【2021年最新】オンロードブーツおすすめ10選|夏に使うなら通気性もチェック!

普段の街乗りから高速道路まで幅広く活躍するオンロードブーツ。バイク用ブーツは種類が多く、どれがオンロードブーツなのか見分けがつかない方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、オンロードブーツの選び方とおすすめ商品10選を紹介します。

2021/05/04 更新

バイクは車と違い、体の周りにドアや窓がありません。ライダースーツやヘルメットには気を使うのにブーツは適当に選んでいませんか?オンロードブーツは、街乗りからツーリングまで幅広い用途に活用できて、さらに万一のときは足を守る役目も担います。

 

しかし、バイクブーツと言っても種類が多く、レーシングブーツやライディングシューズなどさまざまな呼び名で売られているので迷ってしまいがちです。また、ワークマンなどでもバイク用シューズは販売されてますが、安全にバイクに乗るためにも自身に合ったオンロードブーツを選ぶことが大切です。

 

そこで、この記事ではオンロードブーツの選び方と、安全性を重視して厳選したおすすめ商品10選を紹介します。メンズはもちろんのことレディース向けの商品もあるので、ぜひ最後まで読んで役立ててください。

今すぐ見る!オンロードブーツのおすすめ10選

オンロードは舗装された道のことで、オンロードブーツは舗装された道を走るときに使用するバイクブーツです。オンロードと名がつくと特別なブーツに思われがちですが、実際は街中や高速道路など一般的な道路のことなので難しく考える必要はありません。オフロードと他のバイクブーツにはどんな違いがあるのかを詳しく見てみましょう。

カジュアルから本格派まで揃うオンロードブーツ

オンロードブーツはカジュアルなデザインから、ライダースーツにマッチする本格派まで種類が豊富に揃っているのが特徴です。メーカーによっては、ライディングシューズ・ライディングブーツなどの商品名で販売されているものもあります。バイクに乗ることを重視して選びたいのであれば、防御性と操作性に優れているかを確認しましょう。

過酷な環境でも安全なオフロードブーツ

オフロードブーツは、オフロード(林道や舗装されていない道路)を走ることを前提に設計されたブーツです。主に自然の中をバイクで走る場合オンロードよりも危険を伴う走行になるため、防御性に優れている特徴があります。ただし、歩くための靴としては不向きです。オフロードの環境でツーリングを楽しみたい方はこちらもチェックしてください。

普段使いは難しい専用装備!レーシングブーツ

レーシングブーツは、主にサーキット走行で使用するブーツです。高速でのコーナリングやハングオンなどにも適応できるよう頑丈に作られています。用途はバイク専用となり、歩くことを前提にはしていないため普段使いには不向きです。ツーリング用のバイクブーツをお探しの方には、今回紹介するカジュアル目なオンロードブーツをおすすめします。

今すぐ見る!オンロードブーツのおすすめ10選

初めてオンロードブーツを選ぶのであれば、次に紹介する3つのポイントをしっかりチェックしてください。失敗なく選ぶためであり、安全にバイクに乗るためにも大切なことです。それぞれくわしく紹介しますので参考にしてください。

サイズを知るためにできればフィッティングがおすすめ

オンロードブーツはバイク用品を扱うメーカーや、シューズメーカーなどでも発売されていますが、サイズ表記が同じでもメーカーによって規格が異なります。また、足のサイズ・甲の高さ・横幅は個人差があるので、失敗したくないのであれば購入前のフィッティングは必須です。

 

また、普通の靴とは違うため、歩きやすさではなく操作性をチェックしてください。実際にフィッティングして自分の足に合うメーカーがわかっていれば、後からネットで購入する方法もありです。お店まで行けない場合は、レビューを参考にしましょう。

使用シーンによってシューズの丈を選ぶ

オンロードブーツは筒丈でも使い勝手は変わります。また、使用シーンでも向き不向きがあるのでしっかりと見極めることが大切です。

ショート・ミドル丈

ショートやミドル丈のオンロードブーツは、ライディングシューズとも呼ばれています。スニーカーのようにくるぶしまでのものがショート丈足首が隠れるハイカットタイプがミドル丈です。ショート丈は着脱がしやすい反面足首は守れません。ハイカットは足首を保護できますが、着脱がしやすいかどうかをチェックしましょう。

ロング丈

ロング丈のオンロードブーツは、ライディングブーツとも呼ばれます。脛が隠れるくらいの丈なので着脱には不便に感じるものの、転倒した際や事故に遭った場合を考えると防御製の高いロング丈がおすすめです。より安全性や防御性を重視したいのであれば、プロテクターの有無も確認しておきましょう。

