記事ID132755のサムネイル画像

    SONY BDZ-FT300 ブルーレイレコーダーの口コミレビューまとめ

    SONY BDZ-FT3000 ブルーレイレコーダーの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、SONY BDZ-FT3000 ブルーレイ・DVDレコーダーがどんな人におすすめなのかを評価しました。

    SONY BDZ-FT3000の商品情報

    BDZ-FT3000の基本スペック

    ソニー(SONY)

    ソニー SONY ブルーレイレコーダー/DVDレコーダー BDZ-FT3000 3TB 3チューナー UltraHDブルーレイ対応 3番組同時録画 外付けHDD対応 無線LAN内蔵モデル BDZ-FT3000 M (2018年モデル)

    価格:74,000円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーソニー(SONY)商品名BDZ-FT3000
    機能3番組同時録画・モバイル機器連携機能・WiFi内蔵・4Kアップコンバート・ハイレゾ音質対応設計寸法/サイズ430.0mmx58.7mmx227.2mm
    重量約3.7kg

    BDZ-FT3000のおすすめポイント

    新作ドラマ・アニメガイドを1ヶ月前から予約可能に

    BDZ-FT3000に新たに搭載されたのは、先録「新作ドラマ・アニメガイド」機能です。この先録機能で、最長1ヶ月前からでも新しく始まる新ドラマや、新アニメの録画予約ができるようになりました。この機能により取り逃し機能が更に充実し、見たいドラマやアニメをいち早く探せるようになりました。

    0.5秒瞬間起動でぱっと使える

    BDZ-FT3000は起動がとて早い所もおすすめポイントの1つです。瞬間起動モードに設定しておけば、電源をオンにしたときに、わずか0.5秒で起動できる優れもの。早く見たい時にイライラしなくても良くなります。また、あまり使わない時間帯を自動で学習する機能を持っているため、消費電力の低いモードに切り替えてくれる賢い省エネ設備も備えています。

    見やすく使いやすいホーム画面

    BDZ-FT3000はリモコンのホームボタンを押すだけで、簡単に録画・視聴・予約などの画面に行くことができます。ホーム画面に行くと画面上に目的別に大きくわかりやすく分類された画面が表示されています。

     

    説明書を見なくても表示を見れば簡単に操作できるようになっていて、お子様やご年配の方にも使いやすく便利なホーム画面になっています。録画した番組も自動でアニメ・映画・ドラマなどにジャンルごとに分けて録画リストが作られるので、録画した番組も探すのが簡単です。

    外出先でもスマートフォンで視聴可能

    BDZ-FT3000には「Video&TV Side View」アプリと連携させることで、放送中の番組や、録画した番組を好きな場所で見ることができることや、録画した番組を転送してみることの他にも外出先から録画予約まで可能になります。

     

    いつでもどこでも家のリビングにいるような感覚でテレビ番組を楽しめたり、録画をし忘れても外出先で予約できたりと、とても便利な機能になっています。

    SONY BDZ-FT3000の徹底レビュー(評価・口コミ)

    BDZ-FT3000の悪い点をレビュー

    動作が遅い

    BDZ-FT3000を使用してみて、動作がもっさりしていると思われる方が多いようです。リモコンでの操作などで、移動に少しタイムラグがあることや、押したら下のアイコンが反応ししてしまうことがあるようです。あまりキビキビとした動きでは無いようなので、不満が残るそうです。

    おでかけ転送がPSPに非対応

    BDZ-FT3000には専用のアプリを使用してのお出かけ転送がありますが、BDZ-FT3000より以前の機種にはできていたPSP(PlayStationPortable)へのお出かけ転送に対応ができなくなっているとのことです。

     

    今までPSPでお出かけ転送を楽しんでいた方には機能が無くなってしまったことによってかなりの不満点になりますので、慎重に購入の検討をした方が良いかもしれません。

    クロスメディアバーが無い

    SONYと言えばクロスメディアバーというアイコンの横方向と縦方向の列で操作が分かれるSONY独自のユーザインタフェースですが、ブルーレイディスクレコーダーやPlayStationなどのゲーム機で慣れ親しんでいる方が多い印象です。

     

