記事ID132794のサムネイル画像

    ソニー ブラビア KJ-55A9Fの口コミレビューまとめ

    ソニー ブラビア KJ-55A9Fの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ソニー ブラビア KJ-55A9Fがどんな人におすすめなのかを評価しました。

    ソニー ブラビア KJ-55A9Fの商品情報

    ソニー ブラビア KJ-55A9Fの基本スペック

    ソニー(SONY)

    ソニー 55V型 有機EL テレビ ブラビア KJ-55A9F 4K 2018年モデル

    価格:260,513円(税込)

    Amazonで詳細を見るヨドバシカメラで詳細を見るビックカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーソニー(SONY)商品名BRAVIA KJ-55A9F
    画面サイズ55インチ画素数3,840×2,160
    録画機能外付けHDD 声で簡単録画予約寸法/サイズ122.8×71.1×8.6
    重量23.8kg(スタンドを含む)機能Android TV サラウンドスピーカーモード

    ソニー ブラビア KJ-55A9Fのおすすめポイント

    ソニーテレビの最高峰 MASTER Series

    MASTER Seriesとはソニーのクリエイターが持てる技術を最大限に活かしています。プロ用映画機材に匹敵する高画質の実現によって、まるでリビングが映画館になったかのような映像が楽しめます。


    そのクオリティーは光の細部、水滴の細部まで全てを美しく映し出し、手を伸ばせば届きそうなくらいの立体感を体験できます。しかも有機ELによってこれまで体験した事がないような臨場感を体験できます。


    ピクセル コントラスト ブースターの働きでその場で見ているかのような自然な色を再現します。その秘密は X1 Ulitimate の情報処理能力です。処理能力が従来のプロセッサーの2倍!だから自然で発色の良い映像を見る事ができるのです。

    829万画素の有機ELパネル

    829万画素の有機ELパネルはどんな映像でも滑らかに映し出します。だから一般的なテレビ番組はもちろん、動画サイトで配信している高画質な映像でもストレス無く楽しむ事ができます。


    しかも4Kチューナーを取り付ければ、さらに高画質な映像を楽しむことができます。そのために「4K X-Reality PRO(4K エックス リアリティー プロ)」を搭載しているので、ご覧になる映像に最も適した高精細化処理を行ってくれます。

    映画館のような臨場感の高音質サラウンド

    薄型の液晶テレビはどうしても音が悪いという印象が強いですが、ソニー ブラビア KJ-55A9Fは画面そのものから音が出る「アコースティック サーフェス オーディオプラス」を搭載しているので、テレビ1台でも充分満足できるサウンドを楽しめます。


    実は背面スタンドに横向きのサブウーハーを取り付けてあるので、迫力のある音楽や映画を楽しむ事ができます。臨場感のある映像を楽しみたいという方も満足できるでしょう。

    壁掛けは純正じゃなくても設置が可能

    純正の壁掛けユニットは重さ約30kgの本体をしっかりと取り付ける事ができます。ただストレートな構造になっているので、テレビの向きを自在に変えるという事は難しいのが現実です。


    向きを変えて使いたいけれど他の部品を使ってつけられなかったら無駄になってしまう……。たまにこんな問題が起こる事がありますが、純正以外の壁掛けユニットでも設置する事は可能です。


    その際には購入する時にショップの方に、KJ-55A9Fの取り付けができるかどうかを確認してお買い求めになると良いでしょう。

    ソニー ブラビア KJ-55A9Fの徹底レビュー(評価・口コミ)

    ソニー ブラビア KJ-55A9Fの悪い点をレビュー

    リモコンが使いにくい

    画質も音も最高に良いので、基本的には悪い点は見当たらないというユーザーが多いソニー ブラビア KJ-55A9Fですが、意外な事にここがちょっとという点がありました。

     

    それはリモコンが使いにくいという点です。どこが使いにくいのかというと、多機能すぎるからというのが理由かもしれません。

     

    リモコンではGoogleアシスタントボタン、ネット動画ボタン、チャンネルポン、レコーダーやメニューバー機能などが搭載されています。お年寄りくらいの年齢になったら使いにくいのかもしれません。

