記事ID132298のサムネイル画像

    シャープ SJ-W352D 冷蔵庫の口コミレビューまとめ

    シャープ SJ-W352D 冷蔵庫の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、シャープ SJ-W352D 冷蔵庫がどんな人におすすめなのかを評価しました。

    シャープ SJ-W352Dの商品情報

    SJ-W352Dの基本スペック

    シャープ(SHARP)

    シャープ SHARP 冷蔵庫(幅60cm) 350L どっちもドア 3ドア SJ-W352D-N

    価格:89,800円(税込)

    Amazonで詳細を見るヨドバシカメラで詳細を見るビックカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーシャープ商品名SJ-W352D-N(ゴールド)
    寸法・サイズ600mm×660mm×1690mm庫内容量350L
    ドアの開き方左右開きタイプ省エネ性能(★~★★★★★)★★★★
    その他機能節電モード、ノンフロン冷媒、防カビ処理、ドア閉め忘れ防止ブザー

    シャープ SJ-W352Dのおすすめポイント

    どっちもドアで開け閉めらくらく

    SJ-W352Dには人気の機能『どっちもドア』が施されており、左右どちらの利き手にもしっかり対応しています。また、高さがコンパクトでありながらも、中の食品収納スペースは広々としており、比較的大きな調味料食品を保存する機会が多い方にもおすすめです。

    女性にやさしい設計で物の出し入れが簡単

    高さ169cmと低めの設計となっており、これまで高い場所に置いた物の出し入れに苦労されていた女性にも使いやすい冷蔵庫です。また、高さが抑えられたことで冷蔵庫自体にも安定感が生まれ、万が一地震や火災などで不測の事態に直面した際にも安心の設計となっています。

    節約家に嬉しい「節電モード」付き

    便利な「節電モード」が備わっているので、消費電力を最大で7%節電することが可能です。使う時だけでなく、使わない時にも節電したい方には嬉しい機能となっており、冷蔵庫の使用状況から的確に判断してくれる仕組みとなっています。

    シャープ SJ-W352Dの徹底レビュー(評価・口コミ)

    シャープ SJ-W352Dの悪い点をレビュー

    稼働音が気になる

    節電モード」など嬉しい機能が搭載されているSJ-W352Dですが、稼働音がやや気になるとの声も寄せられています。特にコンプレッサーの音がうるさくて気になるとの声が多く寄せられており、神経質な方は購入を慎重に考える必要がありそうです。

    ドアの開閉がスムーズじゃない

    SJ-W352Dでは便利な左右開きタイプの一方で、開閉がスムーズに行かないとの声も上がっています。そのため、やや強めに閉めなくてはならないようです。しかし、強く閉める場合には冷蔵庫自体にも余計なダメージを与えてしまう可能性があるため、その部分でストレスを感じられる方も少なくないようです。

    やや霜が付きやすい

    夏場に重宝する冷凍庫ですが、SJ-W352Dでは霜がやや付きやすいとの意見も少なからずあります。大抵の商品には影響がないとは言え、一部商品では見た目だけでなく味にも影響することがあるため、特に冷凍庫を多用される方には注意が必要になりそうです。

    トビラ内側にあるポケットが使いづらい

    SJ-W352Dのトビラには牛乳パックや小瓶などを収納できるポケットが備え付けられているものの、若干サイズ感が悪いため、使い勝手にはやや不満の声が聞かれます。そのため、これまでトビラ付近にあったポケットを重宝していた方には、少なからずデメリットになる恐れがありそうです。

    シャープ SJ-W352Dの良い点をレビュー

    容量が大きく使い勝手が良い

    SJ-W352Dは高さもコンパクトに抑えられているため、お子さんや女性でも使いやすくなっています。それでいて、冷蔵庫の中は意外と奥行きも広く、小さなものから大きなものまで、自在に物を出し入れすることが可能です。そのため、どの世帯の購入者からも使いやすいとの声があがっています。

    シンプルで使いやすい安心の日本製

    SJ-W352Dに搭載されている機能は必要最低限のものとなっているため、電化製品の扱いが苦手な方でもシンプルで使いやすいのもSJ-W352Dの特徴です。また、安心の日本製であるため日本人にとっては使いやすく、万一の時には修理や相談に出しやすいのもメリットとなっています。また、製氷も主流の自動ではなく、手動でできる点も購入者から高評価を獲得しているようです。

    少ない開閉で物の出し入れができる

    SJ-W352Dには「どっちもドア」機能が付いているため、比較的小さな開閉で、物を出し入れすることができます。そのため、限られたスペースで冷蔵庫を使いたい方におすすめです。また、左利きの方にとってはドアの開閉方向が決められるのもメリットです。

