記事ID133586のサムネイル画像

    オーディオテクニカ ATH-AVC200 ヘッドホンの口コミレビューまとめ

    オーディオテクニカ ATH-AVC200 ヘッドホンの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、オーディオテクニカATH-AVC200 ヘッドホンがどんな人におすすめなのかを評価しました。

    オーディオテクニカ ATH-AVC200の商品情報

    オーディオテクニカ ATH-AVC200の基本スペック

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

    オーディオテクニカ ダイナミックヘッドホン ATH-AVC200

    価格:1,316円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーオーディオテクニカ(Audio Technica)商品名オーディオテクニカ ダイナミックヘッドホン ATH-AVC200
    タイプオーバーヘッド装着方式両耳
    構造密閉型(クローズド)プラグ形状標準プラグ/ミニプラグ
    コード長(m)3 mその他機能-

    オーディオテクニカ ATH-AVC200のイヤーパッド

    Vmota

    イヤーパッドearpads修理革耳クッション修理部品オーディオテクニカath-t200 ath-t22 ath-t2 ath-t300 ath-t400 ath-t200av ath-avc200ヘッドホン(earmuffes)ヘッドセット(ブラック) Audio Technica(1対)

    価格:1,198円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    イヤーパッドが古くなった場合は交換できます。ただしATH-AVC200は低価格品のため交換用イヤーパッドと値段があまり変わらないので意味は無いかもしれません。

    オーディオテクニカ ATH-AVC200のおすすめポイント

    クリアなサウンド

    ATH-AVC200は高音質な40mmのドライバーでクリアな音を実現しています。

    アジャスタブルヘッドサポートを搭載

    ATH-AVC200はヘッドバンドの内側に、頭に当てる「アジャスタブルヘッドサポート」があります。これにより長時間でも快適に音楽を楽しめます。

    大型ヘッドバンドを採用

    ATH-AVC200は大型のヘッドバンドを採用し、これにより自然な装着感を維持することができます。

    オーディオテクニカ ATH-AVC200の徹底レビュー (評価・口コミ)

    オーディオテクニカ ATH-AVC200の悪い点をレビュー

    音がこもる

    ATH-AVC200は音がこもるという指摘が多くあります。開放型ヘッドホンに比べて音がこもるのは密閉型ヘッドホンの特徴ですが、ATH-AVC200は低価格品のため対策があまり施されて無いのでしょう。

     

    同じ低価格帯でもパイオニアの方が良いという指摘が複数見受けられ、100円ショップのイヤホンの音、飛行機のエコノミーで配る物と同レベルといった酷評も見られます。

    低音が出ていない

    ATH-AVC200は低音が出ていないと言う指摘がいくつか見られます。ATH-AVC200を安いから仕方がないと擁護している人でもこれについては認めていて、グラフィックイコライザーで調整しましょうと記述しています。

    締め付けがきつい

    ATH-AVC200の締め付けがきつく、長時間使うと頭が痛くなるというレビューが見受けられました。密閉型の特徴ですが、低価格ヘッドホンのため余り対策をしてないのでしょう。

    重い

    ATH-AVC200が重いという声があります。パソコンで動画を長時間見るには適していないと言われています。ATH-AVC200の重さは210gでヘッドホンとしては特に重い方ではないですが、低価格帯のため初めてヘッドホンを使う人の場合、そう感じるのかもしれません。

    オーディオテクニカ ATH-AVC200の良い点をレビュー

    装着しやすく軽くて疲れない

    ATH-AVC200の着け心地はこの価格帯でダントツで良いと評価されています。これで長時間ゲームをしていても耳や頭が痛くならないとのことです。

    値段相応の音が出ている

    ATH-AVC200の音を酷評する人もいますが、千円台のヘッドホンとしては十分であるという意見も多く見られます。フラットな音と評価されています。本格的に音楽を聴くのには向きませんが、テレビ視聴で利用するには十分と言われています。

    ケーブルが長い

    ATH-AVC200のケーブルは3mとかなり長くなっています。テレビを少し離れた位置で見るのに便利と好評です。ただし、長いと断線の不安があるという指摘もあります。

    オーディオテクニカ ATH-AVC200の口コミを集めました

    音質に拘らず、音や言葉が聞こえれば良いというチョイスなら問題ない製品です。
    音が籠もっている・・というか、アタックが削げた音です。
    イコライザーの3~8KHz辺りを持ち上げるとスッキリした音になります。

    出典:https://review.kakaku.com

    ATH-AVC200の価格なら、聞こえればよい、でいいかもしれませんね。音がこもっているとよく言われていますが、アタックが削げた音という表現の方がよりわかりにくく感じます。イコライザーについては参考になりますね。

    とりあえず自分にとっては満足できるヘッドホンでした。
    これで満足できない人は、同じオーテクのATH-AP2000TI とか買った方がいいと思います。
    そっちならきっと満足するでしょう。
    安いヘッドホン探してる人が何万もするヘッドホンを選ぶとは思えませんがね。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    ATH-AP2000TIは12万円もする高級ヘッドホンです。文句を言う人もそれなら満足できるのでしょうね。ATH-AVC200のような千円台のヘッドホンを買って音にケチをつけるのがおかしいと言えば確かにそうかもしれません。

    イコライザーが有るのなら聴けるレベルにはなります。
    先ずベースラインが全く聞き取れませんので上げましょう。
    次にボーカルが奥に引っ込んでるのでこの付近も少し上げましょう。
    これで2,000円の音はすると思います。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    イコライザーの調整のコツは参考になりますね。二千円の音という表現は、それが良い音なのかどうかよくわかりませんが。