    映像によっては残像が見える事がある

    有機ELパネルに高性能のプロセッサーが搭載されているので、最高に美しい映像を楽しむ事ができるのですが、ユーザーの中には映像によっては残像が気になるという点をあげていました。

     

    メーカーによって得意な色や映像というのはあるかもしれません。もしそんな症状出て気になってしまったらメーカーに一度報告してみると良いでしょう。

     

    品質の向上にもつながるかもしれません。また、一定の残像が残る映像に類似した映像をご覧になるのを避けてみるのも良いかもしれません。

    やっぱりまだまだ価格が高い

    昔と比べると1インチあたりの価格は安くなってきたとは言え、まだまだ価格が高いと感じている方もいらっしゃるようです。確かに高めかもしれませんが、昔ならこの価格でこのサイズは買えませんでした。

     

    1インチ1万円の時代ならそれだけで55万円もかかっていた事を考えると、高画質高音質でこのサイズならお買い得と言えるでしょう。

    ソニー ブラビア KJ-55A9Fの良い点をレビュー

    画質が最高に良い

    ソニー ブラビア KJ-55A9Fはソニーが映像に力を入れているだけあって、美しい臨場感のある映像を楽しむ事ができる液晶テレビです。

     

    液晶と有機ELのどちらか迷う方もいるようですが、どちらを選ぶかはどんな使い方を楽しむのかを考慮して選ばれると良いでしょう。

     

    4K放送を楽しみたいのであれば、チューナーを別途購入する必要があります。最高峰と言われる高画質を楽しみたい方は、4Kチューナーも同時に購入されると良いでしょう。

    壁掛けしても音がこもらない

    液晶テレビを壁掛けにすると、裏側にあるスピーカーをふさぐ形になってしまって、何となく音がこもって聞こえてしまうのを経験された方もいらっしゃるでしょう。

     

    せっかく壁掛けをしても音がこもってしまうと残念だなと感じます。でもソニー ブラビア KJ-55A9Fは壁掛けしても高音質になるような設計になっています。

     

    設置方法ごとの音質設定を行うだけなので簡単です。

    薄型液晶なのに高音質

    液晶テレビは音を良くしようとしても、広い空間が無いので高音質は難しいとされてきました。なので多くの方は別途スピーカーを用意したりしていますが、ソニー ブラビア KJ-55A9Fは薄型ながら高音質にこだわって作られています。

     

    画面全体から音を出力したり背面にウーハーが付いているので、実際にお使いになっている方の多くは「音が良い」と実感されているようです。

     

    少しでも良い音で映像を楽しみたい方に向いているテレビです。

    ソニー ブラビア KJ-55A9Fの口コミを集めました

    シャープのハイビジョンテレビが突然壊れたので高いですが思い切って電気店で2018年12月末に購入!
    音がめちゃくちゃいいと勧められたので。
    本当に音が良くて迫力があって、テレビも薄くて家族みんなとても気に入っています!!
    ハイビジョンから有機4Kに変わるとここまで画質が違うのかと思うほどめちゃくちゃ綺麗です!!
    デッキは他社ですが今のところ問題なくいけてます
    インターネットにも繋げてるのでAmazonプライムやYouTubeなど利用してます。
    まだ来たとこなのでこれから様子を見ていきたいと思います!

    出典:https://www.amazon.co.jp

    これまで液晶テレビをご覧になっていたようですが、ソニー ブラビア KJ-55A9Fを初体験され画質の良さに感動されているようです。特に黒の発色が美しい有機ELは、動画や映画などを楽しみたい方におすすめです。

    インターネットに接続する事でネット配信を楽しめるので、いつでも見たいものをご覧になりたいという方には最適かもしれません。

    有機EL特有の素晴らしい画質とテレビという物のデザインの調和が取れている唯一無二の製品だと思います。現状で最も洗練されたテレビのデザインだと断言してもいいでしょう。この無駄のない完璧なデザインを実現しようとしたSonyのデザイナー、技術者のこだわりを感じます。
    A1から引き続き、過去のモノリシックデザインの再来ですね。
    有機EL特有の鮮やかな色味は部屋に窓が出来たのかと思うレベルで綺麗です。
    いや、むしろ現実よりも綺麗に見えてしまうので古いテレビから買い換えた方は戸惑ってしまうかもしれないくらい綺麗です。
    画面から音が鳴っているのでスピーカーも見た目上ありません。どんなインテリアにも調和してくれる最高のテレビです。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    ソニー ブラビア KJ-55A9Fはデザインがとても良いですが、やはり有機ELの特性を活かした美しい画質に満足されているようです。

