【快適インターネット】モバイルルーターの人気おすすめランキング10選

モバイルルーターを利用したいけれど、どの機種が良くてどんな契約にしようか迷うことはありませんか?そんなあなたのために、モバイルルーターを購入し契約するまでの注意点と、おすすめのモバイルルーターの人気ランキングを紹介します。ぜひ購入の参考にしてみてくださいね。

どこでも気軽に持ち運んでインターネットができる

モバイルルーターは、持ち運びできる小型のインターネット通信端末です。無線により電波を飛ばして通信するので、スマートフォンやパソコンなどの端末に接続すれば、面倒な配線もなく、しかも家だけでなく外出中でもインターネットができます。

 

さらに、無線により同時に何台もの端末と接続でき、スマートフォンやタブレットなどの通信料金を節約できる、とても便利な通信機器です。モバイルルーターは、ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアが提供している他、格安SIMで使えるSIMフリーのタイプなどもあります。

モバイルルーターの選び方

モバイルルーターの種類で選ぶ

モバイルルーターには、最初からSIMカードがセットされているタイプと、SIMロック解除は不要だけれども、SIMカードがついていないため、あらかじめ用意しておく必要があるタイプとに分かれます。

SIMセット

モバイルルーターは、SIMカードとセットで販売されていることが多いです。このタイプはSIMフリーとは異なり、SIMカードを別で用意する必要はありません。契約と同時にすぐ使用できる点が特徴です。

SIMフリー

SIMフリーのモバイルルーターは、手持ちのSIMカード、もしくは新たに用意したSIMカードを差し込むことによって初めて使用できるタイプです。その際、モバイルルーターが対応するSIMカードのサイズが、nano-SIMのみなど決まっている場合があるので、購入する前に確認しておきましょう。

 

なおモバイルルーター本体は、最大通信速度など端末自体のスペックが決まっています。そのため、たとえSIMカードの通信速度が速くても、SIMカードの能力を最大限には活かせないこともあるので注意しましょう。

連続通信時間で選ぶ

モバイルルーターは、家だけでなく外出先など屋外で使用することも多くなるため、バッテリー容量が気になるところです。モバイルルーターの製品情報では、連続通信時間というものがバッテリー容量の目安となります。 外出先で電池切れになってしまっては通信が途切れてしまうので、連続通信時間が長いに越したことはありません。モバイルルーターを選ぶ際には、この数値もチェックするようにしましょう。

データ容量で選ぶ

モバイルルーターを選ぶ際、1カ月に利用できるデータ容量プランなどの確認は大事です。特に高速通信ができる容量はプランによって異なりますので、自分が普段使用するデータ量を確認しておいた方が良いでしょう。

容量プランをどれにするか

モバイルルーターは、キャリアなどの取り扱い業者によって、月に利用できる高速通信の容量プランがさまざまです。利用できる容量は業者により異なりますが、自分の月に利用する容量は把握しておくようにしましょう。

 

例えばWiMAXでは、月に7GB利用できる通常プランと、容量制限のないギガ放題プランがあります。月に7GBも使わなければ通常プランで良いでしょうし、月に最低でも10GB以上利用するのならギガ放題プランが良い、といった具合に選択しましょう。

速度制限に注意

速度制限がかかる場合は、大まかに2種類あります。まず、月のプラン容量を超えた場合、そして、3日間に一定容量を超えた場合です。月のプラン容量を超える場合の制限は、前述のWiMAXの例でみると、通常プランの7GBを超えた場合、通信速度が下り128kbpsになります。

 

128kbpsではホームページを見ることも難しい速度なので、パソコンをよく使う方には厳しい状況でしょう。次に3日間に一定容量を超えた場合ですが、やはりWiMAXの例でみるとギガ放題プランの場合、3日間に10GB以上利用した場合に速度制限がかかります。

 

この場合の速度は下り1Mbpsへの制限が、夜間8時間の間だけかかります。この程度の速度なら、動画もある程度視聴ができます。このように考えるとギガ放題プランの方が良いように感じますが、あくまでプラン容量を超えた場合のみなので、通常、どれほど利用するかで検討すれば良いでしょう。

通信可能エリアや電波の届きやすさで選ぶ

たとえ持ち運び可能な通信機器であっても、自分が利用する地域や場所で電波が届かなければ意味がありません。通信可能エリアや屋内、屋外でのつながりやすさなどを事前に確認しておきましょう。

通信可能エリアを確認する

通信可能エリアは、通信業者によってやや異なります。例えばドコモ回線のように日本全国ほぼどの地域でも通信可能な業者もあれば、郊外や田舎の方ではあまりつながらない業者もあります。

 

