記事ID132987のサムネイル画像

    Panasonic プライベートビエラ UN-15TD8の口コミレビューまとめ

    Panasonic プライベートビエラ UN-15TD8 の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、Panasonic プライベートビエラ UN-15TD8 がどんな人におすすめなのかを評価しました。

    Panasonic プライベートビエラ UN-15TD8の商品情報

    プライベートビエラ UN-15TD8の基本スペック

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 15V型 液晶 テレビ プライベート・ビエラ UN-15TD8-K 2018年モデル

    価格:53,800円(税込)

    Amazonで詳細を見るヨドバシカメラで詳細を見る 楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーパナソニック(Panasonic)商品名UN-15TD8
    画面サイズ15インチ寸法/サイズ317mm×47mm×189mm(突起部含む)
    重量約1.5kg受信チャンネル地上デジタル、BSデジタル、110度CSデジタル
    機能防水機能、ブルーレイ、DVD、録画機能

    プライベートビエラ UN-15TD8のおすすめポイント

    防水機能

    モニター部が防水加工になっています。キッチンやお風呂などの水回りでもテレビの視聴ができます。モニター部に汚れが付着しても薄めた中性洗剤で洗えるので、モニターをきれいに保てます。

    インターネット動画サービスも視聴可能

    YOUTUBEやHuluなどのインターネット動画配信サービスをUN-15TD8で視聴する事ができます。無線LANを利用し、スマートフォンで動画を探してUN-15TD8で再生する事も可能です。

    録画も可能

    UN-15TD8に内蔵されているハードディスクに番組を録画する事が出来ます。500GBのハードディスクがチューナー部に内蔵されているため、約672時間の録画が可能です。

    Panasonic プライベートビエラ UN-15TD8の徹底レビュー(評価・口コミ)

    プライベートビエラ UN-15TD8の悪い点をレビュー

    ローマ字入力が出来ない

    検索画面などにおいて、ローマ字入力が出来ないので、普段からローマ字入力を利用している方には不便を感じる、ストレスになるという意見がありました。

    通信状況が悪くなる時がある

    親機と子機の配置場所によっては、通信状況が悪くなってしまい、映像が乱れることがあるようです。その場合は親機か子機どちらかを移動しましょう。

     

    鉄筋コンクリート住宅よりも木造住宅の方が通信状態が良いという情報もありました。

    バッテリーの持ちが悪い

    モニターのバッテリーが長くて2時間~3時間ほどしかもたないため、不便という声がありました。バッテリーが老化するともっと短くなるので、使い物にならない可能性があると不安に感じている方もいました。

    録画した番組をDVDなどにおとせない

    UN-15TD8で録画した番組をDVDなどにおとすことができません。にもかかわらず容量が500GBなので足りないという声がありました。録画し、視聴した後に消すという使い方になりそうです。

    プライベートビエラ UN-15TD8の良い点をレビュー

    裏番組を録画できる

    現在放送中の番組を見ながら、裏の番組を録画する事が出来ます。両方の番組を楽しめるので便利という声がありました。しかしダブル録画は出来ないので注意が必要です。

    DVD、ブルーレイの再生ができる

    チューナー部にDVDやブルーレイディスクの再生機能が付いています。映像をモニター部に転送する事によって、離れたところから視聴が出来るのです。寝室などでDVDを視聴できるので便利という方が多かったです。

    目覚まし機能が搭載されている

    「オンタイマー」、就寝時に自動で電源が切れる「オフタイマー」が搭載されているので、目覚まし時計のように利用が出来ます。曜日ごとに設定が出来るので、目覚まし時計としても十分な機能です。

    毎朝見ている番組へ自動で切り替え

    UN-15TD8の電源を入れるだけで毎朝視聴している番組に自動で切り換わる機能が搭載されています。時間のない朝でも自動でいつもの番組を視聴できるので、ありがたいという意見がありました。

    プライベートビエラ UN-15TD8の口コミを集めました

    私はHulu(有料申込の動画サービス)に加入しているのですが、タッチ一つでHuluに接続されます。しかしトップ画面に入ると全てカーソル移動しか出来ず凄く使いづらいです。10秒戻しや30秒先送りなどの機能もなく、音量調整もテレビとは違う方法で呼び出す為、慣れるまで時間がかかりそうです。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    Huluに接続するまでは簡単ですが、そのあとの操作が不便なようです。細かい早送りや巻き戻しはできないようなので、普通のテレビと比べてしまうと使いにくく感じてしまうかもしれませんね。

    甥の部屋に配線が無いので困っていましたが、この商品で解決、大変満足しています。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    テレビの配線がない部屋でもテレビを視聴できる点がUN-15TD8の良い点であるといえます。コンパクトなのでお子さんでも持ち運びができます。

    バッテリー駆動ですと、フル充電から3時間ほどの使用でバッテリー切れになります。スピーカーも付いている程度なので、音楽ビデオなどの再生には、外付けスピーカーがあるとよいです

    出典:https://www.amazon.co.jp

    充電時間はやはり長くて3時間ほどのようですね。長時間の視聴をしたい方には不便に感じるかもしれません。音質が気になる方は外付けスピーカーを購入した方が良さそうです。

    在庫切れをしていたリモコンが届きました。
    ザッピングをすなら必須です。ゆっくりお湯に浸かってチャンネルを変える度にテレビの所まで手を伸ばさなくて良いのは楽チンです。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    リモコンがないとザッピングは難しいようですね。リモコンがないとチャンネルをかえる度に身体を動かさないといけないので、リモコンがあった方が快適のようです。