    2016年モデルからクロスメディアバーが廃止され、新たなホーム画面へと変わったのですが、久方ぶりにSONYの新製品であるBDZ-FT3000に買い換えて、使いにくいと感じる方が多いようです。かえってSONY製品を初めて購入される方の方がすんなりと違和感無く使用できそうです。

    BDZ-FT3000の良い点をレビュー

    新作ドラマとアニメの表示が見やすく便利

    BDZ-FT3000に新たに搭載された「新作ドラマ・アニメガイド」機能ですが、この機能がとても見やすく使いやすいと、とても好評のようです。

     

    新作ドラマ・アニメガイド機能には、番組ごとの情報ページを自動的に作成してくれる機能もあり、同じシリーズの録画済みの番組を一覧表示してくれる他、同じ出演者が出ている番組をまとめてくれたり、視聴者の口込みを表示したりするそうです。

     

    予約機能だけでは無く録画した後も、より一層楽しめるものにしてくれますので、アニメやドラマが好きな方にとてもおすすめしたい機能となっています。

    3番組同時録画が便利

    BDZ-FT3000には3つのチューナーが搭載されていて、3番組を同時に録画することが可能です。更に録画容量も3TBありますので、3番組を長時間録画しても大丈夫な優れものです。購入して3番組の録画がとても便利だと思われる方が多いのが印象的です。

     

    家族が多い場合など見たい番組がみんな違ったり、オリンピックで気になる競技を全て録画していきたいと思ったりしたときは、3番組同時録画がとても便利な機能になりますので、東京オリンピックを控えた今、購入を検討中の方は3番組同時録画機能のあるBDZ-FT3000がおすすめです。

    4K Ultra HD BDが楽しめる

    BDZ-FT3000は4KのUltra HD BDの視聴が可能となっていて、画質がとても良いと好評のようです。普段見ているものよりも格段に綺麗な映像での映画を見ることができますので、映画感さながらな映像を自宅で楽しめます。BDZ-FT3000を購入したら、4K Ultra HD BDソフトを試してみたくなりますね

    BDZ-FT3000の口コミを集めました

    2010年モデル BDZ-AX2000 が故障してしまい,後継機として購入しました.
    慣れ親しんだクロスメディアバーが廃止されたメニューには少し戸惑いましたが,これには早晩慣れると思います.
    一方変わっていないと思えたのは,ソニー BDレコーダーの悪しき伝統でもある作動のもっさり感.パナソニックのレコーダーなどを見ると,もう少しきびきびと動いているのでここら辺は改善してほしいところ.

    出典:https://www.yodobashi.com

    BDZ-FT3000はクロスメディアバーが廃止されていることに対しての口コミです。やはりSONY製品を続けて使っている方からは戸惑いの声が多い印象です。動作の動きですが、他メーカーと比べるともっさりと感じてしまうようです。

    前の機種が壊れたので購入。
    10年前と比べるとレスポンスが良いです。
    メディアクロスバーがなくなっていたのは、残念です。
    が、それらしいメニュー構成なので、違和感なく映れるかも。

    出典:https://www.yodobashi.com

    こちらもクロスメディアバーが無くなっていて残念だという口コミですが、新しいメニューもSONYらしいメニュー構成で、違和感無く移れるようですよ。

    3番組長時間同時録画が出来る機種を待っていました。いままでBDZ-AT970Tを使っていましたが、HDDが故障したため買い換えを決意しました。番組表から録画予約した後、決定までちょっと時間がかかるのとメニュー画面でワンテンポ遅いのが気になります。しかし長時間録画中にBD-Rにダビングしながら録画済み番組を再生した時のような負荷をかけた状態では、AT970Tでは再生がもたついていましたがこの機種はもたつきがなくサクサク再生、早送り等ができました。またネットワーク再生も速くなりiPadで視聴してもnasne並みの早さで再生できました。しかし画質と音質が悪く常用は難しいと感じました。テレビでの画質は向上しており進歩を感じさせられました。リモコンのパワーも強力で真正面に向けなくても反応します。これから使い込んで行きたいと思います。

    出典:https://www.yodobashi.com

    動作でもっさりと感じることはあるものの、録画済み再生や、ネットワーク再生が以前の者よりも早くなり、快適に使えているとのことです。またリモコンの反応も良いようで使い方次第では満足のいくブルーレイディスクレコーダーになりそうです。