格安SIM業者は、どこであっても基本的にドコモ回線を使っているため、ドコモと同じく非常に広いエリアでの接続が可能です。自分の住んでいる地域が都心部などから離れている場合は、業者ごとに通信可能エリアを確認しておいた方が良いでしょう。

海外へ行く場合は海外のサービス対応エリアも確認を

海外へ行くことがある場合も、行先の国でモバイルルーターを使えるか確認する必要があります。なお、デュアルSIMというモデルならば、2つのSIMカードを一度に挿入することができ、切り替えも簡単なので、海外と国内の両方で使い分けが可能でおすすめです。

 

また、海外にはめったに行かない人がたまに海外へ行く際は、モバイルルーターをレンタルするという選択肢もあります。海外用をレンタルして海外に居る時だけ利用し、帰国したら返却すれば良いので気軽です。

利用する場所は屋内と屋外のどちらが多いか

普段利用する場所が屋内か屋外かの違いでも、つながりやすさに差が生じることがあります。例えば屋内は障害物に囲まれているため、つながりやすいモデルであることが望まれます。屋内に強い業者は、低周波数帯の通信ができるドコモやソフトバンクがあります。

 

また、これらの業者が取り扱うモバイルルーターは、プラチナバンドと呼ばれるつながりやすい周波数帯の利用も可能です。したがって、これらのモバイルルーターは、屋内で利用することが多い人向けになります。

 

逆に屋外で利用することが多い人は、WiMAXのような高周波数帯の通信ができるモバイルルーターがおすすめです。

月額料金で選ぶ

モバイルルーターはスマートフォンと同様、月の定額料金がほぼ決まっています。端末代の月割額やデータ容量プランに応じた月額、オプションなど含めた総額でどれほどかかるか把握しておきましょう。

月額料金に端末代が含まれているかどうか

モバイルルーターの利用契約を結ぶと、まず最初の事務手数料はどこの業者も3,000円+消費税がかかり、初月の料金は日割りです。翌月からは、各業者やプランにより決められた月定額料金がかかります。

 

この月額料金には、モバイルルーターの端末代がかかる場合が多く、結構負担になることが多いものです。例えば、Y!mobileのPicket Wifiプラン2を選ぶと、まず端末代が最新機種ですと50,000円あまり。これを契約期間の月数で割った金額が毎月かかります。

 

月額料金の3,315円にこの端末代が加算され、結局、5,000円近くになってしまいます。なので、単純な月額料金だけでなく、端末代もかかるかどうかは確認しておく必要があります。なお、キャンペーンを実施している場合、端末代が無料になる時期もあるので、チェックするようにしましょう。

契約期間は何年あるか

モバイルルーターによって異なりますが、多くの業者は最低の契約期間を定めています。期間は2年または3年のパターンが多いです。例えば前述のY!mobileの例でみると、Picket Wifiプラン2は契約期間が3年あります。最低でもこの期間中は解約できません。

 

もし、契約期間内に解約すると、契約期間に応じた解除手数料がかかってしまいます。長く使うかどうかや、故障のリスクも考えて契約期間を決めた方が良いでしょう。さらにもう一つ注意すべきは、契約解除手数料がかからない期間は限られているということです。

 

例えば契約期間が3年あったモバイルルーターを3年半後に解約すると、半年分の解約手数料がかかってしまいます。なぜそうなるのかというと、契約解除手数料がかからないのは、契約期間終了日の属する月と、契約期間更新月(通常は契約終了月の翌月)のみだからです。契約期間終了後は毎年この月限定なので、注意しましょう。

オプションをつけるかどうか

モバイルルーターの月額料金にオプション契約を追加した場合、その料金も毎月加算されます。やはり前述のPicket Wifiプラン2を例にとると、アドバンスオプションを追加した場合はこのオプション料金が684円ですので、月額料金にこの金額を加算しなければなりません。

 

なお業者によっては、端末が故障した場合の端末交換や修理、盗難などの際のために端末補償サービスというオプションもあります。3年間使用し続けていると故障する場合もあるでしょうし、盗難や紛失なども心配という場合は、オプションとして追加しておいた方が無難でしょう。業者によって金額は異なりますが、おおよそ月額500円程度です。

モバイルルーターの人気ランキング10選

第10位uCloudlink

GlocalMe G3 simフリー

価格:20,990円(税込)

世界100国・地区以上対応の4G高速通信

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

海外でも多くの国で通信サービスが可能な機種のため、この1台で国境を越えて使用することができます。4G LTEの高速通信で、海外に着いても、電源をつければすぐに快適なインターネットを利用できます。

 

これで出発日や帰国日のレンタルの手配も必要ありません。レンタル代金や紛失した時のための保険への加入も必要なく、借りて返す手間などのストレスからも解放されます。また、nano SIMカードを2枚挿入することができるので、キャリアを問わず自由に挿入ができて便利です。

