記事ID132791のサムネイル画像

    パナソニック VIERA TH-43GX850口コミレビューまとめ

    パナソニック VIERA TH-43GX850の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、パナソニック VIERA TH-43GX850がどんな人におすすめなのかを評価しました。

    パナソニック VIERA TH-43GX850の商品紹介

    パナソニック VIERA TH-43GX850の基本スペック

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 43V型 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ ビエラ HDR対応 TH-43GX850

    価格:120,096円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーパナソニック商品名TH-43GX850
    画面サイズ43インチ画素数3840×2160
    録画機能外付けHDDサイズ・寸法966×619×248mm
    重量17kg省エネ性能★★★

    パナソニック VIERA TH-43GX850の壁掛け

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 液晶テレビ用壁掛け金具 TY-WK3L2R

    価格:11,316円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    金具を取り付けることでTH-43GX850を壁に取り付けることができます。テレビを壁に取り付けることで視野が高くなり見やすくなるのと同時にテレビ台を置く必要がなくなり部屋全体が広く感じるメリットがあります。

    パナソニック VIERA TH-43GX850のおすすめポイント

    新4K衛星放送が見れて録画できる

    新4K衛星放送が受信できるチューナーを内蔵しTH-43GX850一台で4Kの高画質な新しい番組を楽しむことができます。また別売りのUSBハードディスクに新4K衛星放送の高精細、高音質な映像をそのまま録画ができます。

    VODサービスが充実している

    youtubeをはじめとするNetflix、Huluなどの話題のVODサービスが内蔵されていて好きな時に好きなだけお気に入り映画などを楽しむことができます。

    その場にいるかのような映像が楽しめる

    ハリウッドの映画製作者との協業で培ったノウハウを生かして変換アルゴリズムを開発し地上デジタル放送などの通常の映像もHDR相当の高コントラストな映像に変換します。

    シーンに合わせて明るさやコントラストを最適に制御することで高精度な明暗の再現処理を行うことができます。

    転倒防止スタンドを仕様

    地震による転倒を防止するためにスタンド底面の吸盤とテレビ台など接地面との間を真空に近い状態にする「転倒防止スタンド」を採用しています。

    接地面から離れる力が働くと吸盤がぴったと吸着して転倒を防ぎます。

    パナソニック VIERA TH-43GX850の徹底レビュー(評価・口コミ)

    パナソニック VIERA TH-43GX850の悪い点をレビュー

    Blue toothの接続ができない

    Blue toothのスピーカーが接続できないようです。スピーカーなどを接続するには有線になるので配線がぐちゃぐちゃになり見栄えがよくなさそうです。

    ここはBlue toothのスピーカー機材に対応していてほかった点です。

    細かな部分が不便に感じる

    取扱説明書が薄くテレビに取扱説明書が内蔵されているようです。そのためテレビを操作しながら説明書が見れず不便に感じます。またHDDへの録画モードの選択がなくなりSDカードを入れる場所もなくなったようです。

    音質が悪い

    音質が悪いとの口コミが多く目立ちました。音が軽いとの口コミが多くサウンドバーが必須と言われるぐらいです。音にこだわりがあったりする人にはかなり評価が低いです。

    HDD待機機能が不便

    USB接続のHDD待機機能を節電のため「ON」にして置くと録画一覧確認時に接続されていないとなりHDDの取り外し操作をしてもう一度つなぎ直す必要があってとても不便に感じます。

    パナソニック VIERA TH-43GX850の良い点をレビュー

    スマホからでも予約ができる

    スマホにパナソニックのアプリをダウンロードするとスマホからテレビの操作が可能になります。外出先から視聴・録画予約ができるようです。予約し忘れることなく帰宅後番組を楽しむことができます。

    地デジでも綺麗に楽しめる

    4Kテレビで地上デジタル放送を見るとどうしても画質の方が荒くなったりすることが多いですが、このテレビは地上デジタル放送でも綺麗な映像で視聴することができるようです。

    画質がよく映像が綺麗

    画質は満足できるぐらい綺麗だという口コミが多くありました。アップスケールや倍速処理に不自然な点はなくすごく滑らかな映像を映してくれるようです。

    コントラストもよく中間色もよく出ていて発色もいいようです。

    VODサービスが充実している

    Amazonプライム・ビデオをはじめyoutubeなど映画や動画を大画面で楽しむことができます。Amazonプライム・ビデオは関してはFIRESTICKをさす必要がなくなりテレビのリモコン一つで操作ができるので便利という声がありました。