    「充分なCPUパワー」とどこかに書かれていた割には、メニュー操作はまだまだモッサリ。BDZ-ET2000よりマシなことは確かではあるが。
    クロスメニューが使えなくなったのも、使い慣れていた身には残念。
    なによりも残念なのは、おでかけ転送がPSPに非対応になったこと。スマホで動画を再生すると過熱してハングアップする懸念があるが、PSPは安定していた。更に、0.5~2.0倍速での再生がPSPではできていたのにスマホの再生アプリではできないのが致命的。

    出典:https://www.biccamera.com

    クロスメディアバーよりも残念な事があったとの口コミです。BDZ-FT3000には以前あったお出かけ転送のPSP対応が無くなってしまったので、不便だという口コミも多い印象でした。SONY製品を購入する方の中にはゲーム機を所有していたり、SONYの製品で揃える方が多い印象ですので、PSPに対応していないとなると不便に感じる方が多いように見えます。

    過去からソニー製のHDDレコーダーを使い続けています。

    今回のモデルからUltraHDが再生出来るようになったので、買い替えをしました。
    4Kテレビのセッティングも簡単におこなってくれ、動作もある程度快適ですが、全てにおいて高速な訳ではありませんので、
    過度な期待はしない方が良いと思われます。ストレスになるような遅さではありませんが、、
    画質は良好で、不満はありません。外から観れる機能もやはり便利です。
    ただ、対応機種間での引越しダビングですが不安定な上に、同時選択が99までなので大変な手間です。
    時間がかかっても、一括選択が出来るようになるとさらに便利かと思います。

    出典:https://www.biccamera.com

    SONY製のHDDレコーダーを使い続けている方の口コミです。BDZ-FT3000は4K対応となっていますが、セッティングもレコーダー本体が簡単に行ってくれるそうなので安心ですね。

    4Kテレビとの組み合わせは最高!
    UHD-BDの画質は凄い!
    起動も早いしパナソニックからの買い替えでしたが機能性、デザイン共に満足です!

    出典:https://www.amazon.co.jp

    BDZ-FT3000は4K対応のブルーレイディスクレコーダーですが、同じく4Kのテレビとの組み合わせはとても良好のようです。デザインもスッキリしていてスタイリッシュなので、デザイン性にも満足している声も多く聞こえました。

    初めてブルーレイレコーダーを購入しました。
    他社製品との比較はできませんが、今までPS4で見ていたブルーレイがPS4より発色が良く音もはっきりと聞こえて素晴らしいですね。
    操作もしやすいです。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    初めてのブルーレイディスクレコーダーを購入されたかたの口コミです。PlayStation4でもBD再生機能がついていますのでそれで済ましてしまう方も多いかと思いますが、発色も良く操作もしやすいとのことで、レコーダーの凄さを改めて実感できますね。

    前作は悪評だったソニーブルーレイレコーダーですが、この最新機種は思ったほど悪くないかもと言うのが第一印象です。画質はとても良いし、レスポンスもほどほどの心地よさ。多分ファームウェアのアップデートによる不具合修正と機能追加もあることですし、使い込んでレビューコメントも更新していきたいと思います。次は編集機能に挑戦しなくっちゃ。

    出典:https://review.kakaku.com

    BDZ-FT3000の前の機種はクロスメディアバーが廃止されたことなどから、悪評が多かったようです。BDZ-FT3000は思ったよりも好印象のようで、画質なども良くなっているとのことです。やはり最新機種の方が購入するにはおすすめのようです。

    SONY BDZ-FT3000の関連商品と比較する

    ソニー(SONY)

    ソニー SONY ブルーレイディスク/DVDレコーダー 3TB 3チューナー 3番組同時録画 外付けHDD対応 無線LAN内蔵モデル BDZ-ZT3500

    価格:77,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    BDZ-FT3000とBDZ-ZT3500は見た目も大きく違うようですが、機能での違いはあるのでしょうか。BDZ-FT3000は2018年モデルの最上位機種でBDZ-ZT3500は2017年モデルの最上位機種となっていて、両機種最上位モデルとなっていますのでトリプルチューナーで3番組同時録画となっています。