対応通信方式4G LTE連続通信時間15時間
最大通信速度下り150Mbps・上り50Mbps接続台数5台
SIM情報nano-SIM幅x高さx奥行き112.6×65×19 mm
第9位ネットギア

AirCard AC785-100JPS

価格:10,656円(税込)

グローバル対応でSIMフリーのモバイルルーター

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界93カ国でインターネットが利用できるので、国内はもちろん、海外でもこの1台でインターネットを利用できます。またパソコンやスマートフォン、携帯ゲーム機など、WiFiに対応する最大15台の機器に同時接続可能です。

 

接続に関してはデュアルバンドWiFiに対応し、2.4GHz/5GHzの周波数帯を同時に使用可能です。ディスプレイは鮮やかな1.77インチ液晶で、バッテリー残量やデバイス接続数などの状態が表示されます。

対応通信方式LTE/FDD-LTE/3G連続通信時間10時間
最大通信速度下り150Mbps・上り50Mbps接続台数15台
SIM情報SIMフリー (micro-SIM)幅x高さx奥行き68.9x14.6x109.9 mm
第8位NEC

Aterm MP01LN GW ACアダプタ付き

価格:9,800円(税込)

業界最小でカードより小さいサイズ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Aterm MP01LNは、業界最小サイズでカードより小さいコンパクトサイズです。重さも71gで業界最軽量と、バッグなどにもすんなり入り、持ち運びがとても楽です。また、角度によって見え方が多彩に変化するスタイリッシュなデザインです。

 

接続はLTEオート接続機能を採用し、APNを自動で選択して接続するので、面倒な設定も不要ですぐに使用できます。インターネットは下り最大150Mbpsで、スマートフォン等と接続するWiFiでは下り最大約433Mbpsの高速通信が可能です。

 

ソフトウェアの更新については、重要な更新があった際には、メンテナンスバージョンアップ機能により自動で更新してくれます。

対応通信方式LTE連続通信時間10時間
最大通信速度下り150Mbps・上り50Mbps接続台数10台
SIM情報SIMフリー (nano-SIM)幅x高さx奥行き50x12x91 mm
第7位NECプラットフォームズ

Aterm MR04LN PA-MR04LN

価格:5,949円(税込)

次世代通信方式LTEで快速通信

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インターネットへの接続は、次世代通信方式LTEとなるLTE-Advancedに対応し、下り最大300Mbpsを実現しています。またスマートフォン等と接続するWi-Fiでも下り最大約867Mbpsの高速通信です。加えて、Wi-Fi機器の同時接続台数は最大16台あります。

 

SIMはロックフリーのデュアルSIM対応のため、microSIMカードを2枚同時に挿入できます。これにより、仕事用とプライベート用とに使い分けたり、国内用と海外用に使い分けることなどができ、SIMの切り替えも簡単にできます。

 

本体の操作は、使いやすいタッチパネル式ディスプレイで、文字の入力は携帯電話と同じテンキー入力の方式なので違和感なく入力できます。

 

対応通信方式LTE、HSPA+、HSPA、WCDMA、GPRS、Bluetooth連続通信時間12時間
最大通信速度下り300Mbps・上り50Mbps接続台数16台
SIM情報SIMフリー (micro-SIM)幅x高さx奥行き63x11x111 mm
第6位NEC

Aterm MR05LN 3B PA-MR05LN 

価格:19,589円(税込)

nanoSIMカードを使い分けできるデュアルSIM

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インターネットへの接続はLTE-Advancedに対応し、LTEの高速化や大容量化を実現しています。さらにその技術の1つである、3つの周波数帯を束ねて通信を高速化する3CA技術も備えており、端末仕様としては下り最大375Mbpsの高速通信です。またスマートフォン等と接続するWi-Fiでも下り最大約867Mbpsの高速通信を実現。

 

屋外の使用には、11acのW56に対応しており、屋外と屋内の利用シーンに合わせて快適に高速通信を楽しめます。SIMについては、nanoSIMカードのSIMロックフリーで、デュアルSIMにも対応し、シーンに応じて使い分けが可能です。そしてSIMを出し入れしやすいよう、スロットの構造に配慮されています。

 

MR05LNはまた、本体にストラップホールを設け、アクセサリーまたは置き忘れ防止などとしてストラップを付けられます。その他、ウェイティングモードを搭載し、接続がない状態で一定時間経過後にディスプレイを消灯し、待機時間を伸ばすことができます。

対応通信方式LTE、HSPA、WCDMA、Bluetooth連続通信時間14時間
最大通信速度下り375Mbps・上り50Mbps接続台数10台
SIM情報SIMフリー (nano-SIM)幅x高さx奥行き63x11x115 mm
第5位docomo