    スピーカーがどこにも見当たらないので、テレビという感じがせずどんなインテリアにも調和してくれるので、和室、洋室を問わずお使いいただけるようです。

    素晴らしい色彩感で、これで日曜美術館を見ると本当に感動モノです。AndroidTVの操作にそれほど迷うようなこともなく、快適に使用できています。
    画面の色彩ばかりでなく音も大変素晴らしいです。売場で現物見てぜひこれにしたいと思っていましたが、その印象そのままです。

    出典:https://www.yodobashi.com

    販売店でソニー ブラビア KJ-55A9Fをご覧になり、ひとめぼれされて購入されたようですね。色の発色がとても良いので趣味の芸術作品の鑑賞で感動したとの口コミでした。

    有機ELの特徴でもある色彩の良さやコントラストの良さも影響しているのでしょう。

    AndroidTVでスマートスピーカーで操作出来て、有機ELで4K対応で、等々と選んでいたら、この商品になりました(^^;
    最新式だけあって、あらゆる機能がてんこ盛りなんで、そちらに不満はありません。
    ただし、時々あるだろうアップデートは、予想通り時間がかなりかかるので、それだけは今後の課題かな?
    ネット動画もキレイに観れるので、そのアップデートさえ覚悟出来れば、かなり満足出来るのではないでしょうか。

    出典:https://www.yodobashi.com

    こちらの方はご自身が欲しいと思っている機能を追求していった先にソニー ブラビア KJ-55A9Fがあったと口コミしていました。

    最新式の多機能型のテレビが欲しいという方にも納得できるテレビだという事がわかります。ただしアップデートには若干時間がかかるとの評価です。

    よいところ
    ・液晶とは比べ物にならないほど画質が良い
    ・デザインが洗練されている
    ・背面もケーブルが隠せるようになっているので綺麗に見える
    ・意外と傾斜は気にならない
    ・テレビのスピーカーをAVアンプのセンタースピーカーとして使える
    ・テレビ単体でYoutube, Amazon Prime, DAZN, Spotify などが使える
    ・テレビ単体でDLNAでNASの動画が見れる
    ・反応速度は爆速ではないがストレスはない
    わるいところ
    ・Nasneの動画が見れない時が多々ある
    ・その際Android(テレビ)を再起動しないとならない
    ・録画再生時、USB接続のHDDとNasneで操作方法が違う
    ・使わないアプリのショートカットアイコンを削除できない
    ・UIに統一感がない

    出典:https://review.kakaku.com

    画質の良さやデザインの高さが高評価です。ソニー ブラビア KJ-55A9Fは背面のケーブルを隠せるようになっているので、環境にもよりますがコードレスに見せる事ができます。

