記事ID132181のサムネイル画像

    シャープ KC-E50 加湿空気清浄機の口コミレビューまとめ

    シャープ 加湿空気清浄機 KC-E50の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、シャープ 加湿空気清浄機 KC-E50がどんな人におすすめなのかを評価しました。

    シャープ(SHARP) KC-E50の商品情報

    シャープ(SHARP) KC-E50の基本スペック

    シャープ(SHARP)

    シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター搭載 ホワイト KC-E50-W (2014年モデル)

    価格:26,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る価格.comで詳細を見るヨドバシカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーシャープ(SHARP)商品名KC-E50 w (ホワイト)・B (ブラック)
    サイズ39.9×23×高さ61.5適用床面積空気洗浄 23畳・加湿空気洗浄 プレハブ洋室 13畳 木造和室 8畳
    センサーホコリ・ニオイ・温度・湿度・照度機能花粉モード・PM2.5モニター・静電気除去・除電

    KC-E50のおすすめポイント

    5つのセンサーを搭載

    ホコリ、ニオイ、温度、湿度、明るさの5つのセンサーで賢く運転します。
    新しく搭載された明るさのセンサーは、部屋の明るさを検知してくれるので、お部屋が暗くなったら運転音を静かにし、モーターの明かりも抑えて運転してくれます。

    梅雨モードでニオイやカビも抑える

    じめじめした湿気やニオイの気になる梅雨の季節に、プラズマクラスターと風量強めの自動運転によってカビを予防したり、ニオイを抑える事が出来るので非常におすすめです。

    おやすみモードで静かに

    おやすみモードを搭載しているので、お部屋が暗くなったら表示ランプや音を抑えつつ
    うるおい湿度にしてくれる嬉しい機能がついています。
    さらに明るさのセンサーで、お部屋が暗くなった時には自動で表示を消灯してくれるので
    まぶしくなくて便利です。

    シャープ(SHARP) KC-E50の徹底レビュー

    KC-E50の悪い点をレビュー

    フィルターからの異臭

    半月ほど使用したのち、臭い空気が部屋中に広がってしまったようです。
    メーカーによるとニオイの強い部屋で使用すると数週間から数か月でニオイが発生してしまうようで、こまめなフィルターの交換が必要だそうです。

    ペットの臭いがとれない

    犬や猫にも安心して使えて、ペットの健康や快適さを追及した空気洗浄器ですが、あまり効果が感じられない方もいる一方で、効果があった方もいて住まれているお家や飼われているペットによって個人差が出ているのかもしれませんね。

    パワー不足

    空気洗浄器としてはホコリやちりを吸ってくれるそうですが、加湿機能の方が圧倒的にパワーが足りないとの事。
    空気洗浄の機能を使う時の適用床面積が23畳までなのに対し、加湿器の適用床面積は部屋の構造にもよって8畳~13畳と違うので注意が必要です。

    管理が面倒

    冬季に加湿機能を利用して運転していたらしいですが、加湿フィルターがカビ臭くなってしまったのと、部屋に嫌な臭いが篭るようになってしまったとの事。
    こまめなフィルターの交換が必要なので、メンテナンスが面倒に思えてしまいますね。

    KC-E50の良い点をレビュー

    汚れが目に見えて分かる

    日々使っていくと後ろのフィルターが汚れていくので、ちゃんとホコリやゴミを吸ってくれているんだなと一目で分かるようになっているそうです。汚れが目立ってきたらフィルターの掃除をする目安になるので一目で確認できるのは、ありがたいですね。

    のどの違和感が無くなった

    冬場の就寝時にはのどに違和感を覚えていたそうですが、空気洗浄器を導入した事によって
    のどの違和感は消えたそうです。おやすみモードのうるおい湿度の効果でしょうか。同じ悩みをお持ちの方にはおすすめです。

    花粉症が緩和

    花粉症でくしゃみが止まらず、寝ていても鼻づまりのため口呼吸をしていた方が購入後症状がすごく楽になったみたいですね。
    また一日中″強″でつけていても一時間あたり0.4円なので電気代が安く重宝しているんだとか。

    キャスター付きで楽

    キャスターがついているので、お掃除や移動させたい時に左右にスライドさせられるので
    非常に便利です。またキャスターにはストッパーもついているので固定させたい時に動かなくなるので安心です。

    シャープ (SHARP) KC-E50の口コミを集めました

    以前プラズマクラスターのエアコンを使用していて、とても良かったので、そこからプラズマクラスター製品にハマりこの商品を購入しました。
    設定が同じボタンでも色々あり長押しするだの複雑で、たまに説明書をまた見直したりしますが、ちゃんとニオイを察知して空気清浄してくれます。稼働音も大きくありません。本体の大きさはそこまで大きくなくスリムなので重宝してます。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    様々な機能を搭載した空気洗浄器だからこそ、ボタンの操作方法が少々複雑で、色々な種類の設定があるので、慣れていない方ははじめは戸惑うかもしれませんね。
    ですが、説明書もありますし稼働音も静かなようで問題ないみたいなので機械が苦手な方でも買ってみる価値はあると思います。

    加湿を期待していたが、機械内のカビというか、ぬめりがひどく、ニオイにも現れる。
    なので、今では空気清浄専用で使ってます。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    加湿器を使うと、カビや嫌な臭いが増えるので空気洗浄の機能だけ使っているといった口コミは結構多かったですね。加湿機能を主に考えている方は注意が必要です。

