記事ID132521のサムネイル画像

    三菱電機 HC-VXG30Pの口コミレビューまとめ

    三菱電機 HC-VXG30Pの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、三菱電機 HC-VXG30Pがどんな人におすすめなのかを評価しました。

    三菱電機 HC-VXG30Pの商品情報

    三菱電機 HC-VXG30Pの基本スペック

    三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)

    三菱電機 iNSTICK(インスティック) コードレススティッククリーナー ピンクゴールド HC-VXG30P-N

    価格:38,800円(税込)

    Amazonで詳細を見るビックカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカー三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)商品名HC-VXG30P
    寸法・サイズ1053×226×195、2.1Kg種類スティック型
    集じん方式サイクロン式ブラシタイプ自走式パワーブラシ
    スペック詳細無し

    三菱電機 HC-VXG30Pのおすすめポイント

    空気清浄機一体型の充電器

    HC-VXG30Pは充電器と空気清浄機が一体になった、新しいタイプのコードレス式スティッククリーナー。この空気清浄機の機能は掃除機本体をセットした状態でも、外した状態でも使用できます。【オート】【強】【弱】の3パターンからモードを自由に選んで使う事が出来ます。

    多種類のアタッチメントで掃除の場所を選ばない

    HC-VXG30Pは様々なアタッチメントが付属しているので、床だけでなく幅広くお掃除をする事が出来ます。

    アタッチメントは全部で2つ。すき間掃除やテーブル掃除に使える【毛ブラシ】付け替えれば布団掃除に使える【アレルパンチふとんクリーンアタッチメント】床だけでなく、この2つを使い分けて色んな場所の掃除が可能です。

    自走式で掃除が更に楽に快適に

    HC-VXG30Pは「自走式パワーブラシ」が搭載されている為、
    お掃除の際にフローリングでも絨毯やカーペットの上でも掃除機自体がスイスイ進んでくれるので、お掃除も今まで以上に楽にそして快適にする事が可能です。

    三菱電機 HC-VXG30Pの徹底レビュー

    三菱電機 HC-VXG30Pの悪い点をレビュー

    毛ブラシが小さい

    HC-VXG30Pは付属品が多種用意されているのですが、その一つ【毛ブラシ】が小さいとの声が聞こえてきました。

    様々な場所での掃除に対応したアタッチメントですがブラシ部分が小さいので、
    何往復も掃除する必要がある様です。細かな部分の掃除には向いていますが、広くお掃除をされたい方には注意が必要です。

    掃除中の音が大きい

    HC-VXG30Pはお掃除中のメインブラシの音が大きいと言う声が少なからず聞こえてきました。

    モーター稼働音はそこまで大きくは無い様ですが、パワーブラシを採用している為、
    吸引する際のブラシが力強く、フローリングや廊下等の板場での音が大きくなってしまう様です。日中の掃除であれば良いのですが、夜間での掃除の際にはあまり向いていないかもしれません。

    重量が重い

    HC-VXG30Pは重量が重いとの声も聞こえてきました。特に女性の方の意見が多く見受けられました。

    スティッククリーナーの主な特徴としてコードレスなので場所を選ばず掃除が出来ると言うメリットがある反面、どうしても掃除機自体の重さがあります。自走式なのでお掃除の際には少し軽減はされますが、重さ2.1Kgは女性にとっては移動の際などに少し重く感じてしまう様ですね。

    サイズが大きいのでかさばる

    HC-VXG30Pはサイズ感が大きい為かさばると言う声も聞こえて来ました。
    HC-VXG30Pは商品特性上、空気清浄機の役割も果たせる機種の為、充電器のサイズが大きくなっております。その為、スペースが十分に確保出来ていないと置く場所に困ってしまう事もありそうです。

    三菱電機 HC-VXG30Pの良い点をレビュー

    1台で2役の使い方が出来る

    HC-VXG30Pは空気清浄機とコードレス掃除機の1台で2役担う事が出来る商品です。
    従来の商品だと掃除機と空気清浄機は、それぞれ1台ずつで役割を担っている為、購入の際は2台分のコストとスペースを確保しなくてはいけませんでした。

