記事ID133552のサムネイル画像

    アンカー Liberty+ イヤホンの口コミレビューまとめ

    アンカー Liberty+ イヤホンの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、アンカー Liberty+ イヤホンがどんな人におすすめなのか評価しました

    アンカーLiberty+の商品情報

    アンカー Liberty+の基本スペック

    Anker

    Zolo Liberty+ (Bluetooth 5.0 完全ワイヤレスイヤホン) 【最大48時間音楽再生 / Siri対応 / IPX5防水規格 / 周囲音取り込み機能搭載】(ブラック)

    価格:11,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーアンカー (Anker)商品名Liberty+
    タイプカナル型装着方式(左右分離型)ワイヤレスイヤホン
    構造密閉型BluetoothバージョンVer.5.0
    連続再生時間約3.5時間充電時間-
    充電端子microUSBその他機能マイク 防水耐性 リモコン

    アンカー Liberty+のおすすめポイント

    ワイヤレスとは思えない音質

    Liberty+は左右分離型のワイヤレスイヤホンのイヤホンの中でも、比較的高い音質でサウンドを再現することが可能です。Bluetoothを利用して、再生されるサウンドに違和感を感じる人にとって、Liberty+の音質は革新的でしょう。

    業界トップクラスの再生時間

    Liberty+本体の連続再生時間は3.5時間と、一般的な左右分離型のワイヤレスイヤホンに比べると少し短めですが、ケースとの併用の場合は最大48時間にもなります。これはあらゆる左右分離型のワイヤレスイヤホンの中でも、トップクラスの性能です。

    高い防水性

    Liberty+の防水性能はIPX5です。これは左右分離型のワイヤレスイヤホンの中でも比較的高く、水の噴射を直接浴びても問題ないほど、防水耐性があることを表しています。もちろん、雨の日でも問題なく使えます。

    アンカー Liberty+の徹底レビュー(評価・口コミ)

    アンカー Liberty+の悪い点をレビュー

    少し、不具合が多め

    Liberty+は左右分離型のワイヤレスイヤホンなので、精巧に作られています。そのため、衝撃耐性に関してはいいとは言えず、到着の時点で不具合や故障している場合が多いようです。

    場所によっては音が飛びがち

    どうしても、Liberty+は左右分離型のワイヤレスイヤホンという特性上、Bluetoothが飛び交う人ごみや駅の中では再生時に音が飛んでしまうことがあるようです。通勤時に使う方は注意が必要ですね。

    音ズレしてしまう

    Liberty+はBluetooth対応の左右分離型のワイヤレスイヤホンという特性上、どうしても再生時に端末との音ズレが発生してしまいます。YouTubeなどをよく見る方には残念な部分ですね。

    アンカー Liberty+の良い点をレビュー

    運動時も問題なく使える

    Liberty+は運動時も問題なく使用することができます。高い装着性だけでなく、防水耐性に関しても優秀なので、運動時にかいた汗による故障の心配もありません。

    重厚感のあるデザイン

    左右分離型のワイヤレスイヤホンはポップなデザインのものも多いですが、Liberty+は重厚感のあるデザインです。電子機器と相性の悪い、ゴシックなファッションにも合うでしょう。

    外出先での充電切れがほぼない

    Liberty+はケースの充電時間が48時間もあるため、外出先で充電を必要とすることが非常に少ないです。旅先でも安心して使用できます。

    アンカー Liberty+の口コミを集めてみました

    最初に届いたものが片耳が聞こえない不具合があり、交換になりました。再度届いたものは、すぐ使えたのでやはり不良品だったようです。混んでいる場所だと音飛びなどありますが価格を考えると音質には満足です。初期不良で返送の手間がかかったのでこの評価です。 

    出典:https://item.rakuten.co.jp

    Liberty+だけに限らず、左右分離型のワイヤレスイヤホンは最高に作られているため配送時に故障してしまうことは良くあります。ただ、アンカーのサポートはしっかりしているので、こういったトラブルでも心配する必要はないですね。

    とても差額分の価値があると思えない、5.0の規格が一般化するころにはもっと良いものが出来ているだろうし
    充電をすれば48時間というだけで単体ではせいぜい2時間位しか使えない、通勤通学だけで使うならアリだろうが
    それと一度接続をすれば次からは充電器から外しただけで繋がるというのはウソ、何度もリセット動作をさせられた
    アンカーという信用のあるメーカーでアンドロイドで使えるからという理由で選んだが失敗だったかもしれない
    ただ、音はいいと思う