    パナソニック VIERA TH-43GX850の口コミを集めました

    転倒防止のスタンドなので、二本足のものより四角くしっかりとしています。その分、置く場所としては前後に少し幅が必要かもしれませんが、私の環境では特に問題ありませんでした。

    出典:https://review.kakaku.com

    転倒防止のスタンドは四角くしっかりとした作りになっているようです。前後に置くスペースが必要になってくるようです。

    家族が、パナのリモコンが気に入っているので、これがパナに決めた大きな要因です。その他にも、Googleスピーカ/Google Home(英語版)で操作可能です。スマホにPanasonic Media Accessを入れて登録すると、外出先から視聴、録画予約が出来ます。海外出張時に出来るかは、未だ試していません。

    出典:https://review.kakaku.com

    Googleスピーカーでテレビの操作ができ、スマホアプリから視聴・録画予約ができるそうです。海外出張時に同じよなことができるかはわからないそうです。

    サクサク!十分な操作性です!
    以前はAmazonのfire stickをさしてプライムビデオなど観ていた(つまり、入力切替して、リモコンも持ち替えて操作していた)のですが、
    AmazonもNetflixも、どの入力からでもホームボタン一回押して操作するだけで、移動できるし、そのままテレビのリモコンで操作できるし、とても便利です。

    出典:https://review.kakaku.com

    Amazonプライム・ビデオをテレビで見るときの手間が少し減ったようです。リモコンでの操作も簡単ラクにできるので便利です。

    非常に惜しいモデルですね。この43インチサイズでTH-55FZ1000の様にTVの下部にサウンドバーと一体型のモデルが来年の次期モデルで発売される事を強く期待します。今回のモデルだと、別途Dolby Atmos(R)(ドルビーアトモス)対応のサウンドバーSC-HTB01を購入しての対応だと電源コンセントとHDMIケーブルがそれぞれ1つ余分に必要となり、配線がゴチャゴチャして煩わしいので残念ながら今回も購入を送ります。本当に来年の次期モデルこそは、Dolby Atmos(R)(ドルビーアトモス)対応のサウンドバーと一体型の43インチモデルの発売を期待しております。

    出典:https://www.yodobashi.com

    こちらのテレビだと音をよくしようとすればサウンドバーが別途で必要となり配線がごちゃごちゃになるみたいです。購入者の口コミではないですが、サウンドバー買うと見栄えが悪くなる参考になる口コミでした。

    Bluetooth 対応機器の情報がなかったので~プロファイルの仕様を見ると・・・
    ・HID(Human Interface Device Profile)
     ワイヤレスマウス、キーボードなどの入力機器と接続
    ・HOGP(HID Over GATT Profile)
     Bluetooth low energyを使用してマウスやキーボードなどを接続するためのプロファイル
    Bluetoothスピーカーの接続はできません。
    取説(P25)見ると「本機はスピーカーなどのオーディオ機器には対応していません。」との記載があります。
    対応してほしかったですね~

    出典:https://www.amazon.co.jp

    Bluetoothスピーカとの接続はできないようです。有線で接続する必要があるので配線がぐちゃぐちゃになるとの口コミがあったので対応して欲しかったですね。

    リモコンの反応が比較的良いと感じる。特に電源ON、TV⇔youtube、メニューの切り替え等は全くストレスを感じないレベル。チャンネル切り替えも音声が一瞬早く切り替わるので体感的に遅いとは感じない。

    出典:https://review.kakaku.com

    リモコンの反応はいいようです。反応がいいため全然ストレスを感じないようです。

     ①に番組視聴予約が出来ない。(これは重要) ②に2画面にした時、視たい番組のサイズ変更が出来ない。

    出典:https://review.kakaku.com

    他社メーカーのテレビと比べて、番組の視聴予約ができないようです。2画面もサイズ変更ができないらしく機能性が劣っています。

    音質は全然ダメで、色々調整しましたがダメでした。
    音が軽る過ぎてモノラルかと思ってしまします。サウンドバーは必須でしょう。
    とても「Dolby Atmos」をうたう代物とは思えません