    ですがHC-VXG30Pはその両方を1台で出来る為、コスパ良し。利便性良しの商品となっています。

    手入れがし易い

    HC-VXG30Pはお掃除後のお手入れが簡単に出来るのも魅力の一つとなっています。
    お掃除が終わった後のダストボックスはほこりや塵が溜まってしまい、必ず掃除をしなくてはいけない為、面倒に思われる方も居ると思います。

    ですがHC-VXG30Pはワンタッチでゴミを捨てる事が出来て、更に水洗いも可能なので、お掃除後の後片付けもラクラクです。

    おしゃれなデザイン

    HC-VXG30PHAデザイン性にも優れております。
    掃除機だけでなく空気清浄機としても使うとなると、やはりリビングに置く機会も増えると思います。HC-VXG30Pは上品な色合い、且つスマートな見た目なので、
    リビングに置いてもインテリアとして映える様な作りとなっています。

    三菱電機 HC-VXG30Pの口コミを集めました

    見た目も美しいのはもちろん、コードレスがこんなにも使いやすいのか!と実感。吸引力はコードレスにしてはいい方かなと思います。何よりゴミ捨て部分が取り外してまるごと水洗いできるので清潔に保てます。空気清浄機としての機能はありますが、排出が床部分なので、ホコリ舞うかなと使わないつもりですが、気になるのはそれぐらい。十分満足おすすめです。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    やはり掃除機としてだけでなく空気清浄機としても利用するので、選ぶ上でも見た目は重要なポイントですね。

    見た目が美しいだけでなくお手入れも簡単に出来るのは、普段掃除をする上でも大切なポイントですので、水洗いが出来る事は高評価の様ですね。

    軽くて持ちやすく、吸引力も問題なし。
    置いてる姿もスタイリッシュでお部屋の雰囲気を損なわない。
    フィルター掃除も丸洗いができて衛生面も問題なし。
    買ってよかった。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    HC-VXG30Pは吸引力もさる事ながら、このデザイン性も素晴らしいという声も聞こえてきました。またコードレスの掃除機はファイルターの掃除が面倒なイメージがありますが、HC-VXG30Pフィルターの丸洗いが出来るので、その点もおすすめポイントとなる様です。

    吸引力もそこそこあり、ちゃんととれます。
    なにより、一台4役ってのがありがたい。
    布団クリーナーとして使うと、結構布団に吸い付いて力が要ります。終わると白い粉がたくさんとれてました。

    ごみ捨てがちょっと課題かな。こういうタイプはどんなに注意してもカップからせっかく吸ったチリが舞いますね。
    この辺を改善できたら良いんだろうな。

    空気清浄機としての効果はわかりませんが、とりあえず玄関においてみてます。花粉症の時期になったら効果がわかるかも。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    HC-VXG30Pはアタッチメントを付け替えるだけで色んな場所の掃除が出来るのも魅力となっている様ですね。

    特に普段から汚れが出易い布団掃除が出来るのは、どの年齢層の方にとっても嬉しい機能ですよね。ゴミ捨ての際は一度ダストボックスを開ける必要がある為、ゴミが飛ばない様に気をつける必要はありそうです。

    もっと実用性を考えて、アタッチメントのバリエーションを用意して欲しい。
    毛ブラシが小さ過ぎて、何往復も掃除する必要がある。
    オプションで大きめのブラシがあるかと思いましたが、
    付属でついてくるものだけしか用意されていません。
    三菱電機さんへ要望を伝えましたので、今後のオプション拡大に期待します。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    HC-VXG30Pはアタッチメントも多数付属しておりますが、どんな場所でもこれ一つで掃除したいと言う方は少し物足りなさを感じてしまう様です。

    毛ブラシは細かい場所の掃除には重宝しそうですが、広い場所や広範囲を掃除する場合には何往復かする必要があるので、掃除したい場所やその広さによって購入を検討した方が良いかもしれません。

    掃除機をしまう場所に困っていたが、これなら常にリビングに置いていても違和感もなく
    本当に直ぐに使えるので、掃除の頻度が上がった。
    分解清掃も簡単だし、懸念していた交換用フィルターも販売されているも良い。
    布団クリーナーとしても毎日利用している。