    ・ハードディスクの容量が500GBというのは、複数台設置できる環境でサブ機として使うならいいが、メインのレコーダーとしては少なすぎる。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    容量が500GBであり、データとしてディスクにおとせない点から、メインのレコーダーとしては向いていませんね。機能はそろっていますが、あくまでサブ機という使い方が良さそうです。

    チューナーの設置が心配でしたが、わかりやすい説明書がついていて問題なく行えました。

    出典:https://review.kakaku.com

    チューナーの設置などに関しては、説明書だけで問題なくおこなえるようです。

    画面が大きいので、お風呂用としてはもちろんのこと、我が家はダイニングテーブルからはTVが見えないのが悩みでしたが、食事中にもテレビを楽しめるようになりました。

    出典:https://review.kakaku.com

    様々な場所や状況でテレビが見れるようになるのがUN-15TD8の最大の強みといえます。お風呂だけではなく、日常生活のあらゆるところに取り入れてみると生活が一気に楽しくなりそうです。

    スタンドがあり、お風呂のヘリに立てかけたり、S字フックを使って手すりに引っ掛ける事も可能。(1.5キロあるので説明書をよく読んで)

    出典:https://www.amazon.co.jp

    スタンドやフックなどを利用して、テレビが見やすくなるよう工夫してみてください。ただしフックを利用する場合は重さに注意が必要です。

    Panasonic プライベートビエラ UN-15TD8の関連商品と比較する

    UN-15TD8、UN-15TD9の違い

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 15V型 ポータブル 液晶テレビ インターネット動画対応 プライベート・ビエラ 防水タイプ 500GB HDD録画/ブルーレイ再生機能付き ホワイト UN-15TD9-W

    価格:87,000円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    UN-15TD8は2018年4月、UN-15TD9は2019年6月に発売されました。UN-15TD9はUN-15TD8の最新機種になります。

     

    UN-15TD9のパネルも防水加工されています。さらに入浴剤の入ったお風呂にも対応するようになりました。さらに濡れた手でもタッチパネルを操作できます。視聴中にシャワーの水がかかってもそれを感知し、誤作動を自動で防止してくれます。

     

    さらにテレビを視聴する部屋に合わせて画質、音質を調整できるようになりました。例えばお風呂でテレビを視聴する場合は「お風呂モード」で音の反響を抑えてくれたり、寝室で視聴する場合は「ナイトモード」で暗い部屋でも見やすくなります。

     

    録画機能では、UN-15TD8は1度に1番組しか録画できませんでしたが、UN-15D9は2チューナー内蔵されているので2番組同時に録画ができるようになりました。

     

    また、おうちでディーガ機能が進化し、スマートフォンとの連携がさらにとれるようになりました。スマートフォンから直接録画予約ができたり、番組を持ち出すこともできるのでよりテレビを楽しめるようになりました。

     

    このように、UN-15TD9はUN-15TD8よりもさらに進化し、様々な機能が追加されました。さらに使いやすく、便利になった事は間違いありません。

     

    しかしUN-15D9はまだ発売されたばかりの最新機種です。UN-15D8と比べて価格が2倍もの差があります。追加された機能はもちろん便利ですが、価格の面も考慮し、どちらを購入するかよく検討する必要があります。

    UN-15TD8、UN-10E8の違い

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 10V型 液晶 テレビ プライベート・ビエラ UN-10E8-W 2018年モデル

    価格:21,190円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    UN-10E8はUN-15TD8と同じく2018年の5月に発売になりました。

     

    UN-15TD8は15インチですが、UN-10E8は10インチなので、ひとまわり画面が小さくなっています。

     

    UN-10E8はブルーレイやDVDの再生が出来ず、さらにネット動画配信サービスにも対応していません。さらに内蔵ハードディスク録画にも対応していないので注意が必要です。USBにつなげば録画は出来ますが、あくまでもテレビを視聴することに特化したテレビです。

     

    UN-10E8はUN-15TD8と比べると、機能があまり搭載されておらず、不便に感じるかもしれません。しかし価格がその分抑えられているので、ブルーレイやDVDは視聴せず、テレビだけを視聴する方にはUN-10E8の機能で十分かもしれません。

     

     

    Panasonic プライベートビエラ UN-15TD8の総合評価

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 15V型 液晶 テレビ プライベート・ビエラ UN-15TD8-K 2018年モデル

    価格:53,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見るヨドバシカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    パナソニック UN-15TD8 プライベートビエラの種類について、商品情報、取扱説明書、おすすめポイント、口コミ・評価・レビュー、他製品との比較をまとめました。

     

    UN-15TD8の特徴はコンパクトな作りに防水加工がなされているため、どこでもテレビを視聴できるという点です。テレビだけでなくDVDやブルーレイも楽しむことができます。

     

    チューナー部とモニター部がわかれているため、モニター部だけを移動し、離れた部屋でもテレビなどを視聴する事が出来ます。テレビの配線がない部屋でも問題がありません。

     

    しかし充電時間が長く、充電の持ちも悪いという問題もあります。メインのテレビとしての利用ではなく、サブテレビとしての利用の方が良さそうです。

     

    また、タッチパネルの操作になりますが、いちいちUN-15TD8に手を伸ばさないと操作ができないので、別売りのリモコンを購入した方が良いそうです。

     

    UN-15TD8はお風呂やキッチン、寝室など状況に合わせて持ち運びができる便利なテレビです。メインでなくサブテレビとして十分な機能を果たしてくれます。ぜひこちらの記事を読んで購入をご検討ください。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