【簡単にプロの味】おすすめエスプレッソマシン人気ランキング10選

自宅でゆっくりくつろぎながら、本格的なエスプレッソが楽しめるマシンを紹介します。デロンギではボタン一つで本格的なエスプレッソから様々な種類のコーヒーを簡単に味わうことができ、忙しい朝でも手軽に入れたてのコーヒーが楽しめます。

自宅でカフェ気分が味わえる!

コーヒーと違いエスプレッソは深入りの豆をより高い圧力をかけて淹れるため、コク深さと苦みが特徴の飲み物です。イタリアではコーヒーと言えばエスプレッソのことを指し、日常多く飲まれています。甘い朝食を食べる習慣のあるイタリアではエスプレッソが欠かせません

 

エスプレッソはコーヒーのようにフィルターなどで淹れるのではなく、専用のマシンを使い抽出しており、中でも人気のマシンがデロンギです。デロンギはエスプレッソの本場イタリアで100年以上も続く家電メーカ―でエスプレッソマシンにも定評があります。

 

色々なメーカーから販売されているエスプレッソマシンですが、中でもデロンギはおしゃれなデザインと高い品質で人気があります。

デロンギエスプレッソマシンの選び方

難しい機能が沢山付いていると思われがちなエスプレッソマシンですが、選びやすいポイントを分かりやすく紹介します。

機能で選ぶ

エスプレッソマシンには大きく分ける全自動とセミオートの2つタイプになり、この違いを抑えると購入する時により選びやすくなります。

オート(全自動)タイプ

全自動とは名の通り、ボタン操作ひとつで好みのエスプレッソを楽しむことができます。エスプレッソの美味しさの違いは挽き立ての豆にあります。エスプレッソは豆から挽いて淹れることで、より香りが引き立ち美味しく飲むことができます。

 

豆挽きは、粒の細かい極細挽きから粗挽きまで好みに合わせて選ぶことができます。一般的にエスプレッソを飲む場合は極細挽きにすると美味しく淹れることができます。この粒の細かさは、コーヒーの種類やコーヒーを入れる機械などによって使い分けるのがおすすめです。

 

エスプレッソは圧力をかけることで、先に出るうま味成分だけを取り出すことができます。圧力をかけないと後から出てくる雑味と混ざりあって本来の美味しさが損なわれてしまうのですが、デロンギのマシンは最適な気圧をかけることで美味しく抽出でます。

セミオートタイプ

 

エスプレッソを抽出する以外の部分を手動で行うのがセミオート。機能が少ない分値段もオートタイプほど高くないのがおすすめです。豆を挽くことから始め、手動でひとつひとつ作業をすることオリジナルのエスプレッソが出来上がる喜びがあります。

 

手動部分が多いとは言え、抽出はデロンギのマシンが行うので失敗するはなく、プロ仕様の絶妙な9気圧の抽出により美味しいエスプレッソを作ることができます。この9気圧とはエスプレッソに一番最適な気圧です。

 

量や温度はお好みで設定することができるので、プロのバリスタになった様な気分を味わうことができます。

 

カフェポッドタイプ

一番手軽にエスプレッソが味わえるのがカフェポッド。1杯ずつパックになっており、面倒な挽き方や量を量らなくてもコノパックを装着することで簡単に淹れることができます。コーヒーの粉をこぼしてしまうなんていう心配もありません。

 

インスタントの様な手軽さですが、デロンギが提供しているカフェポッドにはこだわりが詰まっています。香りが飛ばないよう個包装されており、カフェインを気にしている人にも嬉しい低カフェインのものも用意しています。

 

機種によりカフェポッドとパウダー専用の2種類を使い分けて使用できる機種もあるので、選ぶ時のポイントになります。

基本の機能

エスプレッソマシンには様々な大きさがあります。少人数で使用する場合や来客が多いなど使用目的に合わせて選んでみてください。

タンクの容量で選ぶ

エスプレッソマシンの大きさによってタンクの容量には、1L~2L入るものがあります。一般的に豆7~10g程度に対し30mlのエスプレッソを抽出します。また、エスプレッソにもお酒のようにシングルとダブルがあります。

 