     

    録画容量も3TBとなっているため大きな所では同じ機能となっています。この2つでの違いは2018年モデルで新たに搭載された「ドラマ・アニメガイド」機能と「4K Ultra HD BD」が対応になったことです。

     

    ドラマ・アニメガイド機能は新番組のドラマ・アニメを最長1ヶ月先まで予約することができますし、録画したアニメやドラマを番組ごとにまとめてくれる機能で、4K Ultra HD BDが対応になったことで、より綺麗な映像で映画などを楽しむことができます。

     

    その他の機能については同じものが搭載されているので、アニメやドラマ、映画を楽しみたい方は2018年モデルのBDZ-FT3000がおすすめです。デザインも大きく違ってきますので、新搭載の機能を重視しなければ、価格も両機種ともほぼ同じような価格のため、2つとも購入の検討対象に入れてみても良いかもしれません。

    ソニー(SONY)

    ソニー SONY ブルーレイレコーダー/DVDレコーダー BDZ-FW2000 2TB 2チューナー UltraHDブルーレイ対応 2番組同時録画 外付けHDD対応 無線LAN内蔵モデル BDZ-FW2000 M (2018年モデル)

    価格:56,015円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    BDZ-FT3000とBDZ-FW2000を見比べてみると見た目はあまり変わらないように見えますが、この2機種には大きな違いがあります。BDZ-FT3000とBDZ-FW2000は共に2018年発売のモデルとなっていて、2019年6月13日現在においてはSONYのブルーレイディスクレコーダーの最新モデルです。

     

    BDZ-FT3000はトリプルチューナーの上位機種、BDZ-FW2000はダブルチューナーの上位機種となっているのが大きな違いとなっています。そのため、BDZ-FT3000はトリプルチューナーですので3番組同時録画ができますが、BDZ-FW2000は2番組同時録画となってしまいます。

     

    録画容量もチューナーも少なくなると共に、BDZ-FT3000が3BTに対しBDZ-FW2000は2TBと1TBの違いがあります。その違いを除けば、2018年モデルでSONY製品新たに搭載された「ドラマ・アニメガイド」機能を始め、4K対応などのハイスペックな機能は同じものが搭載されています。

     

    ご家族が多くて見たい番組がたくさん被ってしまう方や、長時間の録画を同時にたくさん撮りたいかたはBDZ-FT3000がおすすめで、そこまで録画はしないという方はダブルチューナーのBDZ-FW2000でも十分な機能を持っていますので、利用状況に応じて購入を検討するのが良いかもしれません。

    SONY BDZ-FT3000の総合評価

    ソニー(SONY)

    ソニー SONY ブルーレイレコーダー/DVDレコーダー BDZ-FT3000 3TB 3チューナー UltraHDブルーレイ対応 3番組同時録画 外付けHDD対応 無線LAN内蔵モデル BDZ-FT3000 M (2018年モデル)

    価格:74,000円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    SONYのブルーレイディスクレコーダー BDZ-FT3000の商品情報、おすすめポイント、口コミレビュー、比較などをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

     

    BDZ-FT3000はトリプルチューナーで3番組同時録画の機能が充実した商品となっていて、新たに搭載されたSONYだけの新機能「ドラマ・アニメガイド」がとても便利で使いやすく、特にドラマやアニメが好きな方にはとても嬉しい機能となっていました。

     

    4K Ultra HD BDにも対応しているため、最高画質での視聴や、アプリによる外出先での視聴・予約など、多用にわたる機能で老若男女で楽しめるレコーダーとなっています。他メーカーに比べて動作がもっさりしているなどの口コミも多く見受けられましたが、他の機能が充実している分でカバーできているようです。

     

    SONY製品を長年愛用している方も多く、SONYの製品だからと購入している方も多い印象でした。愛用している方が多いからこそ、2017年より廃止になったクロスメディアバーを惜しむ声も多いのではないかと思われます。

     

    BDZ-FT3000はSONY製品が好きな方も、初めてレコーダーを購入する方も、アニメやドラマを思い切り楽しみたい、4Kで映画が見たいという方に、とてもおすすめしたい商品です。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