記事ID133554のサムネイル画像

    BenQ MS531 プロジェクターの口コミレビューまとめ

    BenQ MS531 プロジェクターの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、BenQ MS531 プロジェクターがどんな人におすすめなのかを評価しました。

    BenQ MS531の商品情報

    BenQ MS531の基本スペック

    ベンキュージャパン

    BenQ プロジェクター MS531 スタンダードモデル DLP/SVGA/3300lm/2.4kg/15000:1

    価格:0円(税込)

    Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーベンキュー(BenQ)商品名MS531
    用途ビジネス用パネルタイプDLP
    最大輝度3300lm映像入力端子ミニD-sub 15ピンx2、Sビデオ端子x1、ビデオコンポジット端子(RCA)x1、HDMI端子(v1.4a)x 2、オーディオミニジャックx1
    サイズ332.4×99×241.3mm重量2.4kg

    おすすめ電動スクリーン

    いいホームスタイル

    安心のブランド【OSスクリーン】OS オーエス 100インチ 電動スクリーン SEC-100HM-R2-WG(アスペクト比16:9)

    価格:76,334円(税込)

     楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    BenQ MS531のおすすめポイント

    3,100lmの高輝度で明るい部屋でも見やすい

    BenQのプロジェクターの中でも3,100lmはかなり明るいプロジェクターです。高輝度が高いと明るい部屋でも明るく照らしてくれるので、完全に部屋を暗くできないという場所でも快適にお使いいただけます。


    例えば学校などの広い教室などでカーテンだけをひいて学習するのに使った時などにも、後ろの席に座っている生徒まで見えるので用途が広がります。高いコントラストで文字も画像もにじまずハッキリ見えるのも好評です。


    しかも台形補正機能も縦方向で±40度なのでゆがみが少なく見やすいプロジェクターです。

    標準で最大4,500時間の長寿命ランプ

    非常に耐久性が高くランプの寿命が長いのも特徴です。標準モードで使用した場合は最大でおよそ4,500時間もの長時間交換無しで使う事ができます。エコノミーモードにすれば最大およそ6,000時間もお使いいただけます。


    スマートモードにすればさらに最大でおよそ10,000時間も使う事ができます。これだけ長寿命であれば頻繁に交換する必要がありません。ランプも決して安いものではありませんから、長寿命のランプが搭載されているのは助かります。


    特に会議などでお使いの場合は頻繁に使うので、ランプの交換頻度を下げる事でコストの削減にもつながります。

    各種端子が付いている

    BenQ MS531は端子の種類も多いのが特徴です。入力端子ではHDMIの端子は2か所、ミニD-sub15ピンも2か所、Sビデオ端子は1か所、ビデオコンポジット端子が1か所ついています。


    入力端子だけではなく出力端子もついています。出力端子はミニD-sub15ピンが1か所ついています。パソコンを複数台接続してプレゼンを行う事もできますし、さまざまなコンテンツに活用する事ができます。


    解像度も高いのでビジネスや学校などで使用するだけではなく、プライベートでもお使いいただけるのではないでしょうか。

    3Dコンテンツが楽しめる

    プロジェクターの中でもあまり3D映像を楽しめるものって少ないのですが、BenQ MS531は3D映像にも対応しているので、3D専用眼鏡を使って映像を楽しむ事もできます。


    ビジネスであまり使わないものでは?と思われるかもしれませんが、例えばプレゼンなどを使って立体的に完成予想画像をご覧に入れる時に使うと、参加された方々もイメージがしやすく、上手にアピールする事ができます。


    ちょっとした工夫で受注をとれるなら決して不要な機能ではありません。むしろ率先して取り入れるべきではないでしょうか。

    BenQ MS531の徹底レビュー(評価・口コミ)

    BenQ MS531の悪い点をレビュー

    詳しい説明書が欲しい

    説明書があまり詳しく説明されていない事が指摘されていました。特にランプの寿命で交換しようと思ったけれど、BenQの別の機種と違う場所にランプが取り付けてあったので、交換する時にどこかわからず手間取った方もいるようです。


