記事ID133517のサムネイル画像

    TaoTronicstt-bh026イヤホンの口コミレビューまとめ

    TaoTronicstt-bh026イヤホンの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他社製品との比較、価格などをまとめ、TaoTronicstt-bh026イヤホンがどんな人におすすめなのかを評価しました。

    TaoTronics tt-bh026の商品情報

    TaoTronics tt-bh026の基本スペック

    TaoTronics

    TaoTronics Bluetooth イヤホン(apt-Xコーデック対応・IPX6防水仕樣・CVC6.0) ノイズキャンセリング 自動ペアリング 高音質 マグネット搭載 スポーツ仕様 TT-BH07 (レッド)

    価格:3,099円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーTaoTronics商品名tt-bh026
    タイプカナル型装着方式両耳
    構造密封型(クローズド)BluethhoバージョンVer.4.1
    連続再生時間最大8時間充電時間1~2時間
    充電端子USBその他機能CVC6.0ノイズキャンセラ MEMSマイク IPX5防滴設計

    TaoTronics tt-bh026のおすすめポイント

    高音質&鮮明で簡単な通話

    最新Bluetooth4.1バージョンを採用して、高音質のヘッドセットでいつでも素晴らしい音楽が楽しめます。CVC6.0ノイズキャンセル技術とMEMSマイクを使用しているので、従来のマイクロフォンとは違いボーカル干渉を軽減してくれます。背景ノイズをフィルタリングして、クリアな会話をサポートしてくれます。音質の特徴としては、骨太の低音域です。迫力あるサウンドが中高音域に被ることなく、音の厚みや迫力、音のヌケの良さを両立しています。

    IPX5防滴設計

    IPX5防水規格対応の外装と内部のナノコーティングにより、汗や雨から保護します。突然の雨に慌てることなく音楽が楽しめます。ランニングや汗をかくスポーツ、トレーニング中でも使用することができます。ただ、完全な防水加工ではないので、豪雨などでは使用しないでください。

    軽量&快適&マグネット内蔵

    重さはわずか15g。柔らかいイヤーチップに柔軟なイヤーフックが、運動中の激しい動きでも快適で外れることがありません。付属の調整用イヤーチップとイヤーフックによって、自分好みにカスタマイズすることができます。マグネットが内蔵されているので、不使用時はハウジング部分をくっつけることによりネックレスのようになるので、紛失や落下を防いでくれます。

    音質や防滴設計、そして携帯性の良さ。これらを踏まえると、この価格でこの性能はかなりコスパが高いのではないでしょうか。

    TaoTronics tt-bh026の徹底レビュー

    TaoTronics tt-bh026の悪い点をレビュー

    充電部分のキャップが外れにくい

    防滴機能の為に充電部分のキャップが外れずらいという声が多く見られます。防滴の為とはいえ、多少難がありそうです。それに充電端子のカバーがとても脆くなっているようです。開けるときに大きく開いてしまうと、カバー自体に大きな負荷がかかり簡単にちぎれてしまうようです。カバーがちぎれてしまうと防滴が担保されないので注意が必要です。

    耐久力に難あり

    1年ほどで使えなくなるケースが多いようです。中には2~6ヶ月という意見もありました。ボタンが反応しなくなったり充電がされなくなるなどの故障もあるようです。当たりはずれもあるようで、買ってすぐに使えなくなるケースも中にはあるようです。業者によっては返金や交換もしてくれるので、購入の際には業者の選定に注意しましょう。

    音が飛ぶ、途切れる

    音の途切れが気になるという声が多くありました。使用しているスマホとの相性もあるのかもしれませんが、音飛びや途切れが頻繁に発生することもあるようです。その他、ポケットやバックに入れておくと音飛びやノイズが激しく発生することもあるようです。

    TaoTronics tt-bh026の良い点をレビュー

    音質に大満足

    バスドラやベースが太く響き渡るようなサウンドが特徴的です。低音の量感は多めですが、ボワついたり篭った感じは控えめになっています。ボーカルが引っ込んでしまったりなどもなくクリアな音質のようです。低域の量感やパンチを重視される方におすすめのイヤホンです。

    この価格でのパフォーマンスは最強クラス

    無駄なデザインがなく、右側のコードにコントローラーがついている、とてもシンプルなデザインです。ハウジング部分にマグネットが内蔵されているので、不使用時はネックレスのように首にかけておけるので、紛失や落下の心配がありません。わずか15gで約8時間の連続再生可能。音質もよく、3000円台では最強クラスのコスパではないでしょうか。

    ランニングなどの運動中に使える

    わずか15gなので、運動中も邪魔になることなくスムーズに動けます。ワイヤレスなので、ジムなどで部屋の隅のバックにスマホを入れたまま体を動かすことができます。防滴設計になっているので、運動中の汗を気にすることなく集中できるので、スポーツが好きな方にはおすすめします。