    テレビ単体で動画サイトを見る事ができるのも良いですね。ただしパソコンのようにアプリのショートカットアイコンの削除などができないなどの問題はあるようです。

    使用時間が90時間を超えてきましたので
    そろそろ評価したいと思います。
    デザイン 
     TV台の裏に機材を置く為、なるべく薄いTVである事が条件でした。
     できれば5cm未満・・調べた所はっきりしてるのはLGとハイセンスに限られました。
     A9Fは分からないので賭けでしたが、大丈夫だろうという判断で置いてみて
     3cm未満で収まったので良かったです。
    操作性
     CX-A5200を介してますがブラビアリンクでの繋がりは
     今の所、全く問題ありません。ゲーム機の起ち上げ、自動的に切り替わります。
     スタンバイスルーもOKです。
     ちょっとしたニュースでわざわざアンプの電源入れたくない時など
     スピーカー出力先を替えるだけで、簡単に切り替えられます。
     欲を言えばリモコンワンタッチで切り替えられれば便利でしたが
     ちょっと階層ふみます。
    画質
     まず色バランスが良いです。
     以前パナソニックのEZシリーズが1番色再現性が良いと感じてましたが
     今シリーズでソニーが追い付いた感じです。
     画像の色温度中ではやや白が青みがかってますが、実際にはそんなでもないです。
     好みで低にしても良いかもしれません。
     手持ちのW900Aとの比較ではあらゆる面で優位性は見せてます。
     気になる輝度もスタンダードですらA9Fの方が明るく感じます。
     HDRモードでは言わずもがな。とてもメリハリが効いた画質で新鮮味があります。
     W900Aではバックライトが横から光が漏れてるのがどうしても他の色に影響が出ますし
     自発光で色がそのまま出てくるA9Fの純度には敵わないと言った感じです。
     「液晶に戻れない」と言った言葉は聞かれますが、確かにこの映像に慣れると
     液晶TVは全体的に白っぽく見えますね。
     プロジェクターHD92との比較では
     明るさ、コントラストで圧倒するものの、全体的に映像が「軽く」感じます。
     これは単板DLPでサブピクセル(RGB)がぴったり重なってる+RGBLED(三原色光源)
     とTVでサブピクセルが並んでる+カラーフィルターの差が出てるのかもしれません。
     アニメ等の単色ではA9Fの方が素晴らしい色艶感でとても綺麗に見えますが
     朝焼け、夕焼け等、時間概念のあるオープンワールドのゲームとか
     ほぼ実写に見えるHD92に比べて表現が硬く感じます。
     以前X910のスレで「綺麗なCG」と評価しましたが、その印象は今でも変わらず。
     これが多分OLEDの特性なんだと思います。
    音質
     当方の環境では低音が程よく乗って抜けが良いです。
     TVの後ろ50cmは開けてますが音のバランスに問題はありません。
     16畳程の部屋で50前後のボリュームで聞いて
     結局音というのは部屋の響きでほぼ決まりますが、
     外部スピーカから出てくる音に比べてやや厚みが無く軽い感じはしますが
     TVの音としては不足感はまず無い聞き心地の良さです。
     ちなみに電源ケーブルはプロケーブルの無メッキに交換し
     IsotekのSIGMASに繋げてます。
    応答性能
     スプラトゥーン2が好きで遊んでますが、コントローラーの反応は特に遅いとは思いません。
     CX-A5200を介してますが、アンプ側で4k出力させてます。こちらのスケーラーが優秀なのかもしれません。
     ゲームモードでプロコンは無線ですが、問題ありません。格ゲーやリズムゲーは遅いと感じるとは思います。
     他のゲーム機でも同様でスタンダードではもっさり感はありますが、RPGなら問題ないと言った感じです。
    機能性
     ハンズフリーでTVの電源ON,OFFは新鮮には感じます。
     融通は利きませんがこれから楽しみな機能です。
     ただオーディオシステムで音出しすると誤認防止する為か、反応しなくなりますので
     改めて設定し直す必要はあります。
    サイズ
     一旦設置すると何処を持ったらいいか分からない位に無駄の無さです。
     箱だけ見ると65インチでも納まるんじゃないか?と思う位にデカいですね。

    総評
     「X1 Ultimate」は質感表現に拘った様ですが、
     HD92と比べると上記の構造上の違いなのか、もう1つ物足りない印象はあります。
     ほんとに優れているのであれば、たとえ地上波でも本物らしく見えるのですが
     ただフォーカスの甘い絵にしか見えません。
     4kという解像度は安い機種であっても同じ画素数でそれだけで精細感はあるというもので
     ここのA9Fのスレで下位モデルのA8Fとの画質差がよく分からない意見が出てますが
     当方も量販店で見てる限り差がよく分かりませんでした・・
     なのでそろそろTVで精細感を求めるのは限界なのかもしれません。
     ただ他機種の差別化という点でオブジェクトごとに精細感を出してる様で
     試しにノイズ関係を全て切った映像と入りにした映像を比較しましたが
     確かに背景から人物が浮き出てる様な感覚はあります。
     そういった味付け的な試みはとても良いとは思います。
     モニター調のHD92では良くも悪くもソースに左右され立体感に差は出ますが
     水準以上に見せつける映像はある意味強い個性を感じるので
     リアル系には向いてない感じですが、そういう方向で行くのであればとても評価出来ます。
     LGのC9の映像をYouTubeで見ましたが、年々コントラスト、色のメリハリ感が強くなってる気がしますし
     今の有機ELテレビはそれがきっと正しい選択なのだと思いました。