    シャープ SJ-W352Dの口コミを集めました

    自動製氷がない代わりに金額が安いのでありがたい

    出典:https://online.nojima.co.jp

    SJ-W352Dには自動製氷機能がないことで、冷蔵庫その物の価格をぐっと抑えられる点に魅力を感じられる方が多くいらっしゃいます。自動製氷を重宝される方がいる一方で、普段は氷を必要としないライフスタイルを送られている方も多いため、シンプルさに魅力を感じられている方も多いようです。

    製氷機は自動のものは不要だと思っていたので、シンプルな手動の製氷機のみなのも好感が持てます。

    出典:https://bbs.kakaku.com

    現在、ほとんどの冷蔵庫には自動製氷機能が付いていますが、従来の手動タイプの方が使いやすく好きだと言う方も多いため、そのシンプルさを評価する声が多く上がっています。また、自動とは違い製氷の必要が無い時には稼働しないで済む点も高評価のようです。

    期待した以上の冷蔵庫です。
    限られたスペースを非常に効率的に使える冷蔵庫と思います。

    出典:https://review.kakaku.com

    限られたスペースで効率的に使える点が気に入られている方が多いようです。一軒家だけでなく、アパートやマンション住まいの方も多いので、そういった方々からの高評価が目立ちます。

    ほとんどの機種は自動製氷となっていたので、結局一番安いい普及型を選ぶことになったが、これで十分だし、壊れるところが少ないのも気に入っている。電気代は、これまでの物に比べて半分となった。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    手動のメリットとして、電気代も節約できることを挙げられている方が多くいらっしゃいます。一方、簡単に氷が作れる自動製氷機能でないことに不満を持たれる方も少なくないため、相反する意見が目立ちます。

    4人で使うために購入。この容量と機能でこの値段はかなりお買い得だと思う

    出典:https://review.kakaku.com

    コンパクトなSJ-W352Dですが、中の容量がたっぷりあり、会社などでも使われているという意見もあります。見た目はコンパクトながら中にはしっかり物が入るので、大人数での使用も十分可能です。

    特に重視したのは、自動製氷機のないことで、衛生面や壊れにくさを考えて、手動で製氷皿に水を入れられる機種を探した。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    手動製氷機のメリットとして、特に衛生面を挙げられる方が目立ちます。多湿となる梅雨時や35℃以上を超える日もある夏場には洗いやすく、そして管理も楽な手動製氷機の方が重宝される傾向にあるようです。

    この冷蔵庫は見た目のサイズに比べて、容量も大きくて静音性に優れてます。
    夫婦2人で使う分には全然問題ないレベルです。

    出典:https://review.kakaku.com

    一部、コンプレッサーの稼働音が気になると言う意見が出ているものの、概ね静音性には問題がないとの声も挙がっています。コンパクトで扱いやすく、音も静かなため、神経質な方にも使い勝手が良さそうです。

    出巾が大きいので奥の物が取り出しにくいところはありますが、ちょうどよい容量で満足しています。製氷機の製氷ケースも置場もないので使いづらいです。

    出典:https://www.biccamera.com

    SJ-W352Dは男女問わず使いやすいサイズになっており、また、その容量に満足しているという意見が目立ちます。一方で必要最低限のシンプルな機能となっているため、専用の製氷ケースが無かったりするのが不便だという声も挙がっています。

    シャープ(SHARP)

    シャープ SHARP 冷蔵庫(幅60cm) 350L どっちもドア 3ドア SJ-W352D-N

    価格:89,800円(税込)

    Amazonで詳細を見るヨドバシカメラで詳細を見るビックカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーシャープ商品名SJ-W352D-N(ゴールド)
    寸法・サイズ600mm×660mm×1690mm庫内容量350L
    ドアの開き方左右開きタイプ省エネ性能(★~★★★★★)★★★★
    その他機能節電モード、ノンフロン冷媒、防カビ処理、ドア閉め忘れ防止ブザー

    シャープ SJ-W352Dの関連商品と比較する

    SJ-W352DとSJ-PD27Dの違い

    シャープ(SHARP)

    シャープ プラズマクラスター搭載 冷蔵庫 270L(幅54.5cm) 大容量ボトムフリーザー ブラウン系 SJ-PD27D-T

    価格:63,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    SJ-W352DとSJ-PD27Dの容積は、それぞれ350Lと271Lです。それに伴い、前者の方が2万円以上高い価格となっています。

     

    また、SJ-W352Dがどっちでもドアであるのに対し、SJ-PD27Dは右開き。SJ-PD27Dにはシャープの売りでもあるプラズマクラスター(冷気除菌)が搭載されている一方、SJ-W352Dには搭載されていなかったりと、両者には機能性の面で大きな違いがあります。