    出典:https://www.amazon.co.jp

    こちらの口コミの方は、どの商品と比べての差額かわかりませんが、Liberty+のスペックにバッドイメージをお持ちでいらっしゃるようです。しかし、音質に関してはグッドイメージをお持ちでいらっしゃるようで、Liberty+の音質のよさがこちらの口コミを見て分かりますね。

    ランニング用に買いました。
    フィット感いいです。
    説明書に従って装着すれば落ちることありません。
    ランニングしながら、ダッシュやジャンプトレーニングしますが、落ちる心配無さそうでした。

    音質が期待以上でした。
    結構デモっぽい(元音そのまま)感じです。
    普段、クリプシュを使用していますが、こちらをつかっても好み的にストレスを感じません。

    総合的にみて、とてもクオリティの高い品物だと思います。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    こちらの口コミの方も仰るとおり、Liberty+の装着性は高く、運動時でも問題なく使用できます。もちろん、人によって耳の形は変わるので個人差はありますが、イヤーピースも豊富なので安心です。

    通勤で利用しています。

    遮音はされますが、地下鉄のアナウンスや周辺の会話が結構聞こえるので不満です。

    駅を出て100m位の通りを歩くといつも接続が不安定になるのも不安です。

    依然ノイズキャンセリング機能を持つイヤホンを使っていました。これと比べると変に音を加工していないので素直な音が出ていると思います。

    ケースは金属っぽくて重量感があります。

    出典:https://review.kakaku.com

    Liberty+は機能性だけでなく、デザインも洗練されています。こちらの口コミの方も仰るとおり、Liberty+のデザインは重厚感があります。Liberty+はあらゆるファッションに対応することが出来るでしょう。

    SONYにしたかったのですが、店頭で試したときに
    全くと言っていいほど大丈夫繋がらず…
    音はBOSEの方が断然良かったのですが
    お値段との折り合いがつかずで
    こちらを選びました。
    私の耳には若干大きいのか、フィット感はイマイチ。
    でもバッテリーはとてつもなく持ちます。

    出典:https://review.kakaku.com

    アンカーは信頼の高いメーカーですし、Liberty+はスペック的にも決して悪くないのですが、さすがにBOSEには音質に関しては劣るようです。その他の部分では、こちらの口コミの方はLiberty+に対して、グッドイメージをお持ちでいらっしゃるようです。

    運動時でも耳から簡単に外れるようなこともなく、装着感も悪くなく、特に問題はありません。
    防水ではないですが防滴機能が付いていて、運動時に使用して軽く水を付けてさっと拭くぐらいでは問題ありませんでした。
    何よりコンパクトで常に装着し、ずっと音楽を聴いていたい気持ちになります。音質も悪くありません。
    ただ、私の場合、掃除など「ながら聴き」の状況が多く、手元(耳元)で音量コントールができたら最高でした。(音量は直接プレイヤー本体かSiriなどの音声認識にて調整)
    あと、ボタン操作はもうちょっと使い易くなるような工夫をして欲しかった。
    総合的には、マイナス要素もありますが、それを引いても4点ぐらいは上げても良い製品ではないかと思いました。
    なお、音漏れに関してはまだ確認できておりませんので、無評価といたします。

    出典:https://review.kakaku.com

    こちらの口コミの方も仰るとおり、Liberty+は装着性や防水性など、野外での使用に強い設計となっています。その部分に関しては全体的にグッドイメージをお持ちでいらっしゃるようで、Liberty+のデザイン性の高さが伺えます。

    フルワイヤレスイヤホンは初めて購入しました。
    音は有線の一万円位のものと遜色なく、やや遅延がありますが、特に気になるほどではないです。
    ただ、かなり大きいので女性や耳の小さい方には向かないかなと思います。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    Liberty+は左右分離型のワイヤレスイヤホンですので、どうしても遅延は否めないですが、気になるほどでもないようです。サイズの大きさに関しては、バッドイメージをお持ちでいらっしゃるようです。

    私はジムでのトレーニング時や、通勤時に愛用しております。たまに音飛びもありますが、気にならない程度です。音質も素晴らしいです。そして何より、装着した姿を見てもスマートに思えるし、スポーツ時に向いてると感じます。
    防水で、ノイズキャンセルもあり、コスパ良しです。本体を充電ケースに入れ充電開始する時もスマートで無駄がなく、よく考えられてます。
    そんな素晴らしい製品ですが、ある日突然充電ケースの不具合で充電出来なくなり、肩を落としていました。 購入し半年未満でもあり、もしかしたら交換対応していただけるかもしれないという事で、メールで問い合わせすると、早急に新品との交換対応をいただけました。お気に入りであった為、本当に感謝しております。また、迅速でとてもご丁寧なお返事で、次もAnkerさんの製品を購入しようと決心しております。おそらく、万人に愛される製品です。特にスポーツマン、ビジネスマンにとっては一日に潤いを与えてくれる最高の製品だと自負しております。悩まれてる方に是非おすすめ致します。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    こちらの口コミの方も仰るとおり、Liberty+は運動時での利用も難なく行えます。Liberty+の装着性の高さが伺えますね。