コーヒーに比べて濃縮深みのあるエスプレッソは、小さなカップで提供されています。ダブルになると豆10~14gに対し60mlの量を抽出します。味はそのままで量が増えることでダブルになるのです。

 

このようにシングルで飲むのかダブルなのか、飲む量によってタンクの大きさを選んでみてください。

カスタマイズできる機能で選ぶ

デロンギのマシンでは好みに合わせたエスプレッソを作れ、抽出する時の温度や、水硬度、豆の挽き方までカスタマイズできます。温度は4段階の中から選べたり、自分好みの入れ方を設定することも可能です。

 

水硬度はレベルチェッカーで測定することもできます。軟水で淹れたエスプレッソは飲みやすく、硬水で作るとコーヒー本来のコクがより強調された味になります。本場イタリアの水は硬水がほとんどで、エスプレッソを作る時には適しています。

 

コーヒー豆の挽き方も種類に合わせて変えてみると、より独特な味わいが楽しめます。このように気分に合わせて変えて自分に合ったエスプレッソを見つけてみるのも楽しめます。

 

バリエーション豊富な機能

デロンギのエスプレッソマシンにはエスプレッソだけでなく、普通のコーヒーやカフェラテなど豊富な種類のコーヒーを作ることもできます。

メニューの数で選ぶ

ふんわりとしたラテが作れるのもデロンギの人気の秘密です。オートタイプの作り方はとても簡単で、専用のタンクにミルクを入れセット、ボタンを押すだけでわふわのミルクラテが出てきます。残った牛乳はタンクごと冷蔵庫に保存することもできます。

 

成分無調整の3.0以上の新鮮なミルクで作るのがおすすめです。デロンギが推奨するミルクを泡のバランスの取れたラテが自動的に作ってくれるのです。セミオートでもピッチャーによく冷えたミルクを入れ、二重構造のミルクフロッサーがきめの細かいラテを造り出します。

 

コップに山盛りの氷を入れてエスプレッソを注げば、簡単にアイスコーヒーを作ることもでき、さらにラテを乗せれば人気のカフェにも負けない本格的なカフェラテが自宅で再現できます。

お手入れのしやすさで選ぶ

コーヒー豆やミルクを使うマシンは汚れてしまうこともあります。また清潔を保つことで長く使うことができるので、お手入れ方法の簡単なものは購入時のポイントになります。デロンギの抽出ユニットは簡単に取り外せて、丸洗いすることができます。

 

給湯口やミルクフロッサーにも石灰成分が付いてしまうと、故障の原因にもなります。専用の徐石灰材をタンクに入れて、マシンのジョセッカイという項目に合わせてスイッチを押すだけで自動的に洗浄してくれます。

 

定期的に行うのが大切ですが、万が一忘れてしまってもマシンが洗浄のサインを出してくれるので安心です

デロンギエスプレッソマシンの人気10選

第10位デロンギ

アイコナ エスプレッソ・カプチーノメーカー ECO310B

価格:22,439円(税込)

おしゃれで鮮やかな色合い

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イタリアらしくおしゃれで洗練さるた色使いが特徴のアイコナシリーズ。エスプレッソマシンとトースト、電気ポットも同じデザインで揃えることができます。レトロな雰囲気のデザインと鮮やかな色使いが、デロンギならではで目を引きます。

 

カフェポッドタイプですが、パウダー専用のホルダーが付いているので使い分けしながら使用できます。ホルダーの脱着も簡単にでき、2杯まで同時に作ることもできます。本体脇にミルクフロッサーも付きなので人気のカプチーノが簡単に作れます。

 

本体上部にカップウォーマーは、エスプレッソが出来上がるまでカップを温めておくことができます。冷たいカップに注いでしまうと、出来立ての温かいエスプレッソも冷めてしまいますが、この機能があればいつでも美味しく飲むことができおすすめです。

サイズ265×290×325mm本体重量4.0㎏
タンク容量1.4Lタイプカフェポッドタイプ
第9位デロンギ

コンビコーヒーメーカー BCO410J-B

価格:22,480円(税込)

一人3役の多機能

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格的なカフェに置いてありそうなデザインは、エスプレッソやラテはもちろんドリップコーヒーも作れてしまう万能なマシンです。エスプレッソはパウダータイプとカフェポッドの2種類を分けて使うこともできます。