    課題点は、バッテリーの持ちと交換費用と期間であるが、年に一回あるかないかだけに
    気にする必要もないかなと考える。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    HC-VXG30Pはリビングにそのまま置いておく事が出来るので、掃除をしたい時にサッっと取り出せる事も魅力の一つの様です。取り出しやすい分掃除の頻度も上がり、結果的にはお部屋を綺麗に保つ事が出来ます。

    またフィルター交換の簡単さと、アタッチメントの切り替えによりお布団掃除が出来る事も購入のポイントになりそうです。

    年齢の関係で妻が1階と2階にコードレスを置きたいというので、色々悩みましたが、使わない時の充電方法や置き場所、見た感じでこれにしました。まだ、長い時間は使用していませんが、吸引力は問題がないです。マイナス点は付属品が大きくて邪魔なこと。布団用のノズルは要りません。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    HC-VXG30Pはその見た目やデザインでインテリアとしても置いておく事が出来るという点で購入される方もいらっしゃる様ですね。

    そして付属品が多数付属しており様々な場所を掃除出来ますが、お布団掃除などをされない方にとっては付属品の置き場所に困ってしまうという事もある様です。購入の際は利用用途とスペースを考えて購入を検討するのが良いかもしれません。

    スタイリッシュなので、リビングに置いていても、掃除機とは誰も思いません。まず、このアイデアとフォルムに感動です。

    機能的にも優れていて、ゴミもいっぱい吸ってくれるので、キレイになった実感がアリアリです。きょうはどれだけのホコリがたまるかなぁ~って楽しみで、掃除機がけが大好きになりました。
    掃除機はコードレスに限りますね。

    「よくぞうちに来てくれたね。」と愛おしくさえ思えます。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    HC-VXG30Pのデザイン性は幅広い年齢層からも指示がある様です。閉まうスペースが確保出来ない方でもインテリアとして置いておく事が出来るのでスペース確保も出来ます。

    また、デザイン性だけでなく吸引力もあるのでお掃除の際にも役立ってくれます。毎日お掃除を楽しくさせてくれる掃除機になりそうですね。

    今までマキタのコードレスクリーナー使ってましたが、1紙のフィルタが取り換えが面倒、
    2バッテリのパワー不足でじゅうたんを十分に吸えない、3かといって大きい掃除機は収納場所に困る、
    という3つの問題の中で、なかなかいいものがありませんでした。
    そんな中この三菱のINSTICKを見つけ、即購入。
    空気清浄機兼用のスタイリッシュな形状で、その辺に置いておいても違和感なく、かつ、
    モーターの三菱というか、吸引力も予想以上、そして紙フィルタから解放され、掃除毎にごみを
    捨てられ非常に快適な掃除生活がはじまりました。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    コードレスクリーナーを使う上で、【掃除後のお手入れが大変】【充電持ちが悪い】【収納場所に困ってしまう】こういったお悩みを抱えていた方も多いと思います。

    ですがHC-VXG30Pであれば、お手入れはワンタッチで簡単に出来て水洗いも可能。
    充電も120分の充電で30分の稼働。デザイン性も優れているのでリビングのインテリアとして利用。

    上記の使い方が出来る為、初めてのコードレスクリーナーには持ってこいの商品ですね。

    三菱電機 HC-VXG30Pの関連商品と比較する

    HC-VXG30PとHC-VXG20Pの違い

    三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)

    三菱電機 iNSTICK(インスティック) コードレススティッククリーナー シルバー HC-VXG20P-S

    価格:37,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    HC-VXG30PとHC-VXG20Pは比べると何処か違うのでしょうか。型番を見るとHC-VXG20Pが一つ前の型番となっていますね。

    HC-VXG30PとHC-VXG20Pは同じパワーブーストサイクロン搭載の機種になりますが、とHC-VXG30Pの違いは大きく分けて3つあります。

     

    1つ目に脱臭効果があるか無いかです。掃除の際の脱臭効果はHC-VXG30Pから追加された新たな機能となっており、お部屋の匂いやハウスダストが気になる方には嬉しい機能となっております。

     