Wi-Fi STATION HW-01H [Black]

価格:3,038円(税込)

モバイルバッテリーとしても使える

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Wi-Fi STATION HW-01Hは、PREMIUM 4G対応で下り最大370Mbpsと、高速で快適なインターネット環境を保てます。またWi-Fi接続に加えてUSB3.0対応のUSBテザリングでも安定した高速通信です。

 

Wi-Fi STATION HW-01Hはまた、モバイルチャージャーを搭載。お手持ちのスマートフォンやタブレットを充電することができ、モバイルバッテリーとしても使えます。そして起動は電源を入れてから5秒と、待ち時間のストレスもなく快適です。

対応通信方式LTE-Advanced、LTE、3G連続通信時間約20時間(LTE)・約15時間(3G)
最大通信速度下り370Mbps・上り50Mbps接続台数11台
SIM情報SIMロック解除可 (micro-SIM)幅x高さx奥行き100x64x22 mm
第4位UQ

Speed Wi-Fi NEXT W06 HWD37 ホワイト×シルバー

価格:9,980円(税込)

下り最大1.2Gbpsの超高速通信

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Speed Wi-Fi NEXT W06は、5つの周波数帯を束ねたキャリアゲリゲーションなどにより、ハイスピードプラスエリアモード等の条件下で、下り最大1237Mbpsを実現。デザインは、この高速通信を表現した、スピード感のある流線型のフォルムです。

 

また、高性能のハイモードアンテナを搭載し、つながりにくい場所でも良質の受信感度を維持します。

対応通信方式WiMAX2+、4G LTE連続通信時間9時間
最大通信速度下り1237Mbps接続台数16台
SIM情報nano-SIM幅x高さx奥行き128x64x11.9 mm
第3位ファーウェイジャパン

Cat6 対応 E5383s-327

価格:7,980円(税込)

つながりやすい高速通信

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LTE Cat6に対応し、下り300Mbpsの高速通信を実現しています。多くの周波数帯に対応し、山間部などでもつながりやすくなっています。WiFiについては、高速WiFi企画11acに対応し、最大通信下り866Mbpsの高速通信です。

 

ボディはコンパクトながら見やすい2.4インチ液晶画面です。一定時間、通信がない場合は、自動的に省エネモードに切り替わります。また、専用アプリを使えば、スマートフォンやタブレットから本体のバッテリー残量を確認できるなどの管理ができます。

対応通信方式LTE、3G連続通信時間13時間
最大通信速度下り300Mbps接続台数WiFi接続10台、USB接続1台
SIM情報Micro SIM幅x高さx奥行き58×95×16.4mm
第2位UQ

Speed Wi-Fi NEXT WX05 ピュアホワイト

価格:7,800円(税込)

WiMAX2+初のWiMAXハイパワー対応

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4×4MIMO技術とキャリアアグリゲーション(CA)技術により、下り最大440Mbpsの高速通信を実現しています。またWiMAX2+では初のWiMAXハイパワーに対応。これにより、送信パワーを上げて通信速度を20%改善させます。電波が届きにくいエリアでも通信速度が改善します。

 

3つの利用シーンに合わせて最適な端末設定をワンタップでできます。複雑な設定を一括で簡単に設定できるので、モバイルルーター初心者でも安心です。

対応通信方式WiMAX2+ 4G、LTE連続通信時間約8.1~14時間・18時間(Bluetooth®接続時)
最大通信速度下り440Mbps・上り75Mbps接続台数10台
SIM情報nano-SIM幅x高さx奥行き111x62x13.3mm
第1位FREETEL

ARIA 2 FTJ162A-ARIA2-W

価格:3,499円(税込)

大容量バッテリーで17時間連続通信可能

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドコモ、ソフトバンク、auといった全キャリアの回線に対応しているため、SIMとの相性を考えることなく使用が可能です。コンパクトサイズのため、ポケットなどに入れて持ち運びができます。

 

バッテリーは2,300mAhの大容量で17時間連続通信が可能です。バッテリーの取り外しもできるので、予備バッテリーを持っておけば、交換してさらに長時間の通信ができます。またmicroSDカードを挿しておけば、ファイルストレージになります。

対応通信方式FDD-LTE、TDD-LTE、WCDMA連続通信時間17時間
最大通信速度下り150Mbps接続台数10台
SIM情報SIMフリー (標準SIM)幅x高さx奥行き66x110x17 mm

モバイルルーターのおすすめ商品比較一覧表

まとめ

モバイルルーターには、下り最大1Gbpsを超える高速タイプやデュアルSIM搭載など、種類によってさまざまな特性があります。一度契約すると最低2年は変えられないので、実際に使用するデータ容量や速度制限に注意しながら、自分の利用スタイルにあったモバイルルーターを見つけてくださいね。