 

このマシンの万能なところは、エスプレッソとドリップコーヒーが同時に作れてしまうのです。朝の忙しい時間でも、好みに合わせて入れたてのコーヒーを飲むことができます。ドリップコーヒーはデロンギ独自のフレーバー技術で香り高いコーヒーが味わえます。

 

カフェポッドは、デロンギが理想的なエスプレッソの味を出せるように粉の量や粒の度合いまで計算されつくしているので、簡単に本格的な味が出せるのです。

サイズ370×295×320mm本体重量5.0㎏
タンク容量1.2Lタイプカフェポッドタイプ
第8位デロンギ

エレッタ カプチーノ トップ コンパクト全自動エスプレッソマシン ECAM45760B

価格:161,999円(税込)

デジタルのタッチパネルが使いやすい

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デロンギの中で最も多くのメニューができ、好みに合わせてカスタマイズしながら作ることができる優秀なマシンです。エスプレッソの抽出量も調整できるので、大人数の時にも簡単に作ることができます。

 

2Lのタンクと370gの豆ホッパーとどちらも大容量。最大46杯分のコーヒーを一気に作ることもできます。ホームパーティなどで何杯でも飲むこともできます。エスプレッソの旨味とドリップコーヒーのすっきりした味を融合した日本限定のレギュラーコーヒーを堪能できます。

 

その名はカフェジャポネ。お湯を浸透する時間と蒸らす時間も微妙に変えているので、両方のいいとこどりを味わえます。常に88~96℃どコーヒーに適した温度でお湯を供給しているのも美味しさの秘密です。

 

サイズ260×360×460mm本体重量11.5㎏
タンク容量2Lタイプオートタイプ
第7位デロンギ)

コンパクト全自動コーヒーメーカー マグニフィカ S カプチーノ ECAM23260SBN

価格:87,710円(税込)

全てが万能なオートマシン

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

すっきりしたデザインながら、5種類のメニューが作れるオートタイプのマシンです。オート機能と豆を入れるだけで、豆挽きから抽出まで一気に行ってくれます。徐々に豆を挽くコーングラインダー方式を採用しているので、香りを逃すこともありません。

 

コーヒーパウダーを専用の機械に押し固めてから抽出していますが、9気圧と20秒という時間がエスプレッソを一番美味しく抽出してくれるのです。さらにレギュラーコーヒーやカフェジャポーネなど種類によって、お湯を浸透する時間と蒸らす時間を変えています。

 

このマシン1台で、エスプレッソからコーヒー、ラテまで計算されつくされた味を生み出してくれます。

サイズ238×350×430mm本体重量10㎏
タンク容量1.8Lタイプオートタイプ
第6位デロンギ

エスプレッソ・カプチーノメーカー EC200N-B

価格:25,200円(税込)

可愛らしいデザイン

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丸いフォルムが可愛らしいデザインのこのマシンは、プロ仕様のものと同じポンプ式を採用しています。エスプレッソに一番最適である9気圧と90℃の温度で抽出しているので、香を逃がすことがありません。

 

カフェポッドとパウダータイプの2つの抽出方から選ぶことができるので、お好みのエスプレッソを楽しむことができます。最後の使用から30分が経過すると、自動的にOFFにしてくれるので、うっかり切り忘れた時も安心です。

 

3.3kgとデロンギの中でも軽量なデザインは、収納時に場所を取ることもありません。比較的値段も手ごろなのもおすすめです。

サイズ240×280×320mm本体重量4.6㎏
タンク容量1Lタイプセミオート式
第5位デロンギ)

エスプレッソ・カプチーノメーカー EC152J

価格:9,797円(税込)

スタンダードなデザイン

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デロンギのエスプレッソマシンと言えばこのデザインが思い浮かぶほど人気のマシンです。無駄の無いデザインですが、機能は充実しており2杯分のエスプレッソを同時に作ることができます。

 

小ぶりながら1Lと大容量のタンクなので、ゆっくりした時間に何倍でも味わうことができます。コーヒーパウダーとカフェポッドの2種類から抽出方法も選ぶことができます。エスプレッソの抽出が真ん中にあるダイアル操作のみなので、誰でも簡単に使うことができます。