     

    さらに、SJ-PD27Dには『自動製氷』や『おいそぎ冷凍』と言った最新機能も搭載されており、機能性を重視する方から人気を集めています。

     

    一方で、SJ-W352Dには余計な機能が付いておらず、容量やコスパを重視する層から人気です。

     

    年間電気代(50Hz) はどちらも1万円台と差は無く、どちらにもメリット・デメリットがありますので、ライフスタイルやお家の間取りなど、総合的に考えて判断されるのが良いかもしれません。

    SJ-W352DとSJ-W411Eの違い

    SHARP(シャープ)

    シャープ SHARP プラズマクラスター 冷蔵庫 (幅60.0cm) 412L 両開き 5ドア シャンパンゴールド SJ-W411E-N

    価格:115,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    SJ-W352DとSJ-W411Eを比べた場合、後者の方が一回り大きいサイズとなっており、容量も60L以上多くなっています。それに伴い、SJ-W411Eは10万円を超える価格となっており、メインはファミリー層です。

     

    機能面で言えば、SJ-W411Eには従来比3倍速で冷凍できることで注目されている『おいそぎ冷凍機能』が搭載されています。さらに、『プラズマクラスター』や『自動製氷』と言った機能も備わっており、楽した生活が送りたい方には圧倒的に便利なアイテムとなっています。

     

    また、年間の電気代(50Hz)で比較した場合でも、SJ-W352Dが11610円であるのに対しSJ-W411Eは9180円であることから、節約趣向が高い方にも後者がおすすめと言えそうです。

     

    しかしながら、限られたスペースで効率的に使いたい方や単身者にとっては余分な機能が必要ない場合も多いため、SJ-W352Dで十分だと言う方も多いでしょう。

     

    また、ファミリー世帯でも小さなお子様や高齢者がいらっしゃる場合には、万一の事を考えると、コンパクトで使いやすいSJ-W352Dの方がよりおすすめです。

     

     

     

     

    SJ-W352DとSJ-GW36Eの違い

    シャープ(SHARP)

    シャープ SHARP プラズマクラスター冷蔵庫(幅60.0cm) 356L 3ドア(両開き・どっちもドア) グラデーションレッド SJ-GW36E-R

    価格:124,000円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    SJ-W352DとSJ-GW36Eは、質量、容積でわずかに差があると言えど、幅・奥行・高さの全てが同じサイズです(600mm×660mm×1690mm)。また、どちらにも「どっちもドア」が採用されるなど、近い機能性を持ちあわせています。

     

    いくつかの相違点として、SJ-GW36Eには「おいそぎ冷凍」や「自動製氷」と言った最新機能が備わっているため、SJ-W352Dに比べ本体価格もやや高めです。

     

    しかしながら、SJ-GW36Eはシャープ製品ではトップクラスの年間電気代(50Hz)8910円を実現、一方、SJ-W352Dは11610円であるため、長期間使用する分にはSJ-GW36Eに分があると言えます。

     

    そのため、比較的短期間の使用で買い替えを検討される方にはSJ-W352D、買い替えはせず、長く使用する予定の方にはSJ-GW36Eがおすすめと言えそうです。

     

    シャープ SJ-W352Dの総合評価

    シャープ(SHARP)

    シャープ SHARP 冷蔵庫(幅60.0cm) 350L 両開き 3ドア シルバー系 SJ-W351E-S

    価格:68,233円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    シャープ SJ-W352Dについて、 商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価 、他製品との比較をまとめました。

    SJ-W352Dには現在主流となっている便利な新機能などはやや少なめとなっています。その分、無駄が少なく、サイズ・本体価格、そして電気代のバランスが良く、幅広い層から人気を集めています。

     

    また、ベーシックで落ち着いたカラーで、どの住宅のインテリアにも合わせやすいのも嬉しいですよね。新機能を搭載した冷蔵庫が続々出るなか、従来のシンプルで使いやすいタイプを求められている方も多く、そう言った方々にはもってこいの商品と言えるでしょう。

     

    他のシャープ冷蔵庫と比べた場合、そのコンパクトと扱いやすさは大きな魅力であり、初めて冷蔵庫を購入される方や、新たに買い替えを検討されている女性や高齢者の方にもおすすめです。

     

    手動での製氷機能に代表されるよう、こまめなお手入れが苦にならず、また、冷凍庫をあまり使用しない冷蔵庫中心のライフスタイルの方に、SJ-W352Dはもってこいの商品と言えるでしょう。

     

     

     

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