    出典:https://review.kakaku.com

    音質が軽いようで調節してもダメなようです。購入前に実物を見て音を聞いた方が良さそうです。

    十分満足できます。地デジもきれいにアップコンバートされて、苦痛なく見られます。VODもみなきれいです。
    IPSなので、部屋のどこから見ても遜色ないです。
    また、エリア駆動&倍速液晶であるというところも、決め手のひとつでした。

    出典:https://review.kakaku.com

    地デジやVODの映像は綺麗なようです。またIPSパネルなのでいろんな角度から視聴しても綺麗なようです。

    パナソニック VIERA TH-43GX850の関連商品と比較する

    TH-43GX850とTH-43GX750の違い

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 43V型 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ ビエラ TH-43GX750

    価格:103,104円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    TH-GX750はTH-GX850の1ヶ月前に販売されたモデルになります。価格はTH-43GX850に比べて2万円ほどやすくなります。

     

    画質とサイズ、満足度の評価はTH-43GX850よりもいいです。スペックの仕様変更はそこまでなくHDR方式にTH-43GX850にはあるドルビービジョンがないのとTH-43GX750には倍速機能が付いていません。

     

    また、TH-43GX750の方が省エネ性能がいいです

    消費電力はTHー43GX750の方が低く同じ省エネ評価でも元が低いので年間電気代は比べるとやすくなります。

    TH-43GX850とTH-43FX750の違い

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 43V型 液晶テレビ ビエラ TH-43FX750 4K 2018年モデル

    価格:83,495円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    TH-43FX750はTH-43GX850よりも前に販売されたモデルになります。価格はTH-43GX850に比べて4万円ほどやすくなります。ランキングではTH-43GX850は18位に対してTH-43FX750は17位と両方なかなか人気のあるテレビです。

     

    デザイン、操作性、画質、音質、応答性能、サイズ、満足度、ほとんどがTH-43FX750の方が評価高いです。TH-43GX850は機能性だけTH-43FX750よりも若干評価がいいです。

     

    TH-43FX750はTH-43GX850に付いているHDR10+、ドルビービジョンが付いていません。また倍速機能もTH-43GX850はオブジェクト検出倍速表示に比べてTH-43FX750は倍速表示のみです。

     

    また、TH-43GX850にあるBS4Kと110度CS4KのチューナーはTH-43FX750には付いていません。

    そのほかの基本的なスペックは代わりがあまりありません。TH-43FX750のほうが少し寸法が大きいです。

    消費電力はTH-43GX850の方が低いですが、TH-43FX750の方が省エネ評価が高いので年間電気代は同じです。

    TH-43GX850とTH-43EX750の違い

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 43V型 液晶テレビ ビエラ TH-43EX750 4K USB HDD録画対応 2017年モデル

    価格:75,480円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    TH-43EX750はTH-43GX850よりも前に販売されたモデルになります。価格はTH-43GX850よりも5万円ほどやすくなります。

    音質、応答性能、サイズ、満足度はTH-43EX750の方が評価が高いです。TH-43GX850にあるHDR方式のHDR10+・ドルビービジョン・HLGがTH-43EX750には搭載されていません。

     

    倍速機能もTH-GX850はオブジェクト検出倍速表示でしたがTH-43EX750は倍速駆動です。BS4K、110度CS4Kのチューナーも搭載されていません。TH-43EX750はSDカードを入れることができます。

     

    サイズがTH-43GX850よりも大きくなって重さが少し軽くなります。省エネ評価は同じ星3ですが年間電気代が100円ほど安くなります。

    パナソニック VIERA TH-43GX850の総合評価

    パナソニック(Panasonic)

    パナソニック 43V型 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ ビエラ HDR対応 TH-43GX850

    価格:120,096円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    パナソニック  VIERA TH-43GX850の種類について商品概要、取扱説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

     

    TH-43GX850はyoutubeやAmazonプライム・ビデオなど映画を楽しみたい人におすすめです。一人で楽しんだり、友達・家族と楽しむことができます。テレビに特にこだわりがなく普通に見るだけでいいという人にもおすすめですが、安く購入したい人はTH-43EX750でも十分です。

    TH-43GX750、TH-43FX750もそこまで機能性としては変わりないので、安さを重視すればどっちもなしです。

     

    画質・映像は確かに綺麗になっているようですが音質が悪いとの口コミが目立ちましたので、こだわりがある人には不向きです。サウンドバーが別途で必要となりおそらくそれでカバーしても物足りない感じがあります。

     

    ぜひ、この記事を参考にしていただきご自分にあったテレビを選んでみてください。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