    ランプの位置などがマニュアルに記載されていなかったようなので、この部分がもっとちゃんとに説明してあれば良かったと考える方もおられるようです。

    サイズが若干大きい

    プロジェクターが小型化されつつある中で、BenQ MS531のプロジェクターはやや大きめだと感じる大きさのようです。ただ冷却の意味があって空洞部分が多くなっている可能性が否定できないので、お使いの方は大きくても満足度は高めです。


    実は悪いレビューがあまりないのがこのBenQ MS531のプロジェクターの特徴です。サイズの事は本体だけではなくリモコンについてもあるようです。リモコンに若干厚みがあるという事で、持ちやすくなったと感じたりする方もそうでもない方もいらっしゃるでしょう。

    やっぱり暗くした方が見やすい

    3100lmという高輝度なので昼間でも明るい室内でも見やすいという事ですが、やはり晴れた日の明るい日中の場合は多少見にくいと感じるのは否めません。そのため晴れた日の日中にお使いになる時には、若干カーテンをひいて室内を暗くする事で見やすくなるようです。


    もちろん部屋の向きなどによっても変わってくるでしょう。南向きの明るい部屋でお使いになる場合は、やはりカーテンを使った方が良いですね。逆に北や西向きの室内であれば、明るい時間帯に使ってもはっきり見えるかももしれません。

    BenQ MS531の良い点をレビュー

    実際にお使いになっている方の多くが口をそろえて言っているのが「画質がキレイ」というのと「後ろからでも見やすい」という感想でした。高コントラストでハッキリと見えるだけではなく、やはりそれまで使っていたプロジェクターより明るいというのが関係しているようです。


    以前お使いになっていたプロジェクターよりも良いと感じたのも、高輝度が格段に上がっているという点も強く関係しているようです。学校の教室など広い場所でお使いになる時にその違いを実感できるようです。


    なので特に大きな場所でハッキリ見えるプロジェクターが欲しいという方に合っているようです。

    価格が安い

    BenQ MS531は手軽に大画面で映像や画像などを楽しめるプロジェクターです。しかも3,100lmという明るさと高コントラストで文字や画像、映像などもハッキリと見えるフルHDでありながら、かなり価格が安いのも特徴の一つです。


    色再現性についてはフルカラー約10億7,000万色と、まるで自分の目で実際に見ているかのような色合いが楽しめます。色にはモードがあってお好きなモードで楽しむ事もできます。自由度が高いプロジェクターですね。

    3D映像を楽しめる

    BenQ MS531は3D映像を楽しむ事ができるプロジェクターです。ビジネス用や学校の授業に使われる事も多いのですが、高解像度で高コントラストなのでプライベートでも映像を楽しめます。


    別売の3Dメガネを使えば臨場感あふれるダイナミックな映像を楽しむ事ができます。ただし内臓されているスピーカーではなく外部のスピーカーにすると、より臨場感を楽しめるでしょう。

    BenQ MS531の口コミを集めました

    MH530の後継機と言われてますが、全く別物でした。本体のデザインが一回り大きくなって、ツルツルの外装がザラザラのテクスチャがついて高級感が出てます。大きくなったからかだいぶ静かになりました。リモコンが見た目そっくりでボタン機能、配置等変更になってます。オンオフが別ボタン化したのが大きな変更に感じました。投影にも少し変更があり、画面の外も余白みたいななにも映っていない投影部分があります。うっすらと写ってるだけなので視聴に影響はないですが、、、余計な光のような気がします。そうとう明るく静かになってしかも安いのでプロジェクター初体験の人はハマること間違いないでしょう

    出典:https://www.amazon.co.jp

    安い価格なのに満足度が高いプロジェクターとして気に入られているようです。音も静かで初めてプロジェクターを購入される方におすすめのプロジェクターだという事がわかります。大画面で映像を楽しみたいという方は検討してみてはいかがでしょうか。