    PioneerさんのSE-M531のほうが重低音が良く響きます。値段も変わりせんしね。
    重低音が好きな方にはオススメできないかと思います。比較的フラットに高音域から低音域まで出します。あと皆さん仰られる通り音がこもり気味ですね。
    SE-M531と音を比べた感じは乾いた音になり、重低音が薄くなります。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    パイオニアのSE-M531はATH-AVC200より少し高いのですが、そちらの方が音が良いとのことです。

    値段相応の音は出している。
    何より良いのが着け心地がこの価格帯ではダントツ。この値段のヘッドホンなんてどれでも大して音変わらないんだから着け心地で選んだ方がいいと思う。

    出典:

    これは正論に感じますね。ATH-AVC200の価格帯なら音はどれも期待できないので、着け心地重視というのは納得できます。

    テレビ見る用だから音質なんかどうでも良いと思って買ったけど、やっぱり音酷すぎ。
    かけ心地は良いけど音悪すぎて使うのが嫌になる。ゴミ箱行きです。
    ANA のエコノミーで配ってる糞ヘッドホン並です。ブランドの恥だろ。
    安物だって心意気見せてくれれば次も、てなるのに。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    これが一番の酷評に感じます。確かに安くても良い音であれば、もっと高いのを買えばさらに…という気持ちにもなるかもしれませんが、これで十分と思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

    長時間ゲームをしていても(5時間以上...汗)
    頭や耳も痛くなりませんし使い心地も良いです。
    音も普通によく聞こえます。とても満足しています。

    出典:https://www.biccamera.com

    ATH-AVC200は長時間の使用にも十分耐えられるようですね。

    音質ですが、若干ノイズがかかっているような印象を持ちました。高音のキンキンした響きはなく、良くも悪くも落ち着いた音です。
    が、個人的にはパイオニア製品の方がクリアに聞こえました。

    出典:https://www.yodobashi.com

    ATH-AVC200よりパイオニアのヘッドホンの方が良いという意見は複数見られました。

    オーディオテクニカ ATH-AVC200の関連商品と比較する

    オーディオテクニカ ATH-AVC200 と ATH-AVC300 の違い

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

    オーディオテクニカ ヘッドホン アラウンドイヤー型/ダイナミック ATH-AVC300

    価格:2,168円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ATH-AVC300はATH-AVC200と同時に発売されたオーディオテクニカの密閉型ヘッドホンです。

     

    違いとしては、ATH-AVC300はCCAWボイスコイルドライバーを搭載していることです。これによりATH-AVC200より優れた音を楽しめます。数字スペックとしては再生周波数帯域がATH-AVC200の20Hz~22kHzに対し、ATH-AVC300は18Hz~22kHzとなっているので、より優れた低音を体験できるのでしょう。

     

    それ以外ではイヤパッドが変わっています(別売りのイヤパッドも200と300では個別の製品になっている)。ATH-AVC200のフィット感も好評でしたが、ATH-AVC300はさらに改善されているのでしょう。メーカーのサイトでもATH-AVC300の方だけイヤパッドをアピールしています。

     

    実勢価格はATH-AVC300の方が高くなっていますが、それでも二千円台です。

     

    結論としては、千円台でヘッドホンを購入したい人はATH-AVC200を、二千円台でも良ければATH-AVC300を購入すると良いでしょう。

    オーディオテクニカ ATH-AVC200 と ATH-AVC500 の違い

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

    オーディオテクニカ ダイナミックヘッドホン ATH-AVC500

    価格:5,140円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ATH-AVC500はATH-AVC200と同時に発売されたオーディオテクニカの密閉型ヘッドホンです。

     

    違いとしては、ATH-AVC500は53mmのCCAWボビン巻きボイスコイルドライバーを搭載していることです。ATH-AVC200のドライバーが40mmのため音質は格段に向上していることになります。数字スペックもかなりの差があって、再生周波数帯域がATH-AVC200の20Hz~22kHzに対し、ATH-AVC500は10Hz~25kHzと音域が広くなっています。最大入力はATH-AVC200の500Wに対しATH-AVC500は1800Wと大迫力サウンドを楽しめます。

     

    またATH-AVC500はアルミニウムハウジングフリーアジャストヘッドサポートを採用し、ハードウェア面でかなりの違いが見られます。ヘッドバンドの見た目もATH-AVC500はATH-AVC200とだいぶ違います。

     

    ただ、口コミではATH-AVC500はそれほど評価は高くはありません。これは価格が中途半端に高くなっているため、さらに上のヘッドホンと比較されてしまうからでしょう。ATH-AVC500の実勢価格は五千円台程度なのですが、それでもミドルエンドと見做されれば、他のミドルエンドやハイエンドのモデルと比較されてしまいます。

     

    結論としては、千円台でヘッドホンを購入したい人はATH-AVC200を、五千円台でも良ければATH-AVC500を購入すると良いでしょう。

    オーディオテクニカ ATH-AVC200の総合評価

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

    オーディオテクニカ ダイナミックヘッドホン ATH-AVC200

    価格:1,316円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    オーディオテクニカ ATH-AVC200 ヘッドホンついて、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

     

    ATH-AVC200の概要は以下になります。

     

    アジャスタブルヘッドサポートにより快適なフィット感で音楽を楽しめること。

    ケーブルの長さが3mと長く、テレビ視聴には便利であること。

    実勢価格が千円台とヘッドホンでは最も安い価格帯であること。

    口コミでは安いだけに音質についての不満も出ているものの、この価格では十分の性能という評価も多く見受けられること。

     

    以上のことから、

     

    ・とにかくリーズナブルな価格のヘッドホンを求めている人

    ・安かろう悪かろうではなく、それなりの音質で音楽を楽しみたい人

     

    そういった方々には是非、このATH-AVC200をおすすめしたいと思います。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