機能性で選ぶ

オンロードブーツを選ぶ際は、機能性も重要です。ただし、シーンによって必要な機能は変わりますので、ライフスタイルに合わせて必要な機能を見極めてください。

防水の必要性は用途によって変わる

雨の日にバイクに乗らない方には防水性は必要ありません。ただし、天候に関わらずバイクが必須な方は、防水性をチェックしてください。防水性が高いほど水には強くなりますが、蒸れやすいことも留意しましょう。長時間のツーリングでは、通気性もチェックしておくと安心です。

夏場も快適に使いたいなら通気性をチェック

オンロードブーツは防御性を重視すると蒸れやすい傾向が見られます。夏場も快適な走行を楽しみたいのであれば、一部がメッシュ素材になったものや通気性が確保された商品を選びましょう。長時間のツーリングには快適な走行を可能にしたブーツを選んでください。

ソールの厚み

身長が高い方は信号で止まったときバイクにまたったままでも地面に足がつきますが、小柄な方はギリギリだったりまたがったままでは足がつかないので危険です。この場合はソールの厚みでカバーできます。ただし、ソールが厚くなるほどブレーキング感覚が鈍くなるので注意が必要です。

GAERNE(ガエルネ)

ToughGear

価格:22,000円 (税込)

ワンタッチでロック&リリースが可能

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ショート丈ですが、ブーツの後方からくるぶしまでをしっかりとホールドしつつ、シャーリング加工を施し運動性も高めています。外装のマイクロファイバー合成皮革は、本革のような質感がありながら慣らし不要で快適なは着心地を実現しているのもポイントです。バックル式は紐を巻き込む危険がなく、ワンタッチでロック&リリースが可能。着脱しやすさを重視したい方にもおすすめです。

メーカー GAERNE(ガエルネ) 商品名 ToughGear
素材 外装:合成皮革/内装:ポリエステルメッシュ ソール ビブラムブロックソール
防水性 - 通気性 -
サイズ 23.5~28.5cm
Alpinestars(アルパインスターズ)

SMX-6 BOOT

価格:48,600円 (税込)

柔軟性と安全性に優れたオンロードブーツ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バイカーに人気のメーカーから選びたい方には、アルパインスターズのオンロードブーツをおすすめします。バイク用に設計されているので、操作性・防御性ともに優れており、ライダースーツに合うようデザインされているのもポイントです。履き口は大きく開くので着脱がしやすく伸縮性ジッパーを採用するなど履き心地も考えて作られています。ベルクロタブはロックできるので安心です。

メーカー Alpinestars(アルパインスターズ) 商品名 SMX-6 BOOT
素材 マイクロファイバー合成皮革 ソール -
防水性 通気性 -
サイズ 24cm~29.5cm
KADOYA(カドヤ)

K’S LEATHER

価格:26,180円 (税込)

レディースにおすすめのオンロードブーツ

Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらはレディース用のオンロードブーツです。一見普通のブーツに見えますが、つま先を12.5mm、かかと部分を25mm厚くしています。厚底でも操作性に影響しないよう設計されているので安心です。足首部分にはシャーリング加工を施し、運動性も高められています。デザイン性も考えてオンロードブーツを選びたい方にもおすすめです。

メーカー KADOYA(カドヤ) 商品名 K’S LEATHER
素材 表/オイルカウ2.2mm厚・裏/マリーク ソール トレックバイカーズソール
防水性 - 通気性 -
サイズ 22.5~24cm
RSタイチ(アールエスタイチ)

 006 DRYMASTER BOA

価格:18,018円 (税込)

着脱性に優れた使い勝手のいいライディングシューズ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水性と透湿性を兼ね備えた独自システムを採用しているので、長時間の使用でも快適に使えるのがポイントです。オリジナルソールはグリップ性に優れており、かかと部分には衝撃吸収材を採用しています。また、つま先・外側・ヒール・くるぶし部分に整形プロテクターを配置したことで防御性もアップ。走行時だけでなく歩行時まで幅広く活用できます。

メーカー RSタイチ(アールエスタイチ) 商品名 006 DRYMASTER BOA
素材 合成皮革・牛革・ナイロン(表地)、ドライマスターインサート・ポリエステル(裏地) ソール オリジナルソール
防水性 通気性
サイズ 23~29.5cm
AVIREX(アヴィレックス)