    TaoTronics tt-bh026の口コミを集めました

    1年半前に購入したTT-BH07を嫁が使うようになり、後継機のTT-BH026を購入しました。
    TT-BH07の音も気に入っていましたが、TT-BH026も通常聴くは問題なく、良い音だと思います。また、ONとOFFを知らせる音声がちょうど良い音量で非常に分かり易くなっています。TT-BH07もまだ現役なのでこのTT-BH026も長く使えたらいいなと思っています。
    お勧めだと思います。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    低音域は骨太で迫力あるサウンドで、中高音域にかぶることなく音の厚みや迫力、音のヌケの良さがTaoTronics tt-bh026の特徴になっています。ノイズキャンセルによりクリアな会話も特徴の1つと言えるでしょう。

    低音はそこそこレベル?音量はボリューム2からでしたが許容範囲。ポケットやバッグに入れてもあまり音飛びしません。耳の形が悪いほうですが、しっくりきます。満充電で6時間以上使えています(往復2時間で通勤3日使用実績)。この価格でこの性能は大満足です。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    柔らかいイヤーチップに柔軟なイヤーフックが密着性を高めてくれます。付属のイヤーチップとイヤーフックで自分好みにカスタマイズすることもできるので、耳の形を問いません。連続再生時間が約8時間というのも嬉しいところです。

    娘が、使用中のイヤホンの音質に不満は無いが、ケーブルの擦れる音が気になると言うので購入。勿論、ケーブルの擦れ音は解消。所詮、小さなスピーカーなので低音には加工が施されているが、あまり不自然ではなく、今まで聞こえていなかった周波数も耳に届いた様子。コスパ高し。

    出典:https://shopping.yahoo.co.jp

    イヤホンのケーブルが糸状ではなく、きし麺のような作りになっているので、擦れる音が軽減されています。今までの糸状のケーブルだと、バックの中に入れると絡まってしまうことが多く見られましたが、きし麺状のケーブルでは絡まりにくくなっています。

    スポーツジム用にかいました。快適に音楽を聴きながらトレーニングできてます。コスパ良しと聞いて買いましたが、全くそのとおりです。

    出典:https://shopping.yahoo.co.jp

    防滴設計になっているので、運動中の汗を気にすることなく集中することができます。ワイヤレスなので、ジムなどの室内の場合はスマホを持ち歩かなくても近くに置いておくだけで音楽や通話を楽しむことができます。

    デザイン、音質等は満足のいくものでしたが、残念ながら音飛びが激しいです。スマホとの相性なのかも知れませんが、他の製品と比べて音飛びや途切れが頻繁に発生する為、以前から持っていた他社製品使用に戻しました。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    口コミの苦情で一番多いのが、音飛びや音の途切れではないでしょうか。Bleutoothの最大の弱点かもしれません。遮蔽物などがあると若干の音飛びや音の途切れは生じてしまいます。スマホとイヤホンとの相性もあるかもしれませんが、価格と性能のバランスをよく見て購入を検討するべきでしょう。

    開けるときに大きく開いてしまうと、カバー自体に大きな負担がかかり、簡単にちぎれます。
    充電するときはなるべく早くカバーを開けず、最小限の開き方で充電することをお勧めします。
    カバーがちぎれてしまうと充電端子の防水が担保されないので、防水機能を求めている方は他の機種を選ぶか大切に使われた方が良いです。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    防滴設計の為に充電端子のカバーが開けづらくなっているようです。充電端子のカバー自体も脆く、開けるときに気を付けないとカバーがちぎれてしまうことも・・・カバーが取れてしまうと保障の対象外となってしまうので、気を付けなれけばいけません。

    CVC 6.0 ノイズキャンセリングの表記に騙されました。この規格では音楽を聞くときにはノイズキャンセリングされないようです。通話時専用のノイズキャンセルとのことです。詐欺みたいな規格です。購入者が勘違いして安いノイズキャンセル対応イヤホンに飛びつくのを期待してるように感じました。悪意を感じました。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    TaoTronics tt-bh026にはCVC6.0ノイズキャンセラがついています。このCVC6.0をしっかり理解して納得してから購入してください。ちなみにCVC6.0とは通話時のノイズを除去するものであって音楽の視聴の際は除去されません。

    音質はいいと思います。Bluetoothを繋いで音楽を再生していない時の雑音が気になり、問い合わせた所、すぐに解決法を教えていただきました。結局2ヶ月弱でスイッチが入らなくなり充電もできなくなりました。壊れた連絡をするとすぐに対応していただき新品を再送してもらいました。すばやい対応に感謝します。代替え品は今のところ不具合はありません。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    精密機械の為、若干の当たり外れがあるようです。耐久年数も長くて1年ほどのようです。値段と性能のバランスを考えて購入することをおすすめします。交換や返金の保証があるので、不具合があった場合には購入先へ連絡してみましょう。