 

ミルクフロッサーも付いているので、ラテも手軽に作れます。スタンダードなデザインと充実した機能はおすすめのマシンです。

サイズ195×290×245mm本体重量2.8㎏
タンク容量1Lタイプカフェポッド
第4位デロンギ

デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー EC680M

価格:29,500円(税込)

スリムでスタイリッシュなデザイン

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルで洗練されたこのマシンは、横幅が15cmのスリムなボディが特徴的です。狭い隙間に置くことでもできるので、常に出していても邪魔になりません。スリムながら機能はきちんと充実しています。

 

9気圧のプロ仕様の抽出方法にプラスして、3段階の抽出量と温度設定が可能になります。美味しいエスプレッソを淹れるためには、コーヒー豆の量と挽き具合、コーヒーの粉の押し詰める具合のバランスで決まります。

 

20秒を目安としてカウントすると、より美味しいエスプレッソに仕上がり、短すぎも長すぎてもバランスが崩れてしまいます。

サイズ150×305×330mm本体重量4.0㎏
タンク容量1Lタイプカフェポッド
第3位デロンギ

アクティブ エスプレッソコーヒーメーカー ECO3220

価格:94,762円(税込)

無駄の無いデザイン

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デロンギでは色々なコンセプトのシリーズが販売されており、このアクティブシリーズは忙しい朝でも幸せにをテーマに作られています。1日の始まりでもある朝食はとても大切な時間です。

 

シルバーの他ホワイトとレッドの色違いもあり、キッチンに1台あるだけで目を引くマシンに作られています。デザインだけでなくプロ仕様のポンプ式抽出により本格的なエスプレッソが簡単に作れます。

 

簡単に取り外しができるタンクは、手軽に水洗いすることもできます。いつでも清潔に保てメンテナンスも楽できます。

サイズ210×310×265本体重量4.0㎏
タンク容量1.1Lタイプカフェポッドタイプ
第2位デロンギ

コンパクト全自動コーヒーメーカー マグニフィカS ECAM23120BN

価格:66,829円(税込)

シンプルなデザインで多機能

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オートタイプのマシンは、豆挽きから抽出までをボタン一つで行ってくれエスプレッソはもちろんカフェジャポーネまで作れます。オートとは思えないほど全ての工程を丁寧に作るので美味しく仕上がるのです。

 

挽いたコーヒーの粉は何かとゴミが溜まりやすいですが、デロンギのエスプレッソマシンは、機械の形のまま固めてくれるので、汚れる心配もなく簡単に捨てることができます。最初から最後までパーフェクトにこなしてくれるのがデロンギです。

 

一見操作が難しそうに見えるオートマシンですが、とても簡単に使うことができます。デザイン操作ともにシンプルな所も、長年に渡り人気の秘密なのです。

サイズ238×350×430mm本体重量9.0㎏
タンク容量1.8Lタイプオートタイプ
第1位デロンギ

全自動コーヒーメーカー マグニフィカ ESAM03110B

価格:44,057円(税込)

洗浄までを一つのボタンで行う

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豆挽きから最後の洗浄に至るまで、全てオートで行うのがこのマシンの凄いところです。手動でする動作と言えば、豆を入れ最後に塊になったコーヒーを取り出すだけ。好みの抽出量と温度設定をすれば、本場イタリアの味が自宅で味わうことができます。

 

デロンギが薦める香り高いエスプレッソとは、9気圧で抽出し90に設定、20秒の抽出時間で30CCの量を67℃前後が一番美味しいとされています。また、好みや気分で変えることができるのもエスプレッソマシンの良さでもあります。

 

エスプレッソやカフェジャポーネ、カフェラテなどトッピングなどを加えればカフェにも負けないオリジナルを作ることができます。是非デロンギで挑戦してみてください。

サイズ280×365×425mm本体重量10.5㎏
タンク容量1.8Lタイプオートタイプ

まとめ

1台のエスプレッソマシンで何通りものメニューができる楽しみもあります。マシンの値段はコーヒーメーカーなどに比べると高いですが、1杯あたりの値段にするとコンビニで購入するよりも安くなりお得にり、購入時の目安にしてみてください。