硬度の強化ガラスを使用しており擦り傷にも強いです。また画面がさらさらになる加工がされているので、指ざわりがとてもいいという口コミもあります。撥油加工もされているので、汗や化粧品がついた後も簡単に拭き取ることができますし、飛散防止加工で落とした時も安心です。

貼り付け時のガイド枠もセットの商品となっているので、貼り付けに自信のない方でも簡単に扱えるようになっています。使い勝手に満足という意見が多いですのでどなたでも安心して購入できますね。

材質強化ガラスブルーライトカット-
衝撃吸収-覗き見防止
アンチグレア-貼り付けキット
第2位Elippa

アンチグレアガラスフィルム

価格:1,570円(税込)

ゲームで長時間画面を眺めるならコレ

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの商品は、アンチグレアで画面の外光反射を極力抑えるためのフィルムです。グレアフィルムだと外の光や蛍光灯の光がちらついて集中できなかったり、目が疲れやすくなってしまうという方にはこちらのフィルムを強くお勧めします。

LEDライトのギラつきを大幅に抑える効果もありますので、長時間の使用でも目の疲れを和らげます。iPhoneでゲームを長時間やる方や、動画を長い時間閲覧する方におすすめです。また、画面がブラックアウトした時に見える自分の顔の写り込みもなくなります。

また、アンチグレア特有のサラサラした手触りで操作性も向上させています。まさにiPhoneでゲームをする人には強くおおすすめできる商品です。iPhone純正のケースとの干渉もぎりぎりですが大丈夫ですので、とても満足度の高い商品であるも頷けますね。

材質強化ガラス+炭素線維フレームブルーライトカット-
衝撃吸収-覗き見防止-
アンチグレア貼り付けキット-
第1位Agrado

覗き見防止・ブルーライトカットフィルム

価格:2,680円(税込)

ブルーライトカットと覗き見防止両方を同時にできる

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブルーライトカットと覗き見防止効果の両方が欲しいけれど、目につくものは片方のみ対応のものばかりで、両方対応のものはなかなかありません。これはそんな不満を叶えられる数少ない商品です。

フィルム自体が強化ガラス素材で、硬度も業界最高の9Hを誇りますので擦り傷にも安心で、指紋防止、飛散防止、気泡防止効果もついています。手触りはさらさらで気持ちよく、正面からの透明度も高く装着しているのを忘れるような心地になれます。

お値段が少々高いですが、ブルーライトカットと覗き見防止効果が両方得られるハイブリッドタイプの保護フィルムはなかなかありませんので、両方の効果が欲しい方でしたら迷わずこちらの商品をおすすめします。

材質強化ガラスブルーライトカット
衝撃吸収-覗き見防止
アンチグレア-貼り付けキット-

まとめ

ここまでiPhoneX用保護フィルムのおすすめランキング10選を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。一口に保護フィルムと言っても、見た目の透明度やブルーライトカット・衝撃吸収や覗き見防止など機能面でも様々な違いがありますね。ご自分にとって使い勝手のいいフィルムを選んで、是非ともiPhoneXを満喫してください。