    TaoTronics tt-bh026の関連商品と比較する

    TaoTronics tt-bh026とtt-bh07sの違い

    TaoTronics

    TaoTronics TT-BH07S BK【ブラック】 Bluetooth5.0 aptX HD AAC対応 高音質 最長15時間 長持ち IPX5 Android iPhone ワイヤレス イヤホン

    価格:5,378円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    TaoTronicsの最新モデルのtt-bh07Sはtt-bh026に比べ連続再生時間が最大15時間と倍近くなっています。BluetoothもVer.5.0となり、転送速度が2倍に、通信範囲がなんと4倍になりました。

     

    tt-bh026と同じく防滴設計となっていますので、汗を気にすることなくスポーツが楽しめます。多少価格は高くなっていますが、ランキングでもtt-bh026に比べ上位になっています。

    TaoTronics tt-bh026とtt-bh07の違い

    TaoTronics

    TaoTronics Bluetooth イヤホン(apt-Xコーデック対応・IPX6防水仕樣・CVC6.0) ノイズキャンセリング 自動ペアリング 高音質 マグネット搭載 スポーツ仕様 TT-BH07 (ブラック)

    価格:2,999円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    tt-bh026の前のモデルになります。機能面では、防滴設計ではないというところが一番の大きな違いではないでしょうか。その他は、連続再生時間が最大6時間と少し短いのですが、SBCだけでなくaptXにも対応しています。

     

    価格にそれほどの差がないので、tt-bh026のほうがコスパは良いのではないでしょうか。

    TaoTronics tt-bh026とtt-bh062の違い

    TaoTronics

    TaoTronics Duo Free TT-BH062 完全独立Bluetoothワイヤレスイヤホントゥルーイヤホン

    価格:8,510円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    完全なワイヤレス(左右分離型)になります。このイヤホンの特徴はケースを開けただけでペアリングを行ってくれます。一度設定すれば次回からはケースから取り出すだけで接続が可能になります。片耳5gとかなり軽くなっていますが、連続再生時間は3時間、ケースとの併用で最大16時間とかなり長くなっています。

     

    音質はtt-bh026は低音域が得意なイヤホンですが、TT-BH062は中高音域が得意なイヤホンになっています。操作はイヤホンの表面がタッチセンサーになっており、機能性も高く、防滴設計もIPX4と多少の雨に耐えられる設計になっています。

     

    1万円以下のイヤホンの中ではかなりクオリティの高いものではないでしょうか。

    TaoTronics tt-bh026とtt-bh06の違い

    TaoTronics

    TaoTronics Bluetooth イヤホン 4.0 超小型ワイヤレスステレオヘッドセット【1年間の安心保証】イヤーフック付き マイク内臓/通話可能 CVC6.0ノイズキャンセルの仕組み TT-BH06(黒)

    価格:3,980円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    tt-bh026に比べると最大再生時間が約5時間と多少短くなっています。tt-bh026と同様にCVC6.0ノイズキャンセラを搭載していますので、クリアな通話を楽しめます。ペアリングも簡単に行うことができます。

     

    tt-bh026との大きな違いは操作がイヤホンの表面にあるボタンで行うことではないでしょうか。押す長さで機能を使い分けるので、慣れないと使いづらいかもしれません。しかし、2000円台で買えるというのは大きなポイントの1つではないでしょうか。

    TaoTronics tt-bh026の総合評価

    TaoTronics

    TaoTronics Bluetooth イヤホン(apt-Xコーデック対応・IPX6防水仕樣・CVC6.0) ノイズキャンセリング 自動ペアリング 高音質 マグネット搭載 スポーツ仕様 TT-BH07 (レッド)

    価格:3,099円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    音質もよく、特に低音域にこだわった作りになっています。CVC6.0ノイズキャンセラの搭載によりクリアな会話を実現しています。防滴設計となっていますし、わずか15gという重量なので、汗を気にすることなくスポーツに取り組めます。ワイヤレスということで、ジムなどの室内では、部屋の隅のバックなどにスマホを入れたままでトレーニングすることが可能になっています。この価格帯の中ではトップクラスのコスパではないでしょうか。

     

    ただし、耐久性に難があるようです。口コミなどの評価をまとめると、長くて1年。早ければ6ヶ月ほどで壊れてしまうこともあるようです。精密機械なので取扱には注意が必要でしょう。ただし、この価格なので消耗品という考え方もできるのではないでしょうか。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