    マイクの不具合がありそれに気づくのが遅れ半年後の交換希望だったのですが、対応がすばらしく、すぐ交換してもらえました。
    音の質もよく満足しています。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    こちらの口コミの方はLiberty+に不具合があったようですが、アンカーの迅速な対応に関してグッドイメージをお持ちでいらっしゃるようです。

    アンカー Liberty+の関連商品と比較する

    アンカー Liberty+とLiberty Airの違い

    Anker

    Soundcore Liberty Air(Bluetooth 5.0 完全ワイヤレスイヤホン by Anker)【PSE認証済 / 最大20時間音楽再生 / Siri対応/グラフェン採用ドライバー/マイク内蔵 / IPX5防水規格 】(ブラック)

    価格:7,999円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    Liberty AirはLiberty+と同じアンカー から発売されている左右分離型のワイヤレスイヤホンです。

     

    Liberty AirとLiberty+は、まず連続再生時間が異なる点、次にドライバーが異なる点、そして入力が異なる点がデザインやスペック面に関して、大きく異なる点となります。

     

    まず連続再生時間が異なる点についてですが、Liberty+は本体の連続再生時間が3.5時間であるのに対し、Liberty Airは本体の連続再生時間が5時間となっています。

     

    次にドライバーが異なる点についてですが、Liberty+は6mmドライバーを1つ搭載しているのに対し、Liberty Airは6mmドライバーを2つ搭載している構造となっています。

     

    最後に入力が異なる点についてですが、Liberty+は入力が5V=1.5Aであるのに対し、Liberty Airは入力が5V=0.5Aとなっています。

     

    Liberty AirとLiberty+の違いに関する総合的な評価についてですが、基本的なスペックは変わりませんが、充電面に関してはLiberty Airの方が優秀だといえます。

    アンカー Liberty+とLibertyの違い

    Anker

    Zolo Liberty (Bluetooth 4.2 完全ワイヤレスイヤホン) 【PSE認証済 / 最大24時間音楽再生 / Siri対応 / IPX5防水規格】(ブラック)

    価格:6,999円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    LibertyはLiberty+と同じアンカー から発売されている左右分離型のワイヤレスイヤホンです。

     

    LibertyとLiberty+は、まずドライバサイズが異なる点、次にBluetoothバージョンが異なる点がデザインやスペック面に関して、大きく異なる点となります。

     

    まずドライバサイズが異なる点についてですが、Liberty+はドライバサイズが6mmであるのに対し、Libertyのドライバサイズは5.5mmとなっています。

     

    次にBluetoothバージョンが異なる点についてですが、Liberty+はVer.5であるのに対し、LibertyはVer.4.2となっています。

     

    LibertyとLiberty+の違いに関する総合的な評価についてですが、音質に関しては上位モデルであるLiberty+の方が優秀ですが、コスパではLibertyのほうに分があるといえるでしょう。

    アンカー Liberty+の総合評価

    Anker

    Zolo Liberty+ (Bluetooth 5.0 完全ワイヤレスイヤホン) 【最大48時間音楽再生 / Siri対応 / IPX5防水規格 / 周囲音取り込み機能搭載】(ブラック)

    価格:11,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    Liberty+について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

     

    Liberty+の商品概要についてですが、価格やスペック面を考慮した上で、どの世帯にも非常にお求めやすいタイプの商品といっても過言ではありません。

     

    続いて、Liberty+のおすすめポイントについてですが、やはり、「音質」と「防水耐性」と「充電持続時間」は、ご購入を検討する上で大事な要素になりますし、特に「防水耐性」に関しては、水場での使用を重要視する方にとって、ご購入の決め手だと言えるでしょう。

     

    続いて、Liberty+の口コミやレビューについてですが、Amazonや価格.comを見る限り、ポジティブなレビューの方が多い印象です。

    レビューを見る限り、Liberty+のご購入は満足できるものなのではないでしょうか。

     

    最後に、Liberty+の総合的な評価やおすすめ度合いに関してですが、デザイン面、スペック面、レビューの印象など、全ての要素を加味した上で、多くの方にとって非常に良い商品になるでしょう。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