    出典:https://review.kakaku.com

    こちらの方はソニー ブラビア KJ-55A9Fの画質の良さや音の良さを、とても高く評価されているようです。しかしながら地上波の映像については今一つと感じたようです。

    画質や音質については個人差がどうしても評価を左右するので、ご購入を検討されている場合には口コミを参考に、最終的にはご自分のライフスタイルや好みに合ったものを選ぶと良いですね。

    最終レビューを先頭に持ってきました。
    4/29にセットして頂いて、丁度3週間経ちました。その間に発見した重要なことを記述させてもらいます。それは
    ・ドルビー ビジョンです。中身の詳細はお調べ願いたいと思います。
    4Kを買う事に焦点が当たっていて、全くドルビービジョンの事は知りませんでした。幸い、ソニーのこの機種は搭載していましたので、大変精細な画像を楽しむ事が出来ました。買う際には チェックされることをお薦めします。
    NETFLIXを契約してまして、4Kを楽しもうと
    ①4K対応のDVDレコーダーからヤマハのAVアンプ経由でホームシアターにすると『HD』と表示されました。原因はヤマハのアンプが4K(HDCP2.2)に対応して無いんですね。また、金が掛かる
    ②それではと、DVDレコーダーから、テレビ経由で観ると『UHD 4K』と表示されました
    ③物は試しとLANケーブルを直接テレビに繋いでNETFLIXを観ましたら 『ドルビービジョン』と表示され、初めて、ドルビービジョンを知った次第です。
    購入される時は、必ずチェックされることを。
    =========================================
    昨日届いて、セットして頂いたばかりでので、正に第一印象ですが、あまりにも良かったので、書かせて、もらいました。
    パナソニックの46インチ プラズマからの買い替えです。
    いつかは有機ELと、価格コムの読ませて頂いていまして、A9Gは スペックダウン? とA9Fに的を絞って価格推移を見守っていました。
    ホームシアターで映画を観ることと自然のドキュメンタリーが主です。
    ソニーに変えたのは、①センタースピーカー端子がある。今までは大きめのセンタースピーカーを置いてましたが、55インチになると、置き場が無くなり、テレビでのセンタースピーカー機能は、本当に有り難かった。②量販店で、カエル三匹のデモを見せて頂いて、映画が大半の私には、これは、楽しいと思いました。カエルの位置から声が出てくる。
    現在幾らで買えるのか、先週末に近くの量販店に行ったら、新しいカタログが置いてあり、生産終了品目になっていました。店員さんが、既にA8Fは在庫僅かですと。
    それは大変と、その場で購入を決めました。ソニーの4Kチューナー内蔵DVDを買うつもりでしたが、テレビの購入が早まったため、ソニーはまだ発売されて無く、パナソニックを買いました。
    デザイン
    実際、自宅にセットされましたら、薄い一枚の真っ黒なガラス板、ホレボレします。5度の角度を気にされる口コミも、見かけますが、全く気になりません。むしろ、大自然を空撮した映像等は吸い込まれます。素晴らしいです。
    操作性
    購入が早まったため、DVDレコーダーがパナソニックになりましたが、プラズマの時からの使い慣れた物で、かえって良かったです。テレビを入れ切りすると、レコーダー、AVアンプも連動します。同一メーカーの制限は無いんですね。グーグルアシストは中々上手くいきません(笑)
    画質
    プラズマも綺麗でしたが、桁が違います。カラーフィルターを使った有機ELとのことで、ジャパンディスプレイの有機を待とうかとも思いましたか、この感動先取りは正解でした。本当に素晴らしいです。
    音質
    ホームシアターで聴いていますので、テレビ単独の評価にはなりませんが、センタースピーカーの役割は十分果たしています。カエルは頑張っています。(笑)
    余り長くなりますので、以下は省略させてもらいます。
    総評
    ソニーの技術者&デザイナーが考えた 5度の角度は間違っていません。吸い込まれます。本当に素晴らしいの一言です。
    約1週間経ちました。そこで、その間に気が付いたことを二点 追記させて頂きます。
    ①5度の傾きについて
    ・最大の狙いは、スタンドを無くして、大きなスクリーンを少しでも下げる事。それによって大きな画面を自然な姿勢(目線は水平より若干下)で観ることが出来る。見た目もスッキリして、美しいですが。そこで傾きが必要。
    ・5度の傾きに合わせるには、テレビ台の高さ27.5cmがベスト。(目の位置によりますが)
    と言いますのは、家では3m離れた距離でソファーに座って観ています。目の位置は床から90cm。
    45cm高さのテレビ台の上に乗ってます。計算すると、角度は 1.7度。テレビ台の高さを27.5cmにすると、丁度5度になります。私の場合は、テレビ台に、パワーアンプ2台、AVアンプ、加えてDVDレコーダー2台が置かれていて、45cmは必須。しかし、1.7度でも前にも書きましたが、違和感は有りません。吸い込まれます。
    ②これは、事前調査不足でした。
    プラズマテレビの発熱は半端では、有りません。夏はエアコンが効きません。勝手に有機ELは、低いと思いこんでいました。所がこの季節で、既に熱い。
    なんと プラズマ 365w, 有機EL 393wでした。この事は、考慮しておく、必要が有りますね。