    2つ目に空気清浄機の音の大きさです。HC-VXG30PとHC-VXG20Pはどちらも空気清浄機の機能が付いておりますので、掃除機だけでなく空気清浄機としてご利用される方も多いかと思います。そんな時に気になるのは音ですよね。空気清浄機にはモードが2種類用意されており【強】モードと【弱】モードがあります。強の音は両機種共に50dBとなっておりますが、弱モードでの大きさはHC-VXG20Pが33dB、HC-VXG30Pが29dBとなっております。

    その為、寝室などでも利用を考えている方は注意が必要です。

     

    3つ目に布団掃除が出来るかどうかです。現在は掃除機は床の掃除だけではなく様々な機能性を併せ持っている事が特徴となっております。その中でも布団掃除は主婦の方々にも嬉しい機能なのでは無いでしょうか。HC-VXG20Pの時には無かった布団掃除機能もHC-VXG30Pからは搭載されているのも購入のポイントになると思います。

    HC-VXG30PとHC-JXH30Pの違い

    三菱

    三菱 サイクロン式スティッククリーナー 充電式 自走パワーブラシタイプ シャインブロンズ【掃除機】MITSUBISHI iNSTICK ZUBA Q HC-JXH30P-D

    価格:46,880円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    HC-VXG30PとHC-JXH30Pの違いについても見ていきましょう。型番表記の内容で見ての通りですがHC-JXH30PはHC-VXG30Pの後継機種となっております。

     

    HC-VXG30PとHC-JXH30Pにも違いが大きく分けて4つありますので1つずつ紹介していきます。

     

    1つ目にモーターの違いです。HC-JXH30Pでは最新式のJCモーターが採用されており、毎分12万5千回転もの高速回転を実現させており、従来の風神サイクロンテクノロジーよりも更に強力な吸引力で掃除をする事が出来ます。

     

    2つ目にフィルターの違いです。HC-VXG30PのフィルターはHEPAフィルターとなっておりダニや花粉等の0.3μm以上の微細な浮遊じんを99.97%以上もカットして綺麗な空気を出す事が出来る作りとなっておりました。しかし後継機種のHC-JXH30Pでは銀ナノHEPAフィルターが採用されている為、更に銀の効果で雑菌が繁殖しないので嫌な臭いが発生しにくい作りになっております。

     

    3つ目に重量が軽い事です。HC-VXG30Pの重さは2.1KgでしたがHC-JXH30Pの重さは1.8Kgとなっており女性の方や高齢の方のお掃除も比較的しやすくなっています。

     

    4つ目に清掃ランプの有無です。HC-JXH30Pには清掃ランプの機能が追加されております。清掃ランプがある事によりフィルターを掃除するタイミングを教えてくれるので常に清潔に吸引力も高い状態で使う事が出来るのが魅力です。ただし集塵容量は0.25リットルとなっておりHC-VXG30Pの半分となって居るので小まめなゴミ捨てが必要になる点は注意が必要です。

     

    上記内容が違う点として挙げられますが一番の違いとしては、HC-JXH30Pには空気清浄機の機能は付いておりません。あくまでも掃除機としての機能に特化したモデルとなっているので選ぶ際には注意が必要です。

    三菱電機 HC-VXG30Pの総合評価

    三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)

    三菱電機 iNSTICK(インスティック) コードレススティッククリーナー ピンクゴールド HC-VXG30P-N

    価格:38,800円(税込)

    Amazonで詳細を見るビックカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    三菱電気 コードレススティッククリーナー HC-VXG30Pの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

     

    HC-VXG30Pはコードレス掃除機と空気清浄機の2通りの使い方が可能な機種となっており、デザイン性も優れている為、自宅のインテリアとしても設置が出来ます。

    評価としては、HC-VXG30Pはお部屋の掃除と空気清浄機の両方の機能がついている為、新生活をスタートさせる方や1LDK等収納スペースの確保が難しい方におすすめです。デザイン性も高くインテリアとしても使えるのでおしゃれな家電をお求めの方には是非ご検討頂きたい商品です。

    お掃除機能に特化したモデルの用意もありますので、使い方や用途に応じて自分に合った製品を選ぶのが大事です。ぜひ、自分にあった製品を探してみてください!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