    ノートパソコンのプライムビデオをプロジェクター用壁紙の壁に映して見ています。100インチにしても、部屋を暗くすると結構明るく見えます。ファンの音もほとんど気になりません。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    こちらの方はビジネス用としてお使いのようです。音が静かなのがやはり好印象のようです。確かに音が大きいと会議に集中ができない事もありますよね。静かなプロジェクターをお探しの方の購入材料としては大きいかもしれません。

    仕事でセミナーを行うのに購入。30人近くで見たが後ろから見ても問題なく見ることが出来た。また、部屋を暗くすることなく使えたので会場の照明等気にしなくていいのも良かった。動作音も静かで画質も良く文字もはっきり見えた。投影の調節も簡単だったので購入して良かった。ただ、使用後かなり熱くなるのでその点は注意。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    比較的大きな会場であっても明るさがあるので後ろの席の方にもよく見えたと好評です。部屋を暗くしない状態で使うとどうしても文字がぼやけることがありますが、BenQ 531は文字もくっきりと見えたようです。プロジェクターをお探しの方には最適でしょう。

    明るく映像もくっきりです。DVDでは情報不足で最近はレンタルビデオも積極的にブルーレイを選ぶようになりました。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    こちらの方はご自宅で映像を楽しむためにお買い求めになったようです。高輝度が高いので明るくて映像がハッキリと見えて満足していらっしゃいますね。ホームシアターとしてもこれだけの高輝度があれば気が散る事なく臨場感のある映像を楽しむ事ができるでしょう。

    初めてのプロジェクターを購入しました。価格的に購入しやすかったです。内臓のスピーカーは迫力がないので、他のスピーカーで聞いています。画像などきれいに映りました。満足です。ありがとうございます。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    こちらもホームシアター用としてお買い求めになったようですね。画像はとてもきれいに映るようですが、やはりより臨場感を得るためには外付けのスピーカーが良いようです。

    この製品にAmazon Fire TV StickとPS4を接続して大画面で映画やゲームを楽しんでいます
    会議用に持ち運ぶにはちょっと重い気がしますが、定点に設置するのであれば十分な性能だと思います

    出典:https://www.amazon.co.jp

    BenQ 531はゲーム用としてもラグを感じる事なく楽しめるようです。大画面だと映画館で見ている感覚になります。自分だけの楽しい時間を過ごす事ができるのも良いですね。

    大き目の会議室での利用を想定して購入しましたが、この値段ならコスパ良好です。本体が大きいのが気になる方にはおすすめできませんが、放熱性等を考えればこれ位の方が負担は軽いのでしょう。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    BenQ 531は大画面で映像を楽しみたいという方におすすめできるプロジェクターです。ゲームや動画などを楽しみたい方が購入されていますが、若干サイズが大きめなので置く場所に困ってしまうとい場合には向かないかもしれません。その場合はもう少し小さいサイズのプロジェクターの購入を検討されると良いでしょう。

    ホームシアター用に購入しました。はじめてプロジェクターを買ったので、他の機種との比較はできませんが、とても満足しています。個人的には、プロジェクターはこのレベルで十分で、あとはスピーカーをより充実させたいと思っています。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    誰もが映画館のような臨場感を味わいたいと思うものですが、自宅でそれを実現するためにはプロジェクターが一番です。BenQ 531は映画だけではなくゲームにも使えるほど解像度が高いので、初めてのプロジェクターとしても最適です。さらに価格が安いというのもおすすめポイントですね。

    BenQ MS531の関連商品と比較する

    BenQ MS531とMS550の違い

    ベンキュージャパン

    BenQ DLPプロジェクター MS550 スタンダードモデル SVGA/3600lm/2.3kg/20000:1/スピーカー

    価格:33,880円(税込)

    Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    BenQ MS550は3,600ルーメンの高輝度を誇るビジネス用プロジェクターです。鮮明な画像を投影する事が可能です。明るい室内でも見やすいので学校やビジネス用途して人気のプロジェクターです。


    デュアルHDMIで複数の端末と接続する事ができるので、プレゼンも授業もスムーズに進める事ができるでしょう。高フィルファクターなので文字もとても鮮明に投影できて滲まないので、会議中に手元の資料に目を落とす回数も軽減できるでしょう。


    ランプの交換がしやすいという点はではMS550の方が交換がしやすいというメリットがあるでしょう。どなたでも簡単に交換ができるのでメンテナンスが手軽で人気のプロジェクターです。


    価格はMS550の方が低価格なので低予算で高輝度の高いプロジェクターの購入を検討されている方にはおすすめです。

    BenQ MS531とMW550の違い

    イートレンド楽天市場店

    BenQ DLP Projector MW550 [DLP WXGAプロジェクター]

    価格:43,284円(税込)

     楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    BenQ MW550は3,600lmかつリアルWXGAの高解像度のプロジェクターです。ビジネス用としても人気ですが学校の授業でも使われていますし、中にはプライベートでお使いになっている方も多い人気の機種です。


    天井に設置する事ができるので、置く場所に困る事はありません。ワイヤレスで端末と接続できるのも良いですね。大きな違いはワイヤレスで接続できる点と天井に取り付けることができる点、そして高輝度もMS550の方が若干高めな点でしょう。


    20,000:1の高ネイティブコントラストなので文字をよりハッキリと投影したいという方におすすめです。台形補正機能についてはMS531と変わらず、見せたいと思っている通りスクリーンに映し出してくれます。


    価格の方はMW550の方が若干高いので、お財布とよく相談する事も大事ですが、使用する目的によっても変えてみると良いかもしれません。

    BenQ MS531とMW612WXGAの違い

    PodPark Yahoo!店

    【在庫目安:僅少】BenQ MW612 DLPプロジェクター WXGA(1280×800) 4000lm 20000:1 2.3kg HDMI×2系統 D-Sub15ピン スピーカー2W VGAケーブル…

    価格:89,810円(税込)

    Yahoo!ショッピングで詳細を見る 楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    MW612WXGAは4,000ANSIルーメンの高輝度を誇るBenQのプロジェクターです。ワイヤレスで複数の端末とつなげて映像や画像などの資料を投影したりできます。従来のプロジェクターでは見えにくかった文字や画像もくっきりと投影する事ができるでしょう。


    テキストもくっきりと見せてくれる高コントラストは共通ですね。コンテンツをよりハッキリと映す事ができるので、文字が多いプレゼンなどを行う時にも適しているでしょう。


    ワイヤレスで複数の端末と接続できるので、スマホやタブレットなどを問わず、複数台をつなげて資料を提出できるのも良いですね。また、端末に電力を供給するUSBタイプA電源出力が可能なところも大きな違いだと言えるでしょう。

    BenQ MS531の総合評価

    ベンキュージャパン

    BenQ プロジェクター MS531 スタンダードモデル DLP/SVGA/3300lm/2.4kg/15000:1

    価格:0円(税込)

    Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    BenQ MS531の商品情報、機能、口コミ、そして同メーカーの人気機種との比較などをご紹介いたしました。総合的な評価としては、初めてのご家庭用としてのプロジェクターとしてもビジネスでお使いになるいしてもちょど良い製品です。


    価格帯も比較的安く手に入れる事ができるのも魅力の一つです。何よりも若干明るめの室内であっても映像や画像が見えやすいので、広い会議室でも学校の教室でもご自宅でも満足度の高いプロジェクターです。


    BenQのプロジェクターは高輝度が高く解像度も非常に高いので人気ですが、メーカーによって良い点や悪い点などが違ってくるものなので、購入を検討している方は価格や欲しい機能などをよく考えて、本当に自分に合った製品を購入するといいでしょう。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