AV2100 YAMATO

価格:18,700円 (税込)

アメリカンカジュアルにマッチ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フライトジャケットでおなじみのアメリカンカジュアルブランドが、バイカー向けにデザインしたブーツです。レザーの高級感はライダースーツにもマッチします。ハイカットですが、サイドジッパーと履き口の後ろにあるプルタブ着脱も簡単です。ただし。この商品は靴ひも付きなので走行中はほどけることがないように注意してください。

メーカー AVIREX(アヴィレックス) 商品名 AV2100 YAMATO
素材 レザー ソール ラグソール
防水性 - 通気性 -
サイズ 22~28cm
KUSHITANI(クシタニ)

アドーネシューズ K-4575

価格:27,500円 (税込)

スピードレースで着脱が簡単

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レザーの質感がおしゃれで、くるぶしにはプロテクターを採用しています。さらに、踵にもTPRプロテクターを配置しているので防御性を重視して選びたい方にもおすすめです。防水性があるので雨の日も安心。国産ということもあり、日本人の足に合うようデザインされているのもポイントです。

メーカー KUSHITANI (クシタニ) 商品名 アドーネシューズ K-4575
素材 レザー ソール -
防水性 通気性 -
サイズ 23~28cm
ELF(エルフ)

バイクシューズ EXA11

価格:8,279円 (税込)

スニーカー感覚で履けるカジュアルなバイクシューズ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

紐付きですが、シューレスストッパーを採用しているので、着脱の度に紐を結ぶ必要はありません。また、ベルトストッパーを採用したことで、シューレス先端を固定できるため、走行時に紐が絡むリスクを軽減しています。つま先部分には耐摩耗性合成皮革を採用し、つま先の摩耗を防げるのもポイントです。

メーカー ELF(エルフ) 商品名 バイクシューズ EXA11
素材 人工皮革(通気機能)+合成皮革+合成樹脂+ナイロン ソール E.V.A.コンプレッション(内蔵)+ラバー(防滑・耐油配合)
防水性 - 通気性 -
サイズ 23~28cm
Daytona(デイトナ)

HBS-003 96972

価格:11,472円 (税込)

ライディングから歩行まで幅広く対応

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本革ブーツを選びたい方におすすめの本革ブーツです。オーソドックスなデザインは街乗りからツーリングまで幅広いシーンに活躍します。ただし、レースアップなので紐が絡まらないよう注意してください。防水機能はありませんが、専用撥水レザークリームで対処できます。摩耗が気になるのであれば、シフトパッドを別途取り付けるといいでしょう。

メーカー Daytona(デイトナ) 商品名 HBS-003 96972
素材 アッパー部分:牛革、内装:ポリエステル、ソール部分:合成ラバー ソール -
防水性 - 通気性 -
サイズ 23.5~28cm
KOMINE(コミネ)

FTCライディングシューズ BK-061 449

価格:8,788円 (税込)

ペダル操作性に優れたライディングシューズ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

STCライディングシューズの後継モデルは、つま先の高さを抑えよりペダル操作性が向上しています。つま先部分にはFRP製トゥーキャップを採用することで、薄くなった分の強度を高めているのもポイントです。スニーカー感覚で使えるバイクシューズが欲しい方にも満足度は高いでしょう。

メーカー KOMINE(コミネ) 商品名 FTCライディングシューズ BK-061 449
素材 - ソール -
防水性 通気性
サイズ 23~30cm
Henly Begins(ヘンリービギンズ)

ライディング シューズ HBS-001

価格:6,379円 (税込)

つま先に鋼鉄製芯を採用

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一見するとスニーカーに見えますがつま先の鋼鉄製芯により、耐圧迫性・耐衝撃性に優れているのがポイントです。また、シフトパッド付きで靴へのダメージも軽減できます。ハイカットタイプですが、面ファスナーが付いているので着脱がしやすく、ソールのグリップ力が高いので安定したライディングが可能です。

メーカー Henly Begins(ヘンリービギンズ) 商品名 ライディング シューズ HBS-001
素材 ポリウレタン合成皮革(PU) ソール -
防水性 - 通気性 -
サイズ 25~28cm

オンロードブーツは、街乗りからツーリングまで幅広いシーンに活躍してくれます。多少歩きにくさがあるものの、安全にバイクに乗りたいのであればしっかりと見極めることが大切です。ぜひ紹介した選び方とおすすめ商品を参考にして、安全に快適な走行を楽しんでください。