    出典:https://review.kakaku.com

    ソニー ブラビア KJ-55A9Fの画質の良さや音質の良さについては文句無しとの評価ですが、4Kチューナーについてはよく調べてから購入する事をおすすめしています。

    どんなものでもそうですが、相性もあれば専用の機器を使用しなくてはならないなどの注意点があるのは事実です。ご購入の際にはお店の方によく説明を聞いて、納得した上で購入を検討しましょう。

    コントラストがハッキリしています。黒が深くて画像がとにかくキレイです。斜めからの位置でもキレイに見れます。
    フレームがなくスッキリ。インテリアにマッチして高級感があります。
    音響ですがSONYさんの技術で画面(ガラス)を震わせて全面から音が出ます。聞き取りやすく音の広がりがあります。後ろ側の2つのウーハーから重低音は簡素なステレオと差ほど変わりありません。いい音です。とにかく部屋のどこにいても聞き取りやすい音を出してくれます(音の方向性がない) 。
    リモコン操作がサクサクです。CPUが早いのでボリュームを変える時など動きが早いです。
    ひとつ改善点があります。テレビを支える後ろのスタンドが大き過ぎて、ステレオラックの上で斜めに方向にあまり振る事が出来ません。そうでなくても最近の大型テレビは左右に首を振る事が出来なくて困っています。地震対策だとかで。 テレビの真正面のソファからならよく見れますが、斜め先にあるダイニングテーブルからは見にくいです。しかし有機ELのお陰で斜めからでも多少シャープに見えるので慣れれば何とか見れらかなと。そこだけ改善して欲しいです。あとはいい感じですね。

    出典:https://www.biccamera.com

    有機ELの黒の美しさや深みを高く評価されています。テレビは真正面から見るだけではなく、場所によっては斜めになる部分もあるのですが、ソニー ブラビア KJ-55A9Fはどこから見ても美しいとの評価です。

    ただ壁に取付ける時に使うスタンドを使うと、テレビの向きが変えられず見にくいとの事のようです。こちらについては別のスタンドをお使いになったりと、何らかの工夫が必要かもしれません。

    ソニー(SONY)

    ソニー 55V型 有機EL テレビ ブラビア KJ-55A9F 4K 2018年モデル

    価格:260,513円(税込)

    Amazonで詳細を見るヨドバシカメラで詳細を見るビックカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーソニー(SONY)商品名BRAVIA KJ-55A9F
    画面サイズ55インチ画素数3,840×2,160
    録画機能外付けHDD 声で簡単録画予約寸法/サイズ122.8×71.1×8.6
    重量23.8kg(スタンドを含む)機能Android TV サラウンドスピーカーモード