    加湿効果は十分ですね。イオン効果は全く分かりません。においにはたいへん敏感ですぐ反応します。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    十分な加湿効果があって、においにもすぐ反応してくれるとの事でこれ一台で十分役に立ちますね。

    音が異常にうるさい。加湿機能をつけると眠れないぐらいの音がします。また、加湿のためのタンク下にぬめりが発生しやすい構造であり、これでは空気中に雑菌を撒いているようなものです。安かろう悪かろうでは意味がありません。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    住んでるお部屋によって湿度が違うので、湿度が低くい場合はすごい勢いで加湿するらしいので、静音モードにすると音が気にならなくなるとの事です。

    朝起きてから鼻をかみ続けていたのですが、何だかそれが無くなったように感じます。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    ホコリから花粉・微小な粒子まで、部屋全体から素早く集めてくれる循環気流や、大きな背面から一気に吸引をしてくれる機能を搭載しているので、その効果かもしれませんね。

    機能的には全く問題なし。
    ただただ場所をとる。
    キャスター付きだが、掃除のとき意外と邪魔。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    大きさが約39.9cm高さが61cmあるので、意外と大きいと感じる方もいるようですね。
    部屋の大きさや構造の事を考慮して購入を検討する方がよさそうです。

    子供がいるので購入しました。電気代も安く、安心して使える商品です。
    家の中で焼肉をしたら、素早く反応し、pm2・5ランプが点灯し、強制的に空気を綺麗にしてくれました。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    小さなお子様がいるご家庭は、花粉やホコリなどに抵抗力があまりないので1台持っておくと安心ですね。また、家の中でニオイの強い物を調理される方にも、すぐにセンサーが反応するのでおすすめです。

    去年買ったばかりなのにかなり強烈な臭いがするのでお蔵入りです。加湿フィルターの手入れがしにくく臭いがついたのかと思われます。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    加湿フィルターの交換にはカバーがついていて、背面にセットするフィルターと比べると少し手入れがしにくい構造なので、余計に臭いが気になってしまうみたいですね。

    シャープ (SHARP) KC-E50の関連商品と比較

    KC-E50とKC-F50の違い

    シャープ(SHARP)

    シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター ~13畳/空気清浄 ~23畳 ホワイト KC-F50-W

    価格:36,000円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    KC-E50は2014年に発売されたのに対し、こちらのKC-F50は1年後の2015年に発売された上位モデルで、加湿機能の適用床面積がKC-E50は木造和室で8畳、プレハブ洋室で13畳まででしたがKC-F50では木造和室では8.5畳、プレハブ洋室では14畳までと少し広い場所で使えるようになりました。

    また、″強″運転時の風量がKC-F50の方が若干ですが強くなっています。

    カラーバリエーションもKC-E50ではホワイト系とブラック系でしたが、KC-F50ではホワイト系とベージュ系の2色になって、よりお部屋になじみやすく汚れも目立ちにくい色になっています。

    KC-E50とKC-J50の違い

    シャープ(SHARP)

    シャープ プラズマクラスター7000搭載 スタンダード加湿空気清浄機 ホワイト KC-J50-W

    価格:25,799円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    KC-J50は2018年に発売されたモデルでKC-E50との機能的な違いは適用床面積が広くなり
    サイズが39.9x23×高さ6.15だったものが39.9x23×高さ61.3と若干ですが小さくなり、それにともなって重量も7.7kgから7.5kgとこれも若干ですが軽くなりました。

    カラーバリエーションはホワイト系のみ1色になったので、他のカラーが欲しい方は別のモデルの購入を検討してみてもいいかもしれません。

    カラーは一つしか選べませんが、機能性の変更されたこちらのKC-J50の方がKC-E50よりも価格が安くなってますので、購入を検討してみるのもよさそうですね。

    KC-E50とKC-E70の違い

    シャープ(SHARP)

    シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター搭載 ホワイト KC-E70-W (2014年モデル)

    価格:17,956円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    こちらのKC-E70ではKC-E50と比べると適用床面積やサイズが大きく異なります。
    木造和室でKC-E50では8畳までだったものが10畳まで、プレハブ洋室では13畳までだったものが17畳までになりました。また加湿器用のタンクの容量も2.5Lから3Lと増えました。

    それにともなってサイズや重さも変わりました。39.9x23×高さ6.15だったものが
    42.0x24.2x高さ63.7に変更されました。重さも7.7kgから8.6kgに変わりKC-E50と比べるとかなり変わったと言えると思います。

    カラーバリエーションはホワイト系とブラック系の2色から選べますし、機能性もアップされているこちらのモデルはKC-E50よりも価格が安くなってるのでおすすめです。

    KC-E50の総合評価

    シャープ(SHARP) KC-E50について商品の概要とおすすめのポイントや口コミ、同ブランド商品の比較などをまとめてみました。

    ホコリはもちろん花粉やPM2.5にも対応している加湿空気洗浄器、ハウスダストや花粉などに悩まされている方の症状が緩和されたという口コミが多かったので、そんな方は是非購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

    梅雨時にも使えるモードがあるので、じめじめとしたカビの気になる季節にもおすすめです。

    ぜひ、ご自身に合う商品を探してみてくださいね。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