    ソニー ブラビア KJ-55A9Fの関連商品と比較する

    ソニー ブラビア KJ-55A9FとKJ-55A1の違い

    PCボンバー 楽天市場店

    ソニー/SONY BRAVIA KJ-55A1 [55インチ]

    価格:213,791円(税込)

    楽天で詳細を見るヨドバシカメラで詳細を見るビックカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    KJ-55A1は2017年6月に発売された有機ELテレビです。高画質、高音質にこだわって生産されたテレビなだけあって、4K HDR 、androidtv、NETFLIXに加えてスカパー!プレミアムサービスにも対応しています。

     

    実は KJ-55A9F にはスカパー!プレミアムサービスへの対応はしていないので、本格的にテレビ番組を楽しみたいという方にはおすすめのテレビです。

     

    大きさについては奥行きが若干あるので、その分重量もやや重いのが特徴です。違いを探すのは意外と大変ですが、スカパー!以外の違いをあげるとすれば、消費電力がやや少ないという点かもしれません。

     

    熱がこもりにくく夏場の冷房の効きが変わってくるので、電子機器を多く使っているのであれば、消費電力が少しでも少ない KJ-55A1 を選択するのもありかもしれませんね。

     

    ただし KJ-55A9F と同様に、4Kのチューナーは別途購入しなくてはなりません。さらにチューナーによっては使えないものもありますので、お買い求めの際にはお店の方に使う事ができるチューナーを聞いてから購入しましょう。

     

    2017年発売なだけあって、 KJ-55A9F と比べると1インチ当たりの価格が若干安いので、ライフスタイルやお財布と相談してどちらを購入するか検討されると良いでしょう。

    ソニー ブラビア KJ-55A9FとKJ-55A8Fの違い

    ソニー(SONY)

    ソニー 55V型 有機EL テレビ ブラビア KJ-55A8F 4K 2018年モデル

    価格:220,410円(税込)

    Amazonで詳細を見るヨドバシカメラで詳細を見るビックカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    KJ-55A8F は2018年6月に発売された有機ELテレビです。こちらも高音質に高画質にこだわった逸品で、機能的にはほぼ KJ-55A9F と変わりはなく、機能面でも画質も音質も高評価のテレビです。

     

    ほとんど機能も変わらないので違いを見つけるのは大変ですが、唯一違うという部分はサイズと重量かもしれません。実は横幅が若干大きいのですが高さと奥行はコンパクトにできています。

     

    だからとても軽めなんです。 KJ-55A9F はおよそ30kgですが、KJ-55A8F は約22.2kgと8kg近く軽いので、壁に設置する時に壁に負担がかからないというメリットがあります。また持ち運ぶ時にも楽ですね。

     

    どちらも高画質で高音質なのは同じですので、軽さで比較してみてどちらを購入するのかを決めてみると良いかもしれません。

    ソニー ブラビア KJ-55A9Fの総合評価

    Joshin web

    (標準設置 送料無料 Aエリアのみ) ソニー 55V型 有機ELパネル 地上・BS・110度CSデジタル4K対応テレビ Android TV 機能搭載BRAVIA KJ-55A9F 返品種別A

    価格:265,800円(税込)

    Yahoo!ショッピングで詳細を見るヨドバシカメラで詳細を見るビックカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ソニー ブラビア KJ-55A9Fの商品情報、機能、口コミ、そして同メーカーの人気機種との比較などをご紹介いたしました。有機ELで高画質で高音質を堪能したいと考えている方には一度は試してみたいテレビかもしれません。

     

    ソニーなだけにゲーム機との相性も良さそうですし、臨場感のある映像と音でプレイを楽しめそうですね。55インチと大画面なのでリビングを映画館のように、家族全員で楽しんでも良いでしょう。

     

    ただし4Kを楽しみたい場合にはチューナーが必要になりますので、お店でチューナーについてよく聞いたり、どんなチューナーが良いのかよく情報を集めてから購入する事をおすすめします。

     

    ただしちょっと高額な家電なので、ライフスタイルだけではなくお財布とも相談しながら購入を検討されると良いですね。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